06. フラワーエッセンス

2018年5月24日 (木)

愛着障害とフラワーエッセンス

Img_1209_2先日届いたFESフラワーエッセンスの中で私が今、特に興味を持っているのが、イヴニング・プリムローズ(待宵草)です。
 
左の写真は『フラワーエッセンス・レパートリー』(パトリシア・カミンスキ/リチャード・キャッツ著)より拝借。
 
ここ数年、精神科医の岡田尊司氏が愛着障害を持った人たちのことを何冊か本に書いたせいもあって、愛着障害という言葉が世間に知られつつあります。
 
私のところにも「自分は愛着障害ではないかと思う」という方からのお問合せが増えています。
 
人は幼い頃(特に2歳くらいまで)の母親との間で健全な情緒的つながりを感じられると、母親との間に愛着が築かれます。
 
健全な愛着が築かれると、世界は安全なところだ、人は信頼に足るものだという感覚が持てるようになるものですが、その愛着がうまく築けないと、大人になってから人と親密になれない、人への信頼感を持てない、世界への信頼感を持てない、というふうになり、とても生きづらくなってしまいます。
 
ある程度言葉が発達する年齢になってからの傷つきはカウンセリング(心理療法)等の言語を使った療法で癒せますが、その傷が胎児期など言語獲得以前のものだと普通のカウンセリングでは限界があります。
 
そこで、試してみてほしいのが、これ、イヴニング・プリムローズ。
 
『フラワーエッセンス・レパートリー』によれば、このお花のエネルギーの調和時の性質は
「幼いころに母親から吸収した痛みに気づき、それを癒す力。感情的にオープンになる力。深く安定した人間関係を結ぶことができる。」
 
調和が乱れた場合のパターンは、
「拒絶され、自分は望まれていないと感じる傾向。深い人間関係を結ぶことに対する恐れ。親になることの恐れ。性的または感情的抑圧。」
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
このことで思い出すのは、今は3次元的にはコンタクトが取れないある知り合い(私にとってとても大切な人)のこと。
 
その人は昔から「一番好きな花は待宵草」と言っていました。
 
その方は、いつも元気で、人の役に立つようなお仕事をされたりしてましたが、その人のブログを読むといつも鬱々とした気持ちについて書かれていることが多かった。
 
自ら生きづらさを感じて様々なセラピーを試したそうです。
 
そして、あるセラピーの中で、自分がまだ母親のお腹の中にいる時の記憶が甦り、自分の妊娠を母親が望んでいなかったことを知ったのだそうです。
 
そして、自分の悲しみだと思っていたものは実は母の悲しみだったことがわかったそうです。 
 
だから、「待宵草が好き」というのは、そのお花を見る度に自分の愛着障害の傷つき・悲しみが癒えるような気がしていたのかな~と、今になって思うのです。
 
私にもこのお花のエネルギー、必要そうな気がします。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
講座の中で実際にエッセンスを試して頂くことができます。
 
(但し、フラワーエッセンスは医学的病気を治療するものではありません!念のため)
 
 
 
 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 

Healing Space Alma Mater(アルマ・マーテル)

東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/

ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス療法/
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

FESフラワーエッセンスのフルセットが到着しました

Img_1110
 
フラワーエッセンスの新入り、FESのフルセット103本が到着しました。
 
あまり物を増やすのもどうかと思ったけれど、FESは心理療法的な視点で使えそうなエッセンスが多い気がして、また、今年2月~4月に受講した王由衣さんのフラワーメディスンのWeb講座がとても面白かったので、やっぱりFESほしいと思って直輸入してしまいました。
 
王さんのいう「フワラーメディスン」とは、フラワーエッセンスを人間の勝手な都合で「こういう感情を癒すにはこのボトル」という風に商品を買って飲んで終わりというように、まるでフラワーエッセンスを単なる対症療法のための物のように扱うのではなくて、「花・植物と人間の関係性から生まれる、バランスと全体性の回復の道すじ」として深く取り組んでいくこととして定義づけていらっしゃる。
 
私なんかはフラワーエッセンスについても植物についても突っ込みが足らなすぎるのですが、王さんの提唱される道にはとても共感と興味を感じるのですよね。
 
 
FESのお花たちについても私はまだほとんど不勉強で、これから少しずつ、長~いお付き合いをしていきたいと思っています。
 
来月から始めるフラワーエッセンスの連続講座でもどんどん使っていきたいと思いますの
で、ご興味のある方はぜひ参加してみて下さい。
 
私の講座は植物の勉強というよりもご自身の心を見つめる方にウエイトが置かれています。
 
真剣にプロの、しかも優秀なフラワーエッセンス療法家になりたい方は王さんのスクールを受けてみるといいと思います。(めちゃ本格的で、厳しそうですけど(^^;)
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 

| | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

フラワーエッセンスと歩む魂の変容の旅・連続講座

Feseminarlogo
 
ホームページにも掲載しまたしたが、来月からフラワーエッセンスの連続講座を開きたいと思います。
フラワーエッセンスの創始者バッチ博士が誰もが自分で自分の健康をケアできるようにと広めたその精神を少しでも私の周りの人にシェアしていきたいと思っています。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
自然の花々は私たちの心を癒してくれますが、それだけなく、私たちの内側にある神聖さにつながることを助けてくれます。
 
心の癒しと成長はひとつにつながった果てしない魂の旅路です。
 
私達の魂の成長のそれぞれの局面で、それぞれのお花がそっとサポートの手を差し伸べてくれます。
 
この講座では、単にお花の効能の知識を伝えるのではなく、毎回毎回、参加者の皆さんからの心のありのままの声をシェアしていただいて、その時その方に最適なフラワーエッセンスをご紹介し、毎回ご自分のためのフラワーエッセンスを調合して服用して頂き、次回までの間、ご自分の心の変化を観察して頂きます。
 
そして毎回、少しずつ、玉ねぎの皮を剥くように、変容していく姿を、参加者同士で支え合っていきたいと思っています。
 
これからの時代は治療する人・治療される人という2元ではなくて、みんなが同じ立ち位置で、それぞれがお互いの成長を助け合うことが大切なのだと思っています。
 
服用ボトル1本を飲み切るのに約2週間かかります。
 
なので、2週間に1度のペースで連続講座を開催します。
 
ぜひ半年、1年という長いスパンでご自分の心とゆっくりと向き合ってみて下さい。
 
フラワーエッセンスの助けを借りたグループ・カウンセリングみたいなものです。
 
【開催日程と料金】
 
原則的に毎月第1と第3木曜日の13:30~16:30
第1回は2018年6月7日(木)、その後6/21、7/5、7/19、8/2、8/16・・・
 
会場はAlma Materにて。
 
定員:6名まで
 
料金:単発3500円(服用ボトル1本つき)
 
   4回チケット12000円
 
なるべく初回からの参加をお勧めしますが、いつからでもご参加いただけます。
 
 
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 

| | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

スターオブベツレヘム@新宿御苑

昨日の新宿御苑、私の大好きなラクウショウの森の木の根元にスターオブベツレヘム(=SOB、和名:オオアマナ)が咲き乱れていました。
 
Img_0812
 
Img_0816
 
SOBはイエス・キリストが生まれるときに空に輝いたとされる「ベツレヘムの星」に由来して、それを見た東方の三賢者がイエスの元にやってきて、これを拝んだといわれます。
本当に夜空に輝く星のようです。
 
バッチ・フラワーレメディーでも最重要のお花という気がします。
 
ショックやトラウマ、悲しみなどの解放をサポートしてくれます。
 
一見ハナニラにも似てますが、ハナニラよりも花びらや茎はしっかりしていて、高貴さと力強さを感じさせます。
 
ショックやトラウマで歪んでしまったオーラ・フィールドを本来の姿に戻してくれるようです。
 
来月くらいからフラワーエッセンスを通して魂の成長の旅をしていける連続講座をやってみたいな~と思っています。
 
乞うご期待。
 
 
Img_0810
 
 
ところで、ラクウショウ(落羽松)の森は新宿御苑の中でも私のお気に入りのスポットです。
 
紅葉した時に落ちる葉がまるで羽のようなので「落羽松」と名がついたそう。
 
ラクウショウの葉は真夏になっても新緑のような清々しい輝きを保っていて、幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)がにょきにょきと出ていて摩訶不思議な景観で、まるで妖精にでも会えそうな気がするのです。
 
そのラクウショウの下に一面のSOB!
 
絶対に妖精さんがいそうです!!
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 

| | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

レッドチェストナット&ホワイトチェストナット

Redchest20170511_2
 
昨日の新宿御苑、千駄ヶ谷駅のホームからも見える位置にレッドチェストナット咲いてました。

バッチフラワー・レメディーでは他者に対する心配のエネルギーを信頼に変えるとされています。
 
お母さんが我が子のことを「心配で、心配で~」って言うのは、ご自分は愛情のつもりでしょうけど、子供にとっては実は迷惑なものです。
 
お母さんは我が子に、いつも「大丈夫だよ~」と言えるようになるといいですね。
 
 
 
Whitechest20170511
 
レッドチェストナットのすぐ隣には、背の高いホワイトチェストナットが咲いてました。
 
こちらは、頭の中が思考でぐるぐるして止まらないようなときに、頭の中を鎮めるのを助けてくれます。
 
マインドフルになるために。
 
 
5月は百花繚乱、新緑も美しく、外に出るのが楽しみな季節ですね。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 

| | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

愛と信頼の柊(ヒイラギ)~ホリー(バッチ・フラワーレメディー)

Holly
 
今日は節分。
 
節分に魔除けとして柊(ヒイラギ)を飾るからだと思うけど、先日電車内の液晶画面でヒイラギに関する豆知識を試すクイズが出ていた。
 
ヒイラギがもとになってできた日本の諺は何かって。
 
答えは、「年を取ると丸くなる」だそうです。
 
ヒイラギはご存知の通り、葉の表面にギザギザの鋭い棘がついていて、外部から身を守っている。
 
そこから「魔除け」の効果があると云われるようになったのだろうけど、このヒイラギ、葉に棘があるのは背丈が低い時だけだそうで、年とともに大きくなって、人や動物の手の届かないくらいの高さになると次第に葉っぱは丸くなり棘がなくなるのだそうだ。
 
日本でだけなく、西洋でも西洋ヒイラギ(ホリー)は魔除けの効果のある聖なる木と考えられ、クリスマスの飾りつけの定番となっている。
 
バッチ・フラワーレメディーの「ホリー」は相手への激しい怒りや嫉妬・ねたみ、復讐心、憎悪などの感情を、愛情と信頼の気持ちに変えるとされる。
 
キリスト教では、キリストの足元から初めて生えた植物とされ、トゲトゲの葉や赤い実はキリストの流した血と苦悩を表す。そこから別名「キリストの刺」「聖なる木」とも呼ばれる。さらに花はミルクのように白いためキリストの生誕と結びつき、樹皮は苦いのでキリストの受難を表すとされる。(Wikipediaより)
 
 
ホリーの花の持つ意味がとてもよくわかった。
 
 
そして、エソテリック的に言うと、現在の私たち人間のエネルギーの中心はチャクラでいうと太陽神経叢(みぞおちの辺り)にあって、ここは個人的意識の座。
 
私とあなた。
 
敵と味方。
 
それをハート・チャクラ(グループの意識、普遍意識、ワンネスの意識)に引き上げるのが私たちにとっての主要な課題なのだとか。
 
ホリーの木が大きく育って、自然に葉っぱの棘が無くなって丸くなるように、私達の心もまあるくなるといいなと思います。
 
そうすると、それが最大の防御となる。
 
というか、防御する必要がなくなる。
 
平和ボケ万歳。
 
 
例年、季節の行事としての豆まきは欠かせなかったけど、最近「鬼は外~!」と豆をぶつけて鬼さんを追い出すのは気の毒な気持ちになってきて、「福は内~!」だけ唱えたりしてたけど、もう今年は豆まきしないことにしました。
 
鬼でも福でも、来るものは拒まず去る者は追わず
 
あるがままで、日々是好日、ですヽ(´▽`)/
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 
 
 

| | トラックバック (0)

2016年5月23日 (月)

オリーブの花が咲きました

Fullsizerender
 
ベランダのオリーブの花が満開です。
 
我が家のはとても細くて華奢な木だけれど、本来オリーブは水がないような土地でも育ち、干ばつにも強く、強い太陽の光のもとに自生してます。
 
寿命も何百年もあって、とても力強い木です。
 
バッチ・フラワーレメディーではオリーブは肉体的消耗状態にある人がバイタリティーを再充電するのを助けてくれます。
 
肉体に働きかけるのではなくて、いつも肉体的に消耗してしまうような生き方を選んでしまう人の”マインド”に働きかけて、その辺の拘り、ブロックを溶かして、魂からのエネルギーが身体までスムーズに流れるように助けてくれるということ。
 
フラワーエッセンスとして飲用するのもいいけど、心を静かにして、この写真をじっと見て、オリーブの花と波長を合わせるだけでも効果は得られると思います。
 
最近疲れて仕方がないという方、試してみてはいかがですか?
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
4月にAlma Cafeでフラワーエッセンスをご紹介しましたが、やっぱりもう少し継続してフラワーエッセンスを使いながら、少しずつ自己と向き合ってみることをしてみたいな~と思っています。
 
なので、来月のAlma Cafeも引き続きフラワーエッセンスをテーマにしてみたいと思ってます。
 
来月はフィンドホーン・フラワーエッセンスを中心にご紹介したいと思います。
 
ご興味のある方はご参加下さい。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 

| | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

お花の季節のAlma Cafe「フラワーエッセンスを通して自分と仲良くなろう♪」、4/18開催

3/29のお花見の時はまだまだ蕾ばかりでしたが、桜がやっと満開になりました。

その途端に冷たい雨は厳しいですね・・・

お花見散歩をしていると、小鳥がついばんだりして地面に落ちているお花が結構あります。

それらを拾ってきて、フローティング・キャンドルと一緒にグラスに浮かべてみたり。

Fullsizerender4

お風呂に浮かべて、桜風呂↓。
チェリーのフラワーエッセンスを垂らしたりして。

Img_1709

家の外でも中でも桜を満喫しています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

エックハルト・トールは

花々は植物の悟りであり、別の領域から来たメッセンジャー、物理的な形の世界と形のない世界をつなぐ橋のようなもの」と言います。

お花の季節のAlma Cafeのテーマは「フラワーエッセンスを通して自分と仲良くなろう♪

4月18日(月)13:30~16:30です。

残席1名様(4/5現在)となっております。

詳細及びお申込みはホームページをご覧下さい

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

| | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

変容のプロセス

セミナーが全て終わった夜、深い眠りにつき、2時間後くらいに、突然首の後ろにものすごく強いエネルギーがドーンと入ってきた衝撃で目が覚めました。

これは宇宙のソースからのエネルギー?
それとも何かに憑依でもされた?

私には区別がつかず。
でも起き上がってみると身体が軽いので、多分良いエネルギーだろうと。

それから2時間くらい頭が興奮して寝付けず、明け方になって再び寝入りました。

そしてその時、とても感情的な夢を見た。
私はある人に怒りの気持ちを表現したり、一緒にいた人の涙に共鳴して泣いたりしている。
そして目が覚めた時に実際に涙を流して泣いていた!

夢の中で感情が動くことがあっても,それがそのまま現実世界で肉体にまで影響するような体験をしたのは初めてだ。

ビックリ仰天!

私は実はフラワーエッセンスの効果を今ひとつ確信できなかった(プラセボかどうか証明しようがない)ので、花の精霊とその他の見えない方々が、半ば強引にその効果を私に証明して見せているかのようだ。

その夢で重要なのは、私は自分の気持ちと意思をハッキリと相手に伝えていたことだと思う。

私が集団の中に安心していられないのは、自分の正直な気持ち(主にNoということ)を真っ直ぐに表現できないからだと思うから。

これで観念して、もうちょっとフラワーエッセンスに力を入れようかと思う…。

せっかくセミナーを再受講してリフレッシュ・ブラッシュアップしたところなので、久々にフラワーエッセンスのワークショップや連続講座をやってみたいと思います。

みんなで自分の気持ちをゆっくりシェアした後に、それぞれの人のサポートになるようなエッセンスを紹介して、各々の服用ブレンドボトルを作成してみようと思います。

お楽しみに♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Withmarions_2 セミナー後の懇親会の時にマリオンと一緒に写真を撮ってもらいました。

我ながら良い表情してるな~と思います。

これはマリオンとFFEのおかげ、プラス、ここに集まったおよそ30名の方々のとても個性的でキラキラしたエネルギーと交流させて頂いたお蔭だと思います。

集団の中に入るのを苦手とする私ですが、ありのままの自分として、天の邪鬼な自分として、関わっていきたいと思います( ^)o(^ )

| | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

フラワーエッセンス作成実習 and/or 儀式

Img_1377

FFEセミナー最終日は、その名も甘泉園という美しい公園で、皆で実際にフラワーエッセンスを作る実習をしました。

まずは公園につながる神社にお詣りし、次に四大元素の精霊それぞれと繋がる瞑想(アチューンメント)をしていきます。

社殿裏の岩の中に皆で集まって,大地に捧げものをしながら大地の精とのアチューンメント。

次に公園の池のほとりで水の精と繋がる。

それから今度は空気の精霊と。

この日は澄み渡る青空に強めの風が吹いて木の葉を大きく揺らしていたので、風の音に耳を澄ますことで空気の精を感じやすい。

最後に小さなキャンドルの火を見ながら火の精と繋がる。

四大元素のバンランスが完璧に取れると、第五の元素が生まれるのだそうです。

それから皆で静かにベルヘザーの花を一つ一つ摘み、ガラスのボウルに入れたお水に浮かべます。

そして、お花の入ったボウルを、公園のほぼ真ん中の、太陽の陽射しが良く当たる、池のほとりに置いて、お花の波動がお水に転写されるのを待ちます。

Img_1384

置かれたボウルを池の反対側から見ると、ちょうど正午頃の強い陽射しが一直線にボウルに降り注ぎ、ボウルはあたかも光の玉のように強い強い輝きを放っていました。

写真に撮るとその輝きの片鱗しか映らなくてとても残念。

それは光の屈折の具合とかで見える現象なのは重々承知だけれども、このタイミングで参加者全員にあの輝きを見せるのは、やっぱり何か大いなるものの取り計らいなのだろうと思います。

2時間くらい待ってから、出来上がったエッセンスを皆でスポイドで少しずつ吸い上げ、ボトルに詰めていきます。

静かに、静かに。

最後に、ボウルに残ったマザーエッセンスを一口ずつ回し飲み。
これも何かとても神聖な儀式。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こうやってベルヘザーのエッセンスが出来上がりました。

Img_1390

 

後で、この日自分に起こったこと、感じたことを皆でシェアしました。
私は取り立てて興奮するようなものもなかったので、何をシェアしようかな〜と困ってしまったんだけど、いざ話し出したら、図らずも泣いてしまいました!

いや、私って実は泣き虫で、こういう真面目なシェアリングではすぐに泣くんですけどね…。
だから、泣いたからって心配されたくないんですけどね…。

私が感じたテーマは「つながり」。
でも、その言葉に抵抗を感じる。
安易につながるといつも危険な目に逢う。
つながりを模索して、期待を裏切られたり失望した経験がいっぱいある。

集団の中で必ず起こる同調作用の中で,ありのままの自分を正直に表現出来ずに苦しくなることがよくある。

皆が「すごいよね〜〜!素晴らしいよね〜〜!」と興奮してる時に、一人で「別にそう感じません」って思うことが多かったり、綺麗事が飛び交う裏に物凄いドロドロしたものを感じてしまったり…。

でも植物たちは,「私達は手を伸ばしているよ」と言っているようでした。
それは自然界からの手でもあり、人間関係での手でもあり。

実はこの数ヶ月、腕と肩に痛みを感じてて両手を思い切り伸ばすことに制限があるので、私のテーマが腕を伸ばすことであるのは明確なのです。

偶然その日の朝見たテレビ番組で、制作中のスーパー歌舞伎で、「ワンピース」という人気漫画を舞台化するにあたって、超能力のある主人公の腕が伸びるのを、たくさんの黒子の人達が腕だけ肌色にして主人公と手をつないでいき、それがまるで一人の手が伸びるように表現しているのを思い出し、一人で頑張ろうとせず皆の手を借りること、自分一人の力でやってるように見えても、いつもたくさんの手が気づかないところで協力してくれているのだと思ったら、もっと謙虚になりたいような、ありがたいような気持ちになって泣けてしまったのです。

私にとってとても大切な気づきを得て、セミナーは終わりました。

そして、一番ビックリした収穫は、その夜〜明け方にかけて体験した出来事でしたた。
(まだつづく)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