« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

感情と身体

7月上旬に久しぶりに夫にクラニオをした。

そしたらその時、驚いたことに第一次呼吸(primary respiration)がまったく(ほとんど)出て来なかった!

普通、ゾーンB(フルイッド・ボディー)あたりにチューニングするところから始めるのだけど、たいていは手を触れた瞬間か、少し待てばそれが感じられる。

1時間セッションしたのに、ほとんどそれが出て来ないなんて!

これまで結構な数のセッションをこなしてきたけど、こんなことってほとんどなかった(気がする)。

エソテリック・ヒーリングの考え方では「すべての病気は魂の生命が抑圧された結果」であり、「治療家の技術は魂を解き放つことにある」とする。

クラニオ(バイオダイナミクス)も同じである。

エソとクラニオ(バイオ)を対応させると、おおよそのところ、魂(またはSPIRIT)=THE HEALTH、下位メンタル体=ロング・タイド、液体の身体(フルイッド・ボディー)=感情体、というふうに置き換えられる。

生命力(潜在力=ポーテンシー)は、THE HEALTHからの精妙な波動が少しずつ電圧を落とすように濃くなって、物質の中に降りて来る。

フルイッド・ボディーの動きがほとんど感じられないということは、感情が機能していないということだ。

この状態が続けば、ほぼ確実に肉体的な病気になると思われる。

それを夫に伝えると、

「あ~、今俺、感情を切り離してるからね。」と言った。

職場がつらいのでいちいち感情を感じていると身が持たないので、あえて感じないようにしている、と・・・。

なんてこと・・・・。

 

それって、生きながらに死んでるってことだよ~~~!

セラピストの家族がこんなことでいいのだろうか?

家族の健康も守れないで他人様に健康云々言ってる場合じゃない。

でも、他人を変えることはできない。(たとえ家族でも)

まあ、本人を信じるしかないかな・・・と思って、放置(^-^;

 

昨日、2週間ぶりにクラニオしてみたら、出てました!第一次呼吸!!

よかったぁ~~~o(*^▽^*)o

それを本人に伝えると、

「あれから心境の変化があったから。

あんたに(感情が死んでる)と言われて、これじゃあいかんなと思った」

とのこと。

馬鹿じゃなかったよ、我が夫・・・。

 

感情を切り離すとクラニオ的にどんな風になるのか、良い臨床例を見せてもらえた感じ。

 

昨日はフルイッド・ボディーよりも精妙な、たぶんロング・タイドのポーテンシーが四方八方からヒタヒタとやってきて、フィールド全体を静かに満たしていくのが感じられた。

世界はエネルギーの海。

それをバイオでは”Sea Around Us”と呼ぶ。

私たちの身体は海の底に沈む家。

その家のドアや窓は全て開け放されている。

エネルギーは自由に通り抜ける。

 

だけど、自分で家のドアを閉じてしまうことがある。

ドアが閉じていることに気づいたら、ドアを開けよう。

エネルギーが自由に出入りできるように。

| | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

誠実さ

私は自分に誠実であることを最も大切にしている。

その誠実さをもって他者とも接したい。

そして、同じような誠実さを他者にも求める。

特に、心理の活動をしている人たちに対して。

ああ、だけど、このところ、私から見たら不誠実と思われる対応をされることが重なった。

ちょっと意固地かなと思ったけど、怒りを表した。

嫌なヤツと思われるかな~と思いつつも・・・。

 

そして、そんな偉そうなこと言ってる張本人(私)は本当に常に誠実なのかと言ったらそうでもない。

心理の世界に関わるようになって、何度か大きなケンカをしたことがあるけど、それは相手が私の不誠実さをついてきた、ってことだった。(それだけじゃないけど。相手もまた不誠実だと思ったけど。)

自分でも無意識に、遠まわしな言い方で嫌味を言って自分を守ろうとしたりしたことがあった。

遠まわしな言い方で相手を批判したこともあった。

遠まわしな言い方で相手をコントロールしようとしたこと・・・は、ないと信じたい。

 

自分に誠実でいること。

自己一致。

思ってるほど簡単なことじゃない。

常に自覚的でありたい・・・。

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »