« 梅雨を満喫 | トップページ | 頭蓋骨模型が到着 »

2012年6月21日 (木)

夏至の日に想う

Solstice1_2 今日は夏至。

太陽が一番長く出ててくれる日。

私は太陽エネルギーで動いてる人間なので昼間が長いってありがたい。

ふと、2006年にスコットランドのフィンドホーン共同体に滞在してたときの、夏至の日の虹の写真と夏至祭りの写真を思い出して、載せてみたくなった。

この年は私とって大変化の年で、長年勤めていた会社を辞め、エサレン・マッサージのトレーニングコースに飛び込み、第1回目の合宿が終わって帰宅して、翌日から今度はフィンドホーン・ツアーに参加したりして、あっちへこっちへと飛び回り、新しい人生の始まりにドキドキワクワクしてた。

スピリチュアルな聖地で、夏至の日に虹が見えるなんて、神様が私の前途を祝福してくれてるような気がして舞い上がった。

Solstice3  Solstice2

Solstice4  Solstice5

その年にパスポートの有効期限も切れ、それ以来海外はもとより国内旅行すらほとんどしていない。

フィンドホーンやエサレンは素晴らしいところだ。

だけどもっと日常にそれを持ち込まなければ意味がない。

現実逃避でフィンドホーンとかエサレンとか世界のパワースポットとか行ってても仕方がない。

今は自分の住んでる街で、フィンドホーンのように心の内と外を一致させ、仕事に愛を注ぎ、仲間と弱さも強さも共有できるようなゆるやかなコミュニティーを作っていくのが私の願いだ。

地味に、自分に出来ることだけを、コツコツと・・・。

|

« 梅雨を満喫 | トップページ | 頭蓋骨模型が到着 »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/45737820

この記事へのトラックバック一覧です: 夏至の日に想う:

« 梅雨を満喫 | トップページ | 頭蓋骨模型が到着 »