« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年12月

2016年12月20日 (火)

解剖学講座3回目は神経学

先週末は解剖学講座の3回目。
 
今回は私としては一番興味のある神経学で、たった2日間では全然足りないけど、これまでなんだかよくわからなかったことがだいぶ明確になった。
 
特に脳脊髄液の生産と循環について興味深い話があった。
 
脊髄中心管の仙尾にある「中山の孔」の存在。
 
脳脊髄液は、第4脳室から 外側口と正中口を通ってクモ膜下腔に流れ出ていっているのはおなじみだけど、中心管に流れていった脳脊髄液はそのしっぽの辺りにある「中山の孔」からもクモ膜下腔に還流しているのだそうだ。
どういうわけか、医学書には載ってない。
 
発見した中山先生が人気がなかったのか、政治的力がなかったのか・・・(笑)。
 
解剖学の先生が以前に海外の解剖実習に参加した際、本物の人体から「中山の孔」らしきものを発見した写真を見せて下さった。
 
そして、たぶん脳脊髄液はクモ膜顆粒から上矢状静脈洞に戻ってはいない、と。
 
本物のクモ膜顆粒を観察すると、人によってボコボコとたくさんのクモ膜顆粒がある人や、ほとんどない人や、それぞれで、そこから推測するとどうも定説通りではないと。
 
 
医学とはいえ、その常識は本当に当てにならない。
 
みんな本に書いてあることや権威のある人の言うことを鵜呑みにしている。
  
やっぱり自分で考え、自分で確認することが大切なのだな~と・・・。
 
もちろん、今書いたこともひとつの「説」であって、それを判断するのは自分に任されているのだ。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
それと、私にとって個人的に「へぇ~~~」なこと。
 
最近私のところにいらっしゃる方の割合は心理カウンセリング希望の方が増えていて、そんな私が細かい解剖学の宿題やテストにヒーヒー言ってることに軽い違和感というか、拒絶感を感じるのだけど、自分のやってることとのつながりが一点見えた。
 
ここ何年かカウンセリング技法を教えて頂いている精神科医の高橋和巳先生は、「心の病はカウンセリングで治しなさい」とおっしゃる。
 
そして、カウンセリングにおいてはとにかくクライアントを完全に「受容」しなさいと。
 
そのためには要らぬ介入をしないで、とにかく「聴け」と。
 
先生の言葉では、「聴く」とは単に言葉を聴くだけではなくて、クライアントの「存在を聴く」ということ。
 
 
それで、ある事例を検討していたとき、事例に出てきたクライアントが涙を流す場面があって、先生は「これでこの人は治ります。」と言い切った。
 
なんでそんなに断言できるの?と私は思ったけど、
 
先生は、「泣くことで体が緩むから」とおっしゃった。
 
ああ、そうなのか~!とその時は納得したけど、その生理学的意味が、神経学の表を見ていたときにわかったのだ。
 
顔面神経の3つの機能のうちの「副交感性」の機能の中に涙液を分泌する作用があることを知ったから。
 
そうか、涙が出るということは副交感神経優位の反応が出たということなのだ!
 
なあるほどぉ~・・・。
 
そういえば、涙って本当に緊張してる時には出ないもの。
 
「受容される」とは、「あなたはそのままここにいて安全だよ」、「もう闘争・逃走する(=交感神経系)必要はないんだよ」というメッセージが、無意識のうちにクライアントに伝わるということだ。
 
その、メッセージが届いた証拠として、涙が出る、のだなぁ~~~。
 
そしてやっぱり、全ての病は自律神経の働きと深く関係しているのだよね~~~
 
オステオパシーでは「技量は『正常』に対する理解度に比例する」というけど、心・体・魂のあらゆる層における理解が必要だと思う。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/心理カウンセリング

| | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

ひとつの細胞のように

一昨日のグルジェフ・ムーヴメンツ・クラスには5名の方がご参加下さいました。
 
まだまだ認知度の低いこのワークに平日にもかかわらず5人も集まってくれてうれしいです。
 
このくらい集まるとグループとしてのエネルギーを感じられるので、やってて尚楽しいです。
 
メンバー同士でお互いの身体・気配を肌で感じられるくらい近づいて、一つの細胞のように動くと、そこには言葉や感情を超えたもっと深い存在としての一体感を感じることができる。
 
グルジェフは厳しいイメージがあるけど、人肌の温かみとか、孤独感からの解放とかも感じられることは意外な発見です。
 
上では天(聖なるもの・内なるもの)とつながり、下では大地とつながり、横では人とつながる。
 
その夜、床に就いて瞑想しながら眠ろうとしたら、足の方からものすごく強いエネルギーが上ってくるのを感じました。
 
特に右半身に。
体の中だけではなく外側まで。
今までに感じたことのない強烈な感じのもの。
 
このままだと私どうなっちゃうんだろう?と少しだけ怖くもなりました。
 
でもそのまま眠ってしまった。
 
夜中目が覚めてその続きを感じたかったけれど、もう無理でした。
 
 
グルジェフ・ムーヴメンツはものすごく強烈な光の柱を造る気がします。
 
私には見えないけど、身体で感じられる。
 
次回は年末押し迫った12月27日(火)です。
 
皆様のご参加お待ちしてます♪
 
詳しくは心と体のセラピースペースAlma Mater(アルマ・マーテル)のホームページをご覧ください。
 
P.S.
私は12/23~25まで伊豆大島でグルジェフ・ムーヴメンツの合宿に参加してきます。
27日は合宿の熱気ある余韻がムンムンするクラスになるかもしれません。

| | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

『あるヨギの自叙伝』 ~精神の摩天楼

Yogananda_2 先日のインド映画「PK」つながりで。
 
ちょうどこの映画のことを知る直前に『あるヨギの自叙伝』を読んだのでした。
 
随分前(15年くらい?)からこの本の存在は知っていたけど全く意識が向かわなかった。
 
そして今年の春先にこの本の内容が映画になったのも知ってたけど全然興味なし。
 
それが、9月頃にふと読む気になった
 
それは、『奇跡のコース』のテキストを読み終わって、真実を書いてあるとは思うけどあまりにもキリスト教的なところが肌に合わず、もっと他に同じようなことを言ってる人はいないだろうかと思ってるうちにAmazonのボタンを押していた(^^;
 
そしたら、大正解で、私がこの本を読むタイミングは今しかなかったんだろうな~と。
 
『奇跡~』で「世界はない。世界は幻。聖霊の視点に立ちすべてを赦すことで世界は消える」ということを言ってるけど、ほぼ同じことが書いてある。
 
そしてそれはインドでは古くはヒンズー教の聖典『バガヴァット・ギーター』の中で紀元前何世紀かに書かれていた!
  
同書の主人公で著者、実在の人物パラマハンサ・ヨガナンダは西欧・ニューヨークの物質的摩天楼に対して、インドのことを「精神の摩天楼」と言う。
 
映画『PK』では宗教の形骸化した面が主に取り上げられていて、ややもするとこの映画を観た人は「やっぱり宗教なんて要らない」と思ってしまうかもしれない。
 
だけど、山ほどあるインチキを掻き分け、掻き分けしていくと、とんでもない霊的な財宝がインドにはやっぱりあるんだ!!と大発見。
 
ヨガナンダ、恐るべし!
 
FBで繋がってる人達は玄人さんが多くて、十牛図で言ったらとっくの昔に牛を捕まえておうちに帰ってるような人たちばかりだから、私が今更ヨガンナダすごいとかいうことを書くことがすごく恥ずかしいんだけど、私はまだまだ牛のしっぽを追いかけてる段階だから許してほしい。
 
ヨガナンダはヨガの行者で、神との合一を完成させた人。
 
ヨガというと今ではフィットネスみたいな、スポーツみたいな、アクロバットなことをやるものみたいだけど、ヨガの本当の目的は「神との合一」を果たすこと。
 
そして、ヨガナンダは師匠から欧米にインドの叡智を伝えるためにアメリカに派遣されて、多くの欧米人に対してその教えを広めた。
 
 
ヒンズー教の真理とキリスト教の真理は同じであること(世界のあらゆる宗教の本質はひとつ)。
 
本当の真理は知的理解ではなく、自ら瞑想することによってのみ知る(体験する)ことができるということ。
 
被造物の二元性から抜け出して、創造主の一元性に目覚めることが、人間の最高の目標である」こと。
 
物質的宇宙は実在しない。それはマーヤによって織りなされた幻想にすぎない」こと。
 
そのような真実を本当に把握すれば、どんな奇跡を起こすことも可能だということ。
 
 
実際にヨガナンダが行ったり、彼の師匠たちが行った奇跡のエピソードの数々も紹介されている。
 
一番すごいのは、ヒマラヤの岩山に一瞬にして宮殿を造ってしまった彼の師匠の師匠のそのまた師匠「マハー・アヴァター・ババジの話。
 
マハー・アヴァター・ババジはなんと数百年間、肉体を持って生きているらしい。
 
それから、最後に、ヨガナンダは1952年3月7日、ロスアンゼルスのホテルにおいて、駐米インド大使のための晩餐会であいさつした後、自らの意志で肉体を脱ぎ捨てて逝去した。
 
ヨギがそのように肉体を離脱することを「マハーサマディー」と呼ぶ。
 
ヨガナンダがそのような肉体からの去り方をしたのは、人間は「肉体ではない」ということを人々に知らせるため。
 
すご~い!
 
こういう話を信じるも信じないも、自由。
 
私は、基本的に信じる。
 
というか、そういう可能性に大いに私のマインドのスペースをオープンにしている。
 
『あるヨギの自叙伝』、2段組560ページ。
大作だけど、『奇跡~』を読んだ後ならお茶の子さいさい(*^-^*)
 
   
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス/
ヒプノセラピー/心理カウンセリング/エサレン・マッサージ
 

| | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

映画『PK』 ~神様を探して

久しぶりに映画を観た。
 
とてもマイナーな映画、『PK』。
 
予告を見て、映画のテーマが「神様探し」のようなので、今の私にぴったりと思った。
 
 
最近、私のブログでは「神」という言葉が頻出してる。
 
この言葉はある意味でとても危険で、この言葉を頻繁に使うことである一部の人達からの信用を失うんだろうな~などと危惧している。 
 
この映画、神様の探求にかけては世界一であろうインドで作られたのも興味深い。
 
 
以下、ネタバレバレです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
PKはどこかの惑星からやってきた宇宙人。
 
地球に調査のために降り立ったけど、その途端に宇宙船を呼ぶためのリモコンを盗まれ、広大なインドで故郷に帰るためのリモコンを探し出さなければならなくなった。
 
そして、この巨大な国で誰に聞いても、そのためには「神様に聞いてみな」と。
 
そこで、地球の常識も言葉も何も知らないPKの神様探しが始まるわけです。
 
 
本当の神様ってだれ?
 
宗教によって色んな決まりがあり、宇宙人は大混乱。
 
そこに若者の恋愛が絡んで、インドらしい歌って踊ってがあって、最後はハッピーエンド。
 
途中、形骸化した宗教・宗派についての風刺はあるものの、最後のクライマックスは個人的な恋愛の成就にフォーカスが置かれてるので、本当の神とは何かという深遠なテーマについては深堀りはされていない。
 
だけど、このお話の基本ライン、人はどこか外の世界からこの世・地球にやってきて、帰り方を忘れて右往左往してる図が、私達人間の実際の姿なんじゃないのかな~と思うのです。
 
そして、地上で右往左往してる姿を宇宙から俯瞰してみると、滑稽に思えることが山ほどある。
 
あまりに深刻に物事を考えてしまってドツボに嵌まってしまった時には、自分の視点を宇宙人に置いてみてみるといいよね。
 
そして、私たちも故郷に帰るためのリモコンを早く発見できるといいな~と思う。
 
 
マイナー映画のため、観たい方は早く観に行ってください。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス/
ヒプノセラピー/心理カウンセリング/エサレン・マッサージ

| | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

年末お疲れ様キャンペーン、全メニュー2千円引きです♪

今日から師走ですね。
 
Lease 今年もあっという間に一年が終わってしまいそうです。
 
皆さま、とても忙しい一年だったのではないでしょうか?
 
「忙しい」とは「心を亡くす」と書きます。
 
たまには心と身体を深く休めて、一年の疲れを落とし、新たな年を迎える準備をなさいませんか?
 
Alma Materでは12月1日~30日まで年末お疲れ様キャンペーンとして、全メニューを通常価格より2000円とさせて頂きます。
<例>
 
クラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)60分 通常10000円 → 8000円
エサレン・マッサージ90分 通常13000円 → 11000円
心理カウンセリング60分 通常8000円 → 6000円
ヒプノセラピー(催眠療法) 通常18000円 → 15000円
 
 
尚、昨年からの旧料金にてご継続中の方は残念ながら対象外となりますが、心ばかりのお礼の気持ちを込めて粗品を進呈させて頂きます。
 
詳しくはホームページをご覧ください。
 
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス/
ヒプノセラピー/心理カウンセリング/エサレン・マッサージ

| | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »