« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

ヨレヨレだけど生きてます

Pc2902802_2

我が家の長男猫、まるちゃん。1990年春生まれの22歳。

人間でいえば優に100歳は超えているご長寿猫。

これまでに何度も「すわっ、旅立ちか!?」という危機を乗り越え、何度も復活。

10日程前から食べ物を全く食べなくなって、そろそろお迎えかな~と思っていたのだけど、夫は甲斐甲斐しく毎日動物病院に連れていってくれた。

私はここまで生きたらいつ旅立ってもいいだろうと思うので、別段病院に連れていく必要を感じないのだけど、夫は全くもって情緒的な人だな~と半ばあきれながら事態を見守ってた。

夫がとても優しい人だとすれば、私はホントに冷たい、冷淡な人間だ。

生きることと死ぬことは同じ重さの価値があると思うんだけど、やっぱり現代人にとって死は敗北なのだな。

獣医さんも一生懸命処置して下さった。

検査の結果、どこも病気はなく、ただ加齢のために全体的に内臓機能が低下してるだけだと。

 
 

まるちゃん、3日程前には夜中に私たちの布団の中に入って寝てて、布団の中におしっこ垂れ流して、ペッチャンコになって、まったく動きもしなかったので、もう死んでるかと思った。ホントに。

でもそれって最高に幸せな死に方じゃん、なんて思いながらよ~く観察するとかすかに呼吸してて、生存が確認された。

翌日も同じく布団の中に入り、防衛のために敷いておいたゼリーシーツをみごとによけた場所に再びおしっこ垂れ流しながら眠ってた。

それ以前にもよくあちこちで粗相をするようになってしまったので、私はその度にキーキー言って怒ってたんだけど、この期に及ぶと、きれいとか汚いとか、関係なくなってしまうのだった。

ただただ、生きてるその姿に胸を打たれるばかり。

甲斐甲斐しいい看病のおかげで、一昨日、およそ1週間ぶりに猫缶をがっついて食べるようになり、再び復活した。

すごいよ、まるちゃん!!

 
 

獣医さんから、体温維持のために服を着せるといいと言われたので、(私が)生まれて初めてペット用の服を買ってきて着せた。

服着てるペット大嫌いだった。

動物に服なんて必要ないし、動物にとってはいい迷惑で、着せてる人って自分の自己満足のためにペットをおもちゃにしてるだけで、自分の中の何かをワンチャン達に投影してる人間たちを愚かしいと思ってた。

だけど、そういうこともどうでもよくなった。

服着たまるちゃん、意外と似合うじゃん、かわいいじゃん(*^_^*)

とにかく、我が家のまるちゃんは、無条件の愛ってものを私に教えてくれています。

 

まるちゃんの目、認知症になった母の目、ケア・ホームの重度障害のMちゃんの目。

共通するものがある。

それは、ただ、生きてる人たちの目、なの・・・。

| | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

3度目のクリスマス

昨日はケアホームでのクリスマス会だった。

私がそこで働くようになってから早3回目のクリスマス会。

日程的にいつも私が食事当番の日にクリスマス会を開くことになってしまう。

最初の年は一人で奮闘してお料理を作りまくった。

2年目は少し手を抜いたけど、やっぱり一人で奮闘した記憶が・・・。

でも、段々一人で奮闘するのが馬鹿らしくなって、しかも、凝った料理は利用者&年配の世話人たちにとってあまり意味がなく、みんな素朴な味で十分喜ぶということがわかってきたので、今年はかなりの手抜きにした。

ピザと安いお寿司の出前を中心にして、手作りしたのは鶏の唐揚げとポテトサラダくらい。

それでも、3年前に比べて進歩してると思えた。

というのは、以前よりも世話人達の協力体制が自然とできていて、みんながそれぞれ気持ちよく時間を過ごしているように思えたから。

私もほどよく仕事を他の人に振ることができた。

「あの人、口ばかりで結局何もしないじゃん!」という心の中の悪口が起こらなかった。

別の世話人も自分から仕事を申し出てくれ、「あ~よかった、仕事があって。何もすることがないとつらいのよ」とおっしゃった。

そ、そうだったのか・・・(^_^;)

