« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

バイオ6セミナーから戻りました

 

6/26から毎年恒例、大磯プリンスホテルでのトム・シェイヴァーD.O.のバイオダイナミクス・セミナーを受講して、先程自宅に戻ってきました。

私にとって年に一度の最も大切なリトリートの時間です。

深く高められた存在状態に身を置く時間。

今年はフェーズ6。
2009年にトムのクラスに出始めて早5年となります。

クラニアル・ワークを習い始めたのは2006年末。
それからすると長い道のりです。
そして、まだまだ道半ばです。

クラニアル・ワークを発明したサザーランド博士は生涯に渡りクラニアル・フィールドの探求に献身したことを思えば、まだまだま~だ、入口に立ったか、どうか、といったところ。

フェーズ6はコースの中でも分かれ目なのだとか。

フェーズ4が分かれ目とのことで、フェーズ6は2度目の分かれ目なのだ。

施術者は何をすればよいのか・・・?

休むだけ。

休息とは、ニュートラルであること。

施術者がニュートラルであることが、良い道づれとなる。201406272

| | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

初出勤

昨日から週に一度の心療内科クリニックでの勤務が始まりました。

一応、心理カウンセリングをメインの業務とさせて頂けるとのことなので、機会を与えて下さった先生に感謝せずにはいられません。

心理カウンセリングは保険診療外なので、保険枠の中では精神保健相談として関わることもします。精神保健相談は点数にはならないそうですけど・・・。

とっても、と~っても小さなクリニックで、院長先生はあまり形式にこだわらないオープンな方で、医療機関というお固いイメージのある業界に参入するには、私にとってはとても気楽にやっていけそうなところです。

通勤も結構近くて楽ちんです。

関係者の方々がこのブログを読むかもしれないのであまり多くのことは書けませんが、クリニックには個人営業ではで出逢えないタイプの方々がいらっしゃるな~と思いました。

また色々と勉強していきたいと思います。

本を読んだりセミナーに出たりもしたいけど、一番は目の前にいる患者さんたちが一番多くのことを教えて下さることでしょう。

病気を治すということよりも、その方がどうやったら自分らしい人生を生きることができるのかという点に意識を合わせて、まるごとの人間対人間としてお付き合いしていきたいです。

そして、どんな困難な状況にあっても、その方の完璧な魂の輝きとアラインすることを心がけたいと思います。

昨日は先ず電子カルテの入力の仕方を覚えたり、生れて初めてインテークというものをさせて頂きました。

やっぱり初めての場所、初めてやることというのはいくつになっても緊張するもので、結構オタオタしてました(^_^;)

早く慣れて、自分らしく居られるようになれたらいいなと思います。

このクリニックが都会の小さなオアシスになりますように・・・。

| | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

一休み

はぁ〜、よく働いたにゃ〜。
一休み、一休み…
Image


| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »