« ターシャ・テューダーの庭から | トップページ | グルジェフ・ムーヴメンツ@新宿へのお誘い »

2016年7月30日 (土)

京都でシンクロニシティー

セミナー月間の最後は京都でのエソテリックヒーリング・パート2でした。
 
5日間にわたるセミナーの会場は市の中心地だったので、ほぼ毎日、朝6時にホテルを出て清水寺、八坂神社、知恩院等を参拝しました。
 
二日目の朝は清水寺。
Kiyomizu
 
エソテリック的には脾臓はプラーナ(生命エネルギー)を貯蔵し、また全身に分配する機能を担っていると聞き、東山のスティルネス(静けさ)とシンクロしながら、脾臓にプラーナをいっぱい貯蔵してきました(*^-^*)
 
宿泊してたホテルの1階にはコメダ珈琲が入ってるので、朝食を取りに入ると、なんと驚くことに、催眠療法(ヒプノセラピー)セミナーでお世話になった萩原優先生とアシスタントの西田さんがいらっしゃるではありませんか!?
 
先生方は同じ週末に京都で開催される催眠療法基礎セミナーのために出張にいらしていたのでした。
 
お二人にご挨拶すると、お優しくも、「どうぞ、どうぞ」とお二人の間の席を空けて下さり、朝食をご一緒させて頂きました。
 
萩原先生は本当に柔和で腰の低い方で、自分の考えに固執することもなく、上下の分け隔てもなく誰とでも優しく接してくださいます。
 
そして、そんな先生の下に集まっているアシスタントの方々も本当に皆さん感じの良い優しい、そして事務能力にもたけた方々なのです。(こんな有能でクリーンな人達、あまりお目にかかったことないです。)
 
先生方は、私が受けているエソテリック・ヒーリングのことについて色々と質問してくださいました。
 
トランスパーソナルな世界に身を置くと、色んなシンクロニシティーが起こるものですが、これもかなり貴重なシンクロ。
 
私のハイヤーセルフはこれをどのように生かせと言っているのか?
 
ちょうど、セミナーの1週間程前のヒプノ・セッションで、私としてはあることがすごく腑に落ちたところだったので、もっと積極的にヒプノを使えというメッセージか?
 
要するに、ヒプノでいう潜在意識と、エソ等でいうエネルギー的なことや魂のことが、私の中でつながった。
 
身体を鎮め、感情体を鎮め、メンタル体を鎮めると、魂(ハイヤーセルフ)や神的世界とコンタクトできる。
 
深い世界というか、本質的な世界には真・善・美しかなく、それらが肉体を通して顕現しようとしたときに自我との間で起こる摩擦が病気や苦悩ということ。
 
そこにつながるためにヒプノもあるのだな~ということ。
 
 
そして、ヒプノとエソテリックやクラニオを統合したセラピーをやりなさいということか??
 
クラニオの創始者アプレジャーはそういうことやってたし・・・。
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
その日の夕方、セミナーからホテルへの帰り道で、ちょうど八坂神社からのお神輿を見ることができました。
 
世界と上手く調和できた一日でした。
 
Mikoshi
 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

心と体のセラピースペースAlma Mater(アルマ・マーテル)

東京江戸川区の心理カウンセリング/ヒプノセラピー/クラニオセイクラル

|

« ターシャ・テューダーの庭から | トップページ | グルジェフ・ムーヴメンツ@新宿へのお誘い »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/66756773

この記事へのトラックバック一覧です: 京都でシンクロニシティー:

« ターシャ・テューダーの庭から | トップページ | グルジェフ・ムーヴメンツ@新宿へのお誘い »