esalen-bodywork-kai.cocolog-nifty.com > 新小岩的秋の風情

小松菜屋敷の秋

小松菜屋敷の秋

小松菜はこの地が発祥と言われていて、香取神社には小松菜の産土神が祭られ、
香取神社横には"小松菜屋敷"がある。

亀井家(昔より土地の人々に「いづみ様」とよばれて来た)に伝わる話として、享保4年(1719)に吉宗公が来られた際、西小松川村の間々井の森の香取社で、ときの神主・亀井和泉守が、餅の清まし汁に冬菜を添えて差し上げたところ、将軍はその冬菜の香味を大変喜ばれた。未だこの菜に名前がなかったところから、小松川の里の名ゆえに「小松菜」と命名されたと伝えられている。
(亀井千歩子著『小松菜の里』より)

トップページ |