« 骨折してクラニオを受けて下さった方からのご感想を頂きました | トップページ | ただのひとりごと »

2015年7月27日 (月)

戸隠神社へ行ってきた

急に思い立って、と言っても去年からず~っと行きたいと思っていた戸隠神社に7/24~25に行ってきました。

今回も一人旅です。

でも神社をお参りするのは一人が一番。

参道を歩いている人達が友達同士でおしゃべりしているのを見ると、もったいないな~と思います。

せっかく来たのだから、自分の中心を感じ、周りの自然を感じ、霊気を感じ、神様と対話する時間にすればいいのに、と思う。

朝6:30に家を出て、戸隠の奥社入口についたのは13:30頃。

ここから参道を約40分歩きます。

20分歩くと萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています。

Togakushi01s

杉並木の終わった先は、急な上り坂が続き、奥社に着く頃には息も絶え絶え(^_^;)

奥社と九頭龍社が並んで建ってました。

苦労して到着した割には質素な社殿でしたが、以前とある先生に「神社を拝む時は社殿を拝むのではなく、その背後にある山や森そのものを拝むんだよ」と教わっていたので、戸隠連峰の山々に深くご挨拶、そして自分のミッドラインを感じ、そこにある静けさとシンクロしてみます。

すると、自分の重力がなくなるような、ふわっとした感覚と共に、自分を取り囲む卵型のような静かな優しいものに包まれているような感覚がしました。

ところで、戸隠神社ってどんな由来があって、どんな神様をお祀りしてあるのか調べると、天照大御神様がお隠れになった天岩戸がこの地に飛来して、戸隠の山々ができたんだとか・・・。確かに、言われてみれば、切り立った連峰はまるで「戸」のように見えます。

お祀りしてあるのは、天岩戸開きに功績のあった神々だとか。

「ずっと行きたい」と思ってたわりには、この地の由来、初めて知りました(^_^;)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

随神門の脇から森の遊歩道があったので、そこへ入ってみると、参道の賑わいとは打って変わって、全く誰もいません!

Togakushi06s

静寂!!!

そうそう、これを求めていた!!!!

・・・と思ったのもつかの間、ここは人間の領域ではないのだということに気がついた。

大昔には修験者が修行をした山です。

第一、この辺、当然ながらクマが出るのです。

熊よけの鈴を持ってきたつもりだったけど、入ってない( ̄○ ̄;)!

遊歩道の入口は立派な板が敷き詰めてあったのに、途中の道では突然泥んこ道になってて足が滑ったり、標識はあっても今ひとつ距離感がつかめなくて、迷子になって森の中をぐるぐる回って出られなくなっちゃったらどうしよう、とか思ったら、急にすごく怖くなってしまいました。

クマよけのために歌でも歌おうかと思ったけど、最近全く歌を歌わないので何を歌っていいのか思いつかず、仕方ないので般若心経を唱えることに。

ぶつぶつ般若心経を唱えながら速足で歩いてる姿ってまるで修行僧(笑)

でも心の中は修行僧には遠く及ばない、千々に乱れる弱虫な小心な自分がいました。

この2日間で般若心経をいったい何回唱えたことか!
(暗記しててよかった・・・)

そして、やっと安心できる場に到着。

そこで迎えてくれたのはみどり池の静寂でした。

Togakushi05s

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

泊まったのは、宝光社近くの宿坊渡辺

とても素敵な女将さんがやってるお宿で、この日の宿泊客はなんと私一人!

たった一人のために、心のこもったお料理を作って頂けて恐縮すると共に、なんか残しちゃ申し訳ない気になって完食してしまったら、部屋に帰ってから満腹すぎて身動きもとれない状態になってしまいました(笑)。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

翌朝、朝食前に宝光社を参拝。

杉の古木の中、270余段の石段を登ると荘厳な社殿がありました。

朝の爽やかな気と、誰もいない静けさのためか、5社の中で一番気持ちのいい神社でした。

Togakushi03s

その後、ちゃんと熊よけの鈴を買って、有名な鏡池に行きました。

バス停から歩いて30分くらい(?)

Togakushi04s

幸いお天気も良くて、鏡池は戸隠連峰をよく映し出してくれました。

クリアでさわやか。

一瞬、この水面に黄色い蝶々が舞ってたりして、それはそれは鮮やかな光景でした。

このクリアーさをよく胸に刻んで、自分のものにしたいと思いました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その後、一番賑わう中社をお参りし、お約束の戸隠そばを食べ、最後に天戸開きの立役者・天鈿女命(あめのうずめのみこと)がお祀りされてる火之御子社をお参りして、山を降りました。

Togakushi08s
(その名も九頭龍そば。地元で取れた野菜の天ぷら、山菜、とろろ等盛りだくさん。美味。)

時間に余裕があったので、最後に善光寺にも参拝。

市内でバスを降りると灼熱の暑さにビックリでした。

そして、全てのメニューを消化して、さあ、帰りのバスに乗ろうと思ったら、あり得ないミスが発覚。

帰りに予約してたバスは5:30出発。

でもバス停には17:00出発のバスが出た後。

あれ?と思って、バスの予約事務所の人に問い合わせたら、

「お客様、よくご覧下さい。これは朝の5:30出発のバスです。」と言われ、己の迂闊さにただ呆れるより他ありませんでした(涙)。

新たに18:00発のバスの乗車券を買って、帰途に着けました。

7月25日はマヤ暦の「時間をはずした日」なんだそうです。

私はマヤ暦には全然詳しくないし、どんな意味があるのかもわからないけど、「まあ、時間をはずした日だからこんなことも起きるよね」と自分を納得させました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この1ヶ月、トムのバイオとエソテリック・ヒーリングで、すっかりゾーンAから離れ、密度の薄い世界の心地良さに浸かり過ぎていたのかもしれません。

そういえば、5社参拝を終えた直後に、道端でクレマチスを見つけました。

バッチ・フラワーレメディーではクレマチスはふわふわ空想癖のある人の「グラウンディング」を助けるお花です。Togakushi09s

今の私に必要ってことだったのかな???

昨日からマヤ暦では新年が始まったそうで、私も新たな気持ちでスタートです。

|

« 骨折してクラニオを受けて下さった方からのご感想を頂きました | トップページ | ただのひとりごと »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/60910160

この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠神社へ行ってきた:

« 骨折してクラニオを受けて下さった方からのご感想を頂きました | トップページ | ただのひとりごと »