« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月22日 (火)

笑いヨガ・リーダー養成講座、深かった!

先週の土日、ラフターヨガ(笑いヨガ)リーダー養成講座が無事終了しました。

仙台からわざわざ講師に来て頂くのになかなか参加者が集まらなくてヒヤヒヤしましたが、蓋を開けてみればやっぱり来るべき人が来て、とてもよい会となりました。

最終的に受講生5人という小グループだったけど、それがかえって親密感を作り出せるいい人数でした。

講師の美紀さんと参加者のみなさんに感謝、感謝です。

 
笑いヨガ、ホントに馬鹿馬鹿しいです。

初めての人は「何、これ?」と思うのは普通。

普通のヨガを想像してきた人だったら怒り出すかも。

 
でもやってみると楽しいし、大きな声を出すこともあり運動量も多い。

そして、すごくエネルギーの交流が起こるので「場」ができる。

 
その場の質はリーダーの人柄とそれに感応して集まった人たちの質で決まる。

  
この2日間、たくさん笑った後には涙もありました。

 
これ、私たちの目論み通りです。

 
私たちの笑いヨガは他のところのとはちょっと違う。

笑いもいいけど、涙もいい。

出てきたものは何でも歓迎、受け止めます。

 
笑いヨガは自分の殻を破るのにとてもいいけど

外側に破ろうとすると内側にも破れるみたいです。

 
苦しみのために自分の内側にこもってしまった人は

笑いヨガをやると自分が場に開かれて苦しみが軽くなります。

 
また、実は内に苦しみを秘めてるのにそれと向き合おうとしない人は

心身が緩んだときに思わず内側の苦しみが外に溢れてくることがあります。

 
苦しみ・悲しみを拒否して笑いでごまかそうとするのは本当の笑いではない。

苦しんで苦しんで苦しんで、苦悩の底を打って立ち上がり、

最後には自分の苦悩を笑い飛ばすところまでいけるのがいいですね。

 
まあ、笑いヨガはそこまで深いことを要求はしません。

体操として笑えばそれでOK。

 
 
リーダーになったとはいえまだまだうまくファシリテートする自信はないけれど

うまくなるには実践を積むしかないから近々笑いヨガ・ワークショップもやってみます。

早ければ7月。

ラビプレと一緒にやろうかな。

こうご期待(*^_^*)

| | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

裸眼で金環日食。写真撮影も成功!

金環日食見えましたね~!

うちは日食観察用眼鏡を買いそびれ、裸眼で観察しちゃいました。

神様が私たちみたいに眼鏡を用意できたかった人たちのことを

思いやって下さったかのように

ちょうど薄雲が出て、とてもよく見えました。

写真もバッチリ撮れました。ヤッタ~、ヤッタ~、イェ~イ!!(笑いヨガ風)

P52102151

P52102231

P52102321

| | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

共にいる

ダイエットを決意して1週間が過ぎた。

いつもは、鏡に映った己の姿を見ては嫌悪感を感じ、「今日からダイエットしよう!」と思うが、その数時間後にはその決意した自分はすっかりどこかに消え去り、とにかく「食べたい」自分が顔を出す。

その二人の間に全く会話はなく、まるで二重人格のよう。

でも先週は本気でスイッチが入ったので、目標に向かってコツコツ努力することに快感を覚えている。

そして、今回身体が協力している感じがある。

今までは常に大きくくちばしを広げたツバメのヒナみたいだった自分の口から喉元・食道のあたりがキュウ~っとしまって、外から食べ物が入るのを拒んでいる。

食べる量を以前よりも随分減らしているので、当然空腹感はある。

以前はその空腹感を感じたくなくて、ちょっとでもお腹がすくとすぐに何かを食べていたし、先回りしてお腹がすく前に食べたりしてた。

一般的に言っても