« 本当の瞑想、本当のマインドフルネス | トップページ | ACIMから生まれたアティテューディナル・ヒーリング(態度による癒し) »

2017年4月17日 (月)

赦しのレッスン実践編

ACIM(『奇跡のコース 』)に1年近く取り組み続け、ワークブックも残すところ3週間分となり、先週はゲイリー・レナード夫妻のワークショップに参加したりしてるせいか、赦しのレッスン実践編的な出来事が起こってしまった( ;∀;)
 
でも、日頃鍛えているせいで、相手方からのアクションに対して自分自身としてはそれほど強く動揺しているという気はしない。オーラのシールドがかかっているようで相手のエネルギーが自分の領域に入ってくる感じがない。
 
人の言動は、「愛に基づくものか、愛を求める叫びしかない」と理解することは自分を保つためにとても役に立つ。
 
 
でも、後後までその出来事と、言われた内容についてず~~~っと頭の中で考え続けている自分がいて、やっぱり傷ついてはいるな~と思う。
 
この、全然傷ついてない感じと、すごく傷ついてる感じが同居しているのが興味深い。
 
それは、小さな自我は傷ついているけど、大きな自己(スピリット)は傷つきようがなくて、全然へっちゃら、というのを同時に感じてる感じ?
 
小さな自我の傷つきは、相手が原因というよりも、やはり自分の中に元々あった強固なコンプレックスがその出来事がきっかけになって呼び覚まされたということだ。
 
自我が傷つきそうになったとき、それを避けるために相手に反撃したりせず、自我がしぼむままにさせておく。
 
そうすると、自我がしぼんだ後にその奥にずっと存在していた意識そのものに気づける、みたいなことを『ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-』に書いてあった気がするよ。
 
 
あ~あ、可哀そうな私よ・・・
 
やはり、赦すべきは相手ではなくて、自分。
 
もう、ダメダメダメな自分。
 
ダメダメダメな自分でもいいのだ。
 
ダメダメダメな自分をわたしは愛するのだ。
 
 
で、赦すときにどんな言葉を使えばいいかわからないから、そして、何をどう赦せばいいのか、細かいところまではわからない(過去生からの因縁とかあるかもしれないし)ので、とりあえずホ・オポノポノしちゃうのです。
 
ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、愛しています。
 
Sob
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 

|

« 本当の瞑想、本当のマインドフルネス | トップページ | ACIMから生まれたアティテューディナル・ヒーリング(態度による癒し) »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/70289438

この記事へのトラックバック一覧です: 赦しのレッスン実践編:

« 本当の瞑想、本当のマインドフルネス | トップページ | ACIMから生まれたアティテューディナル・ヒーリング(態度による癒し) »