« 『あるヨギの自叙伝』 ~精神の摩天楼 | トップページ | 解剖学講座3回目は神経学 »

2016年12月15日 (木)

ひとつの細胞のように

一昨日のグルジェフ・ムーヴメンツ・クラスには5名の方がご参加下さいました。
 
まだまだ認知度の低いこのワークに平日にもかかわらず5人も集まってくれてうれしいです。
 
このくらい集まるとグループとしてのエネルギーを感じられるので、やってて尚楽しいです。
 
メンバー同士でお互いの身体・気配を肌で感じられるくらい近づいて、一つの細胞のように動くと、そこには言葉や感情を超えたもっと深い存在としての一体感を感じることができる。
 
グルジェフは厳しいイメージがあるけど、人肌の温かみとか、孤独感からの解放とかも感じられることは意外な発見です。
 
上では天(聖なるもの・内なるもの)とつながり、下では大地とつながり、横では人とつながる。
 
その夜、床に就いて瞑想しながら眠ろうとしたら、足の方からものすごく強いエネルギーが上ってくるのを感じました。
 
特に右半身に。
体の中だけではなく外側まで。
今までに感じたことのない強烈な感じのもの。
 
このままだと私どうなっちゃうんだろう?と少しだけ怖くもなりました。
 
でもそのまま眠ってしまった。
 
夜中目が覚めてその続きを感じたかったけれど、もう無理でした。
 
 
グルジェフ・ムーヴメンツはものすごく強烈な光の柱を造る気がします。
 
私には見えないけど、身体で感じられる。
 
次回は年末押し迫った12月27日(火)です。
 
皆様のご参加お待ちしてます♪
 
詳しくは心と体のセラピースペースAlma Mater(アルマ・マーテル)のホームページをご覧ください。
 
P.S.
私は12/23~25まで伊豆大島でグルジェフ・ムーヴメンツの合宿に参加してきます。
27日は合宿の熱気ある余韻がムンムンするクラスになるかもしれません。

|

« 『あるヨギの自叙伝』 ~精神の摩天楼 | トップページ | 解剖学講座3回目は神経学 »

02. イベント」カテゴリの記事

08. グルジェフ・ムーヴメンツ」カテゴリの記事

09. 心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/68850880

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつの細胞のように:

« 『あるヨギの自叙伝』 ~精神の摩天楼 | トップページ | 解剖学講座3回目は神経学 »