いや、見る目が変わりました。

 
全然進歩がないと思ってた自分の身の回り、ちょっとだけとちゃんと進歩してることがわかって幸せな年の瀬です。

Sn3f0411

↑あとはピザを待つだけ・・・。

Sn3f0420_3

↑全然関係ないけど、昨夜夫からケンタッキーのおすそ分けをもらう
愛猫のちゃーこ(本名=こまち)

| | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

げんぱつについて

さっきのブログの中で「原発にはNO」って書いたけど、私は公の場で大きな声でこれをいうことにかなり抵抗があるんです。

どうしてかというと、私が最初に就職した先は原発関係の機関だったから。

 
当時右も左もわからない田舎の大学生(しかも新しい大学で1期生)だった私はどうやって就職活動したらいいかも全く分からず自分のやりたいことも全くわからないでいました。

一応希望する業界はあったけど、その志望動機も全くあいまいなものだった。

で、当時のバイト先のコネで、通産省出身の政治家のお世話になってよくわからないうちによくわからないところに就職が決まってしまったのでした。

もちろん私の意志を無視して相手が勝手に決めてしまったわけではなく、私の自由意志にもとづいて私が決めたことでした。

でも、とにかく、ホントに、まったく、自分というものがなかったんです。


その機関では、原発は安全なんだと教わり、「あ~、そうだったんだぁ」と単純に信じました。

原発は危険って騒ぐ人も正確な勉強をしてるわけじゃないんだな、と。


ま、そこにいても自分は自己実現できないことを感じて、本当に自分がやりたいことをやろうと思って2年半でそこを辞めたけど、今でもその組織で働いてる知り合いがいます。

その人のことをとても信頼してます。

・・・と、いろいろな過去があるので、私が原発にNOというのは他の人のように他人事としては言えないんです。

NOというときに自分自身に痛みを感じます。

自分自身の一部に対してNOと言っている、というか、他の人みたいに「私は潔白で、あいつが悪い」みたいには言えない。

原発にNOということで、他の原発反対の人たちとは同じ立ち位置には立てない自分を明確にしたかったので、とりあえずここに書いてみました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

放射能汚染を気にして遠くに避難のために引っ越した人の話とかを聞くと、ふ~~~ん、って感じがします。

私はここでずっと暮らしていくつもりだし、特に怖いとも思わない。

そのために避難する人って自分の中に根源的な恐れがあるんじゃないかと思う。

なるべくなら恐怖に支配されて行動したくないし、最悪のことになったとしても自分が招いたことだからその時は甘んじてその事態を受け入れようと思う。

そして、重大な事故によって原発は安全とは言えないということがわかったら、それに応じるアクションを起こしていけばいい。

あまり感情的にならずに。

 
 
 

あとは、放射能に負けない心と身体を養おう!!と思ってます。

「幸せで調和した状態にあれば、自然界のどんなものからも傷つけられない。」というバッチ博士の言葉を無邪気に信じている私です(*^_^*)

| | トラックバック (0)

昨日の結果は・・・

政治の話はあまりしたくないけど(バカがばれるから)

昨日の選挙結果にはかなりガッカリした。

じゃあどうなればよかったかというと明確なビジョンはないんだけど。

不勉強につき各党の政策の違いについてよくかわらないし

論点の増税、TPP、道州制の導入とか、いろんな人の意見を聞くと

賛成意見も反対意見もどれも一理あるようにも聞こえるし。

私は日本政治.comというページで即席で勉強して浮動票を投じてきた。

(原発だけはNOと思ってたけど、ふたを開ければNOじゃない結果になった。)

 

今の小選挙区制というのは極端な結果が出てしまう選挙制度なのだということがよくわかった。

前回も今回も、オセロ・ゲームみたいに黒から白へ、白から黒へとパタパタと裏返ってしまうシステムなんだな~


前回の選挙は、民主が圧勝したわけではなくて、自民への強いNOの表現だったと思う。

 
今回は民主へのNOが自民の圧勝という形となった。

 
 

みんな、これ以上がっかりするのはイヤなのかな。

大風呂敷広げてもできっこないと思われてしまったのか。

国民はあまり変化は望んでいないのか。

要するに景気さえ回復すればいいのか。

 

ところでやっぱり、私は個人的に野田さんが好きだ。

(政策の是非については判断できない、難しすぎて)

だけど、あんなまともな政治家見たことない、って感じ。

人としてまとも、というか、立派だと思う。

 
 
 
 
 

なによりも、相手に敬意を込めて

きちんと対話のできる人だと感じる。

 

