« 神聖舞踏グルジェフ・ムーヴメンツ11月開催予定 | トップページ | エソ仲間にもバイオ仲間にもオススメしたいグルジェフ »

2016年10月31日 (月)

解剖学講座

先週末からバイオ受講生向けの解剖学の連続講座が始まった。
 
今年7月のフェーズ8から帰って、今更ながら、これ以上進歩するにはやっぱり解剖学を勉強するしかないな~と思ってた矢先に本格的な講座が動き出して、渡りに船という感じではあるのだけど、実のところ解剖学についてあまり積極的関心持てないし、この夏以降私のところにいらっしゃるクライアントさんは心理カウンセリング希望の方が多くて、体畑の人達の中でやっていけるかどうかと気持ちも重~いスタートだった。
 
でも、講義が始まるとグイグイ話の内容に引き込まれ、やる気満々な気持ちになった。
 
これはバイオ受講生向きの講座なので、普通の解剖学とはちょっと違う。
 
実際にブタさんの骨付き肉を使っての解剖実習もあり、バイオのセッション実習までついている。
 
そして、そうそうたる大先輩達がアシスタントとして参加していらして、なんだかすごい場。
 
そして、オステオパシーの創始者スティル博士が言った「技量はノーマル(正常)さの理解に比例する」という言葉から始まって、解剖学といえども、その発想は常識の真逆から始まるのだった・・・。 
 
「何が正常なのか?」ってどんな分野でもよ~く考える必要があると思う。
 
深い哲学的な問いかけだ。
 
今の私はほとんど世間一般の常識とは真逆のことを真理だと思ってます。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
驚いたことに、何人かの方から、「よくブログやHPを見てます」とか、「以前サロンにお邪魔したことがあります」とか、「以前早稲田でセッションを受けたことがあります」とか、「以前あるセミナーで組んだことがあります」とか、いろいろと声をかけられてしまった。
 
いや~、ヤバイです(^^;
 
この仕事初めて10年近く、記憶の彼方に消え去りそうになった出来事や人達を必死に思い出そうとしてます。
 
そして、悪いことはできないものだと反省しきりです(>_<)
 
そして、過去に色んな形で関わったことのある人達が一同に会して同じ勉強の座についてることの不思議を感じます。
 
解剖学に関しては最初からかなりの落ちこぼれですが、恥を忍びつつ最後まで頑張りたいと思います。
 
2日目のセッションの実習では、超厳しいD先生にチェックしてもらったら「できてます」とのことなので、ホッと胸をなでおろしました。
 
 
今日は、豆テスト赤点の補習レポートと、来月提出の宿題レポートに早速取り掛かりました。
 
今、かなりまとまった時間が取れるので、今のうちに必要な勉強に集中しようと思いま~す(◎´∀`)ノ
 
これできっとバイオの腕も上がるに違いない、と信じながら・・・。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス/
ヒプノセラピー/心理カウンセリング
 
 
 
 
 
 

|

« 神聖舞踏グルジェフ・ムーヴメンツ11月開催予定 | トップページ | エソ仲間にもバイオ仲間にもオススメしたいグルジェフ »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/68194317

この記事へのトラックバック一覧です: 解剖学講座:

« 神聖舞踏グルジェフ・ムーヴメンツ11月開催予定 | トップページ | エソ仲間にもバイオ仲間にもオススメしたいグルジェフ »