« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月25日 (水)

解放とは

O0440030812117021429 仕事からの解放は社会からの解放です。
 
社会からの解放は、
 
条件づけられた枠組みからの解放です。
 
条件づけられた枠組みからの解放は、
 
知識からの解放です。
 
知識からの解放は、思考からの解放です。
 
思考からの解放は自己からの解放です。
 
自己からの解放は感覚からの解放です。
 
感覚の解放は生命が完全に解放された状態です。
 
  (『Oneness on the Earth Vol.1 悟りへの羅針盤』より)
 
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 

| | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

ディクシャのシンクロニシティー

P6290238 ディクシャを伝授されるとどんな風になるのだろう?と興味津々でした。
 
でも、いつものように、私は伝授されてもそんなに大きな変化は感じません。
 
瞑想会にはスピリチュアルな感覚が開いている参加者もいて、伝授が終わった後に、「みんなの頭にアンテナみたいなのが立った」と言います。
 
それは東京スカイツリーに似てるって。
 
シャンタンさんは、これまでのアンテナは鹿の角みたいだったけど、4月15~16日の大阪の会からエネルギーが変わって、一角獣の角みたいになったとおっしゃいます。
 
そして、東京スカイツリー建設時に、その地下にディクシャのエネルギーを入れた人たちがいるんだって。(シャンタンさんのスカイツリーについての記事
 
え~?そうなの???
 
自分ではわからないから「ふ~ん」なんですけど、ちょっとびっくりしたことが・・・。
 
 
私は3月22日に一度ディクシャを受けているのです。
ディクシャ・ギバーになるためではなく、単に受けただけ。
 
そして、その日の夜に、ギョッとする夢を見たんです。
 
うちのベランダに突然化け物みたいなものとシャンタンさん他が現れて、同時に、右前方に巨大な東京スカイツリーが出てきた。
 
うちのベランダからは右の端っこにスカイツリーは見えるのですが、場所が全然違うところにど~んと出現したので驚いて、「場所違うでしょ」と思って、正しい場所を振り向いたら、そこにスカイツリーは落ち着きました。
 
一瞬の夢だったのだけど、その時私の知覚器官はめちゃくちゃ鋭敏になって、まるで拡大鏡を使ったような、細部まで極採色に見えるような感じでした。
 
あの時私の中には既にアンテナが立ったってことなんでしょうか???
 
シャンタンさんは各地で「光の柱立て」というのもライフワークのようにやられていて、天と地をつなぐことは全てのスピリチュアル・ワークの重要なテーマ。
 
その象徴というか、まさにアンテナという機能をスカイツリーは果たしているのですね。
 
そう思うと、あんまりカッコイイと思えないスカイツリーを見る目が変わりました。
 
これからはスカイツリーを見る度に、天と地をつなぐ意識を呼び起こそうと思います。
 
 
そんなシャンタンさんから教わったゆるゆる瞑想を、これから地元江戸川区でやってみたいと思ってます。
 
Youtubeでシャンタンさんのリードするゆるゆる瞑想がやれます。
 
興味ある人はやってみて下さい。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

ディクシャって何?

Img_0829_1
 
先日のシャンタンさんのゆるゆる瞑想とディクシャの会のとき、会場の祭壇には20世紀の覚者(マスター)たちの写真がずらりと勢ぞろいしていました。
 
左から、
 
・アンディー・ウォーホール(シャンタンさんは元々ウォーホールを日本に紹介するお仕事をされていた)
・仏陀の念写写真
・クリシュナムルティー
・グルジェフ
・Osho(ラジニーシ)(シャンタンさんの最初の導師)
・アンマ&バカヴァン(真ん中の写真だけどよく見えませんね)
・出口王仁三郎(大本教開祖)
・五井昌久(「世界人類が平和になりますように」というポールを立てた白光真宏会開祖)
・植芝盛平(合気道創始者)&五井昌久
・津留晃一
・菊池 霊鷲 (きくち りょうじゅ、通称・ 太母さん)
・(一番右の人は誰だか忘れました)
 
シャンタンさんは全てをつなぐお役目を担ったお方のようです。
 
世界をひとつの家族、ワンネスとしてつなぎ、生きている人も死んでる人も、世界中の覚者も宗教もぜ~んぶひとつにつなげようとしている。
 
私がこの20年くらいの間に学んできたたくさんのことがシャンタンさんとの出会いで一気に日本的な柔らかなテイストで統合されてきたような気がします。
 
神智学系で「キリストの再臨」と言われていることを、「弥勒の世の実現」とおっしゃられています。
 
「奇跡のコース(ACIM)」で書かれている小難しいことや、アリス・ベイリーの本に書かれているような秘教的なことや仏教やなんやかやの教えが、シャンタンさんの存在を通してとてもシンプルに言葉少なに表現されているように感じます。
 
そのシャンタンさんが伝授してくれるものなら、何でもいいからぜひ受けたい!と思いました。
 
Idbk_1755b それまでディクシャには全く興味なかったし、なんとなく胡散臭い気がしていたけど、3月に一度シャンタンさんの会に出てから、ネットで調べてみたら、インドのバガヴァンという人のYoutubeを見つけ、私はバガヴァンに一目ぼれです。
 
それが4月2日の投稿。
 
先ずはお顔がとても私好みです(´▽`)
 
私の中では長年師事してきたバイオの先生であるトムにつながるものを感じます。
 
そして説明がシンプルで、ふるまい方に無駄なパーソナリティー的なものが付け加えられていない。
 
でも、シンプルな言葉の中に究極の教えが語られているような気がするのです。
 
私の頭は究極じゃないので、それが真実かどうかは分かりませんが。
 
「バガヴァン」とはインドでは崇高な人をお父さんのように敬い親しみを込めて呼ぶ呼称で、そのものずばり「お父さん」という意味らしい。
 
私にとって理想の父親像を具現化している感じです。
 
そして、なんとこのお方、本当に神の化身(アヴァター)として敬われています。
 
バガヴァンの奥様は「アンマ(お母さんの意)」と呼ばれ、やはり神の化身なんですって。
 
ご夫婦そろって神の化身。ありがたや。
 
 
その二人、アンマ&バガヴァンによって悟りのエネルギーを伝授することを「ディクシャ」といいます。
 
ホンマかいな???
 
バガヴァンは「信じる必要はありません。バガヴァンを利用して下さい。バガヴァン・ユーザーになって下さい。」と言います。
 
なので、バガヴァン・ユーザーになって試してみます。
 
シャンタンさんによれば、インドはこの1万年の間、精神性を探求し高めることのみにエネルギーをつぎ込んできたけれど、その最終段階で出てきたのがバガヴァンだと言います。
 
私はシャンタンさんとバガヴァンのお顔に真実を見ます。
 
つづく
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 
 
 

| | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

4/19は私の命日でした

Img_0836
 
4/18~19の二日間、宇都宮で開催されたシャンタンさんのゆるゆる瞑想とアウェイクニングの会に参加してきました。
 
シャンタンさんを知ったのは、グルジェフ・ムーヴメンツを教えてもらってる市川由紀ちゃんとタバーンが今年2月にシャンタンさんと即興ダンスの舞台でご一緒されたから。
 
私は舞台は観に行けなかったけど、その頃から由紀ちゃんのFBのタイムラインにシャンタンさんの写真や言葉がシェアされるようになって、なんとも素敵な仙人のような佇まいにとても魅力を感じて、ぜひご本人にお会いしてみたいと思ったからです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
瞑想会2日目に、自分が死ぬワークをやりました。
 
あと2時間半の後に自分が死ぬことを想定して自由に過ごす、というもの。
 
私にとって「死」とは小さい頃からの最大のテーマでした。
 
小学2年生の頃、たぶん祖父の死を通して、死とは何だろう?自分が死んだらどうなるんだろう?ということをず~~~っと考えてた時期があった。
 
自分の意識がなくなるってどういうこと?
 
自分の肉体が朽ち果てていくってどういうこと??
 
それをリアルに感じようとした。 
 
でも、いくら想像しようとしてもわからなくて、怖くて怖くて、居ても立ってもいられないようになった。
 
そして限界まで考えて、このまま考え続けたら気が狂うと思って、とりあえず死について考えるのは止めることにした。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
10代の頃、自分が死ぬ夢を何度か見ました。
 
 
ある時は、キリストが生きていた頃の時代、私は処刑される人たちの列に並んでいた。
 
だんだん自分の順番が迫ってくる。
 
覚悟を決めなければいけないのに、どうしても覚悟ができない夢。
 
自分の順番の直前で目が覚めました。
 
 
ある時は、火山の噴火に巻き込まれて火山灰?溶岩に埋もれてしまう死。
 
そしてある時は、病気らしいもので、そろそろ死ぬんだな~、悲しいな~と思っている。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
だけど、人生長年生きてくる間に、肉体の死ではないけど、精神的な死を繰り返してきたと実感しています。
 
何かを失う度に、自分の中の古いアイデンティティーが死んでいった。
 
そして、今では、死とはどういうものか、自分の中で整理がついています。
 
だから、少なくともマインドでは死を恐れることはほとんどなくなりました。
 
 
そうは言っても、日常で感じる様々な不安や恐怖は、結局は死への恐れなのだと思っています。
 
それらひとつひとつの怖れが起こった時に、その怖れをよく見つめることが大切だなぁと思っています。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
私の両親は既に他界しているし、友達はいないし、あまりこの世に思い残すことはありません。
 
夫に短い遺書を書く。
 
感謝の気持ちでハートが温かくなる。
 
後は、SNS用のさよならの挨拶を書き、預金通帳などを夫に分かるようにしておけば、後は特にやりたいこともありません。
 
 
自分にもさよならの挨拶を書くことにしました。
 
自分、よく生きたね、お疲れ様。
 
自分のことが愛おしい。
 
だからといってこの自分にお別れすることに執着はない。
 
 
自分の身体が焼却炉で灰になっていくところを想像しました。
 
 
死とは、この世の全てから解放されること。
 
この期に及んで、自分の人生が良い人生だったかどうかとか、幸せだったかとか、考えることすら無意味と感じた。
 
悟りとか、死後の世界があるとかないとか、全てどうでもいい。
 
ただ生きて、ただ死ぬ。
 
それだけで十分。
 
 
ただ、今この瞬間の解放感と至福を感じていればいいな~。
 
この瞬間自体が最高に幸せ。
 
 
前日の雨によって輝きを増している緑と青空を眺めていると、今日は死ぬにはもってこいの日だと思える。
 
そうだ、20年くらい前に、自分のお葬式にはこの曲をかけてほしいな~と思ったアルバムがあることを思い出して、Youtubeで調べたら載っていたので、新緑が輝く公園のベンチに腰掛けながら、ずっとこのアルバムを聴いていました。
 
 
マドレデウスというポルトガルのグループの和名タイトル「風薫る彼方に」というアルバム。
 
原題は"O Paraiso"。
 
意味を調べてみると、「天国」。
 
なるほど!
 
なるほど過ぎる!!
 
このアルバムを、数年ぶりに、人生最期の時と思って聴くと、本当に自分にぴったりだな~と思って、音が魂に沁みてくる。
 
過度に重々しくもなく、宗教的でもなく、軽やかさと温かさと哀しみとが入り混じっている。
 
なんだかとっても人間的な感じがする。
 
シャンタンさんが、「日本人はわびさびを感じ尽すことで悟りに至る」とおっしゃっていたけど、このグループにはなんとなくそんな風情を感じる。
 
生きることの哀愁と愛。
 
 
はぁぁぁぁ~~~~、最高に幸せな時間でした。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
その後で、ディクシャ・ギバーになる儀式がありました。 
 
というか、自分の死を体験することが、ディクシャ・ギバーになるためのイニシエーションだったのです。
 
ディクシャについてはまた改めて書くことにします。
 
 
このタイミングで、シャンタンさんに出逢えたことに感謝。 
 
ご縁をつないでくれた方々に感謝。
 
宇都宮での二日間を一緒に過ごして下さった方々に感謝。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
そして、死んだ翌日、4/20は私の誕生日でした。
 
生まれ変わりました。
 
宇都宮は「宇宙の子宮」なんですって。
 
 
ゼロ歳からの私。
 
 
これからは「今ここ」で、大いなるものに委ねながら生きることをテーマにしたいと思います。 
 
30741772_2519012171657561_427962051  Img_0891
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
シャンタンさんとのご縁をつないでくれたグルジェフ・ムーヴメンツ、由紀ちゃんがリードするクラスが毎月隔週火曜日午前と、GWには4月29日&30日に2daysのみっちり濃いワークショップがあります。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 
 
 
 
 
 
 

|

2018年4月14日 (土)

スターオブベツレヘム@新宿御苑

昨日の新宿御苑、私の大好きなラクウショウの森の木の根元にスターオブベツレヘム(=SOB、和名:オオアマナ)が咲き乱れていました。
 
Img_0812
 
Img_0816
 
SOBはイエス・キリストが生まれるときに空に輝いたとされる「ベツレヘムの星」に由来して、それを見た東方の三賢者がイエスの元にやってきて、これを拝んだといわれます。
本当に夜空に輝く星のようです。
 
バッチ・フラワーレメディーでも最重要のお花という気がします。
 
ショックやトラウマ、悲しみなどの解放をサポートしてくれます。
 
一見ハナニラにも似てますが、ハナニラよりも花びらや茎はしっかりしていて、高貴さと力強さを感じさせます。
 
ショックやトラウマで歪んでしまったオーラ・フィールドを本来の姿に戻してくれるようです。
 
来月くらいからフラワーエッセンスを通して魂の成長の旅をしていける連続講座をやってみたいな~と思っています。
 
乞うご期待。
 
 
Img_0810
 
 
ところで、ラクウショウ(落羽松)の森は新宿御苑の中でも私のお気に入りのスポットです。
 
紅葉した時に落ちる葉がまるで羽のようなので「落羽松」と名がついたそう。
 
ラクウショウの葉は真夏になっても新緑のような清々しい輝きを保っていて、幹の周りに呼吸のための呼吸根(気根)がにょきにょきと出ていて摩訶不思議な景観で、まるで妖精にでも会えそうな気がするのです。
 
そのラクウショウの下に一面のSOB!
 
絶対に妖精さんがいそうです!!
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 

| | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

GWに動く瞑想グルジェフ・ムーヴメンツ・ワークショップにいらっしゃいませんか?

4月29日(日)~30日(月・祝)のワークショップ、より大勢の人にグルジェフの良さを知って頂きたいので、1日目の29日のみ料金を半額とすることにしました。
 
29日10時~17時9000円が別価格の5000円です。
ぜひ皆様ご参加下さい。
詳しくはスクロール・ダウンしてご覧ください。
 
Img_0798
 
昨日のグルジェフ・ムーヴメンツのショートクラスの後、参加者みんなで新宿御苑でプチ・お花見ランチをしました。
 
本当は2週間前がお花見シーズン真っ最中でしたが、染井吉野の満開の頃は観光客が溢れかえっていて入園するには長い行列に並ばないといけない状態だったので、敢え無く退散。
 
でも、2週間後の昨日は八重桜が満開で、新緑も輝いて、素晴らしいお花見日よりでした。
 
まずは皆で桜の前で記念撮影。
 
ムーブメンツのポーズを取ってるので、気持ちは盛り上がってるのに顔が真顔なのが笑えます。
 
というか、不気味?
 
ムーヴメンツでは個人的な表情はいっさい表しません。
そうすると、もっと深い、集合的な意識や宇宙の法則のようなものが表現されます。
ちょっとお能に似ているところもあります。
 
Img_0801  Img_0797
 
記念撮影の後で、皆でリラックス・プチランチ。写真一番右が先生の市川由紀ちゃんです。
 
彼女とはムーヴメンツを教えてもらう前からの知り合いですが、ムーヴメンツを教えるようになってから彼女は本来の魂の姿に戻ったのか、以前とは別人みたいです。
 
瞳の輝きが違う。
 
由紀ちゃんにムーヴメンツを教えてもらうようになって早1年半くらい?
 
その間に何度も深いところでハートを揺さぶられる感覚がありました。 
 
そして、いまだに私の中では色んな感情が動きながら、ムーヴメンツを続けています。
 
 
さて、GWに彼女のリードで2日間連続の濃いワークショップを開催します。
 
普段の短いクラスではなかなか伝えきれない深い部分まで教えてくれると思います。
 
GW、どこに行っても混みあってると思うので、自分の身体を使った動く瞑想、グルジェフ・ムーヴメンツで濃密な時間を過ごしませんか?
 
初心者大歓迎。
1日ずつの参加も可能です。
 
2018年4月29日(日)10:00~17:00 西武線鷺宮駅近く
 料金:9000円  → 5000円
2018年4月30日(月・祝)10:00~17:00 四谷地域センター10階音楽室
 料金:10000円(合宿参加経験者またはショートクラス4回以上参加者は1000円引き)
 
 
詳しくはAlma Materのホームページか、由紀ちゃんのブログをご覧ください。
 
☆☆☆以下はムーヴメンツに参加された今までの参加者の声です。
 
◆頭の中のうるさいおしゃべりが静かになる時が増えた。
◆ムーヴメンツ中に自然に整体が起こり歪みが改善されてきた
◆日常で忙しい時にも何が優先順位かクリアに分かって落ち着いて対処できるようになった
◆人の話に同一化しないで距離を取って静かに聴けるようになった
◆過食などの食事コントロールが自然に改善されてきた
◆自分自身のパーソナリティーの良い点、悪い点に気づき成長につなげられるようになった
◆幸せになった
◆スタイルが良くなってきた
◆自分自身の男性性、女性性のバランスが取れてきた
◆反射神経が良くなった
◆グラウンディングや丹田、肚、軸、など本で読んだりインストラクターに聞いて頭では知っていたけれど実際に体験として、体感としてしっかり落としこむことがやっと出来た
◆無駄なエネルギーを使わなくなったので疲れにくくなって短時間睡眠や少食でも元気でいられるようになってきた
◆トラウマによる身体症状が改善された
◆人、時間、お金、仕事、などとのコミュニケーションの取り方が楽になった。
 

| | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

すべての苦しみはストーリー

最近私のところにいらっしゃるクライアントさんにはよく「それはあなたのストーリーですよね」とお話することがあります。
 
そのことを究極の次元でおっしゃっている方を見つけてしまった。
 
シュリ・カルキ・バガヴァン。インド人のマスターです。
ディクシャやワンネス・ムーヴメントの創始者で、これまでこっち系はなんとなく避けていたのですが、先月偶然ご縁がつながって、Youtubeを見てみたら、「この人、本物だ」と直感しました。
 
私のお父さん!という感じです。
 
2006年に初めてディクシャというエネルギー・ワークの名前を知り、当時ディクシャに傾倒していた友達から勧められて1回受けたことはあるけれど、「なんだかね~」とちょっと胡散臭く思って興味なかった。
 
種が蒔かれて、私の心に芽を出すまでに12年かかった~。
魂の成長は時間かかるものだな~。
 
 
バガヴァンのエネルギーとグルジェフのエネルギー、違い過ぎて私の中で混乱が起きています・・・。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 
 

| | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »