« パステル和アートで桜 | トップページ | お陰様で10周年、感謝キャンペーン実施中です♪ »

2017年3月29日 (水)

解剖学6回目

Oosakajo_2 先週末は解剖学講座、大阪での開催でした。

 
10回シリーズもすでに後半。

 
そして、これまでから大きく内容が変わりました。

 
始まったときは受験勉強みたいに毎回小テストや宿題が課され、ものすごい緊張感に覆われていたクラスだったけど、大ボス・トムからの指示で、強制からではなく、ハートから勉強するようにとのこと。

 
自分で本を読めば分かるようなことを教えるのではなく、普通の本や学校では習えないことを教えなさい、と。

 
機能としての解剖。

 
そして、感じる解剖。

 
そして、トムは先生方に「準備するな」と、その場の「タイドの指示に従え」と、なんとも超高度なバイオ的な指示があったとか・・・。

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

第6回目は呼吸器がテーマ。

 
呼吸といえば、主役は肺だけど、肺だけが単独で呼吸を行うことはできず、そのためには筋骨格系が総動員されて呼吸をしているということ。

 
それを感じるために、横隔膜と大腰筋との関連などを、身体を動かしながら感じてみたりしました。

 
2日目は、聴診器を使って心音や呼吸音を聴いてみる実習。

 
 
両日とも、最後はバイオの実技。

 
先生からの指示はとにかく「耳を傾けてください」と。

 
どうやって耳を傾けるのかについては、コメントなし。

 
私もずっと耳を傾けてきたつもりだけど、その実、やっぱりよくわからない。

 
答えを得るよりは、疑問を持ち続けることが大切なんだな・・・。
 

 
すごく良いセッションができたと感じることがある。

 
すると、次からのセッションでそれと同じ感じを再び感じたいと思う。

 
でも、同じことは二度と起こらない。

 
そうなんだ、そうなんだね・・・

 
 
過去に執着しちゃいけないんだ、常に今ここにだけいないと・・・。

 
良いことが起こったときに、それに執着しちゃうっていうのは結構な落とし穴。

 

 
バイオってやっぱり宗教の修行と何も変わらないと思うのです、私にとって。

 

ただ、身体を痛めつける修行ではないことが幸い、かな・・・。
 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

|

« パステル和アートで桜 | トップページ | お陰様で10周年、感謝キャンペーン実施中です♪ »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/70083171

この記事へのトラックバック一覧です: 解剖学6回目:

« パステル和アートで桜 | トップページ | お陰様で10周年、感謝キャンペーン実施中です♪ »