そして、野田さんは国民にとって痛い政策を進めた。

だれだってそんなことやりたくないのに、あえて泥を被っても

信念を持って取り組んだと思う。

猫に鈴をつけに行くネズミ、みたいな。

 
 
 

昨夜のTV番組で、政治記者100人に聞いた「もっともいい政治をしたと思う人」というランキングで1位になってた。

え~、今頃言うなよ!って感じだったけど、

ほら、やっぱりね!と思った。

うちの夫も野田さんとかの悪口ばかり言うので辟易してたけど、

夫に向って「ほらね~!」と威張ってやった(^_^;)

(ここにこういう記事を書けるのは昨夜のランキングを見たから。

そうじゃないと、私だけ変で、頭悪いヤツ~と思われそうで書けなかった。

勇気ないんです、わたし。)

 

 
これから政治がどうなるのかわからないけど

ちゃんと実のある話し合いをして信念を持って物事を決めて行ってほしいと思う。


政治も世界もどんどん悪くなるように思ってる人は多いと思うけど

私はそんな風には思ってなくて

これでも少しずつ、少しずつ進歩してると思う。

世の中は少しずつ、少しずつ良くなっていると思うな~・・・。

| | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

松葉ガニでお祝い

今日は夫の誕生日。

大のカニ好きで、世界中のカニを食べたいという夫に

鳥取から活生松葉ガニの直送品をプレゼント。

でも訳ありです。タグは付いてません(>_<)

まだ生きてます。

これから大鍋でゆでて戴きます。

カニさん、愛してるよ。ありがとう。

Pc160277

| | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

問題児にちょこちょこっと・・・?

ホームの慰労会の席で、ある職員さんから

「(利用者の)○○さんの頭を触って、ちょこちょこっとやってやってよ」みたいなことを言われた。

その職員さんは私のやってるクラニオのことを、よく知りはしないけど、なんか簡単に脳や人柄を変えられるようなイメージで、冗談でそんなことを言ったのだ。

で、○○さんというのは、常識的に言って問題児(大の大人だけど)で、みんなほとほと手を焼き、できることなら出て行ってほしいとさえ思っている。

そんな問題児の頭に触れて、品行方正な人間に直せちゃったらスゴイ???

 
 

私も知的障害の人たちの施設で働くことになったときには彼らにクラニオしたいと思った。

脳障害には絶対良い影響があると思うし、

「私、お役に立てる」、みたいな。

 

だけど、働き始めてすぐに、そんなこと必要ないと思うようになった。

障害があって可哀想だから、なんとか健常になるように、っていうのは
いわゆる健常者の勝手な気持ちだな~と思うようになったのだ。

彼らは彼らとして、そのまんまでよくって、
変わらなければいけないのは私たちの方だ、と。

障害者のために何かしなければいけないとしたら
私たち自身の意識を変えることだなと。

私の中には未だにいっぱい偏見があって、
それを心の底からなくすのにはまだまだ時間がかかりそうだ。

  
○○さんに関しても、ちゃんと相手に敬意を込めて接し、
信頼関係さえ築ければ、そんな極端な行動は取らなくなる。

○○さんは私に対しては極めて素直だ。

気まぐれで、社会性がなくて、すぐにキレて手がつけられなくなるクセがあるけど、私に対して大声を出したことはない。

対人援助者としての基本。

人としての基本。

結構難しいことなのだろうか?

 

まあね、日本を動かす政治家たちの対人技術のヒドさを見れば、さもありなん、だけど。

| | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

私は若手

今日はケアホームの慰労会があった。

そこでは私はなんと一番の若手。

2時間の間に何度「あなたは若い」と言われたことか。

世間一般の価値観から見たらほとんど相手にされないような年齢なのに。

求人情報とか見たら年齢ではねられてしまう・・・

うちのホームのスタッフ年齢、異常に高い。

理事長80代、サービス管理責任者70代、世話人60~70代。

自分が辞めたいと言わない限り定年なしで永遠に勤められそう。

 

なんだけど、お姉さまスタッフ(60代、70代)の傍若無人ぶりはすさまじくて

若手の感覚としては「もう限界!」と思うこと、しばしば。

 

ホームは利用者5~6名に対して「世話人」というスタッフが1~2名のローテーションなので、普段はあまり他のスタッフと話す機会もなく、ものすごく年上でプロ意識の全くない人たちの中でひとり悶々としてた。

今日は久々に同法人内の他のホームの若手スタッフと話ができて、同じような気持ちを共有できて(要するにグチなんだけど)、うれしかった。

やっぱり仲間がいると思えることは重要だ。

 

怒りの気持ちが湧くのは、もっといい仕事がしたいからなのだ。

この若手の想いが花開くときが来るといいな。

 
燃え尽きる前に・・・

| | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

小躍りしたくなる

今朝、掃除しながら、自分の魂の糧となる人たちのことを思い出していた。

数は少なくとも、彼らの考え方や感性はものすごく正しいと思え、私の考えも彼らなら絶対理解してくれるだろうと思える人たち。

彼らのことを想っていると、「自分は大丈夫だ」という気持ちになる。

その感覚を感じていると、おやおや!

身体の奥から楽しさやワクワクするような感じが湧き起こってきた。

その楽しさには理由がない。

ただ、身体が浮き立つような感じ。

ああ、この感じ、これは私のリソースだ!!

 
この感じをよ~く味わいたい。

意味もなく楽しくて、訳もなく小躍りしたいし、たまにスキップもしちゃう♪

 
 

幸せだな~(*^_^*)

 

| | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

ジャンク・メールのお陰で・・・

最近携帯に迷惑メールが入るようになってしまったため、携帯持って以来はじめてアドレスを変更し、携帯のアドレス帳に載ってる人達に変更通知を出した。

するとずいぶん音沙汰のなかった人達から返信が入り、ああ覚えててくれたのねって、ちょっと感謝。

(忘れるはずないけど、返信というアクションを起こしてくれたことに感謝。なにしろ私はそういうことが面倒で、ついそのままにしちゃうから。)

 

と同時に自分の日頃の人づきあいの悪さを痛感する。

こんな性格でよく商売やってると思う。

まあ、自分では商売やってるつもりはないけど・・・

 

私は社交辞令や世間話が大の苦手、そして普通の女子の関心の的である美容とかお洒落とかブランドものとかグルメとかに全く興味ないので、普通の友達づきあいがつまらなくて、ついつい疎遠になってしまうのだ。

自分の関心のあることだけしか話せないし、聞けない。

結局自己中なのだな・・・

 

なんだけど、少しエネルギーが変わりつつあるのか、疎遠になってた人達と会いたいな~と思うようになった。

これはいいことだ、私にとって。

ジャンク・メールさん、ありがとう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ついでに、私がここ数年複数のPC用アドレスを一か所にまとめて使っているauoneのウェブ・メールがサービス廃止になるという有り難くないお知らせも入り、慌ててgmailにお引っ越し作業をしなければならなくなった。

いろんなことが変わっていくなぁ・・・

そろそろ観念して、iPhoneにするかぁ・・・。

| | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

ホームセンターコーナンがオープン!

我が家のすぐ裏手、元オリンピックの跡地にホームセンターコーナンが今日オープンしました!

DIY用品をはじめ何でも揃ってるので私としてはとても便利になりました。

うれしいのと同時に、菅原橋近くに古くからあるホームセンターの存続が危機となり、うちから4~5分のところにあるドラッグストアも、家電量販店もそうとう影響を受けるだろうな~と、それぞれの経営について心配になってしまうのでした・・・。

コーナンの大きなロゴはあまりセンスは感じられないけれど、とても大きくて遠くからも良く見えるので、今後Alma Materへお越しの方はぜひコーナンを目印にしてみて下さい。

12月に入り、寒さも厳しいですが、今年1年の疲れを落とすためにもクラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)やエサレン・マッサージをご利用下さいませ。
・・・って最後は自分の宣伝か。(^_^;)

Sn3f0401

| | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

最後が一番美しい


朝、3日ぶりに太極拳をするためにいつもの練功場所(江戸川文化センター裏、小松川境川親水公園)に行く。

今朝はどんよりと曇って風も冷たくて、もう完全な冬だな~という感じ。

なのに、そこに着くと木々の紅葉がこんなお天気の中でも今年最後の輝きをこれでもかっていうくらい力強く放っていて本当に美しい。

まさに幽玄・・・

写メではあの輝きをうまくとらえることができなくて歯がゆいけれど・・・

Sn3f0400_2

Sn3f0397_2

| | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »