« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

広大な森を眼下に

広大な森わ眼下に
出張で千葉の「生命の森リゾート」というところにやって来ました。

心も体も120%元気になるという主旨の実験的なイベントで、
今日と明日、この広大な森のエネルギーを感じながら
エサレンマッサージのセッションをさせて頂きます。

1日2名、合計4名の方とセッションです。

今日のセッションを始めた時刻には外は夜の帳がおり始めたけれど、
同時に満月に近いお月さまがポッカリと顔を出し、私を見守っていて下さいました。

(受けてる方にはお月さま全然見えなかったけどね・・・)

明日は午後から台風とのことで、ちょっと心配だな・・・

| | トラックバック (0)

プレゼンス

昨日はセラピー仲間が出演する「語りの会」を聴きに行ってきた。

彼女の語りを聴くのはこれがはじめて。

出会ってから2年?~3年?

自主勉強会で交換セッションを重ね

グループスーパービジョンでも一緒に学び合う仲間。

 
最近の彼女のとても意識的な生き方に感銘を覚える私だったけど

昨日の語りの会で語る彼女の姿に感動してまたもや涙。

 
彼女が最近、自分の身体とつながること、

「DoingではなくてBeing」、にこだわってきた成果がありありと現れていた。

 
その場にとてもくつろいで、観客と共にいる姿は、私をとても幸せにしてくれた。

 
何年かを一緒に歩むことで、仲間の成長の姿を目の当たりにすることができる。

何かとても深いところでのつながりを感じられる。

 
ありがたい。

 
とても幸せな気分・・・(*^_^*)

| | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

夕焼けがきれい

夕焼けがきれい
この季節は夕焼けが美しくて油断できない。
今日もホームで夕飯作りながらパチリ。

| | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

ご縁

最近、グループホームのMちゃんの移動支援のために他の組織から派遣されてくるヘルパーさんがいる。

最初彼女を見たときにはなんか暗い顔してるなぁ~と思った。

(福祉系で働いてる人って癒されてない感じの印象を受ける人が多い)

 
その彼女、最近ではMちゃんとの関係も良好で、Mちゃんに癒されてるためか、笑顔を見せるようになった。

やっぱり彼女はMちゃんに癒される必要があって、Mちゃんのところにやってきたんだろうなぁと思う。

とにかくMちゃんは強烈な天然ヒーラーだから。

ホームの他の利用者さんたちや世話人達を癒しまくっている。

このホームでは一番障害重いんだけど・・・

私自身も癒されまくりで、Mちゃんのことが愛おしくてたまらない。

あまりに愛おしくて、人が見てないときなどはこっそり彼女の身体にスリスリしてしまう。

(私は愛を込めて人の身体に手を伸ばすことになんかブロックがあって、普通はなんでもないときにそんなことなかなかできないのだ。
だから、エサレン・マッサージとかやってるんだよね、逆に。
そこではセッションという枠があって、相手から「触れてもいいよ」という許可が出てるから)

 
さて、話を戻してヘルパーの彼女、先日お会いしたときには、思わず彼女のプライベートな話を聞いてしまった。

やっぱりとんでもなく大変な問題を抱えている。

・・・まあ、そうなんだけど、それは置いておく・・・。

 
昨日、急に思い出したのだ。

彼女って、うちのごく近所のスーパー(2年前につぶれてしまった)でレジ打ってた人だって!!

(本人に確認したから間違いない)

 
私、そのスーパーには毎日、1日に2度くらい足を運んでたのだけど、そのときにレジ打ってた彼女のことがとっても嫌いだったの!!(ゴメンナサイ!)

とにかくどんくさそうで、見てるだけでイライラしちゃう。

できれば彼女じゃないレジに並びたい、と思ってた。

なんだけど、毎日不愉快になってても仕方ないので、ある日ひらめいたのだ。

 
「そうだ、彼女にラビプレ(ラビングプレゼンス)してみよう」って。

 
レジ打ってる彼女の前でラビプレ。

 
そしたら、あっという間に涙で目頭が熱くなった。

 
そこにはとてもイタイケな、可愛らしい少女のような彼女がいて・・・

 
そのとき、「ああ、これがラビプレなんだ」と実感したのだ。

 
そして、ラビプレをする前の私は、彼女のことをちっとも見ていなかったということに気付いた。

 
それまで見ていたのは、自分の心の影の部分が勝手に作りだした幻影、妄想だったのだ。

 
ラビプレをしたときに起こったことは、過去の自分の記憶や思い込みを横において

ただ、ありのままに相手を見る、ということだった。

 
すんごい大きな気づきをくれた彼女。

 
それが全然違うシチュエーションで私の前に再び現れた。

 
いやいや、これは、私にとってもっと関わる必要がある人なんだということを実感。

 
はぁ~、不思議だなぁ~~~~

 
私も彼女も、Mちゃんに癒される必要があってさぁ・・・

 

う~~~む。。。。。

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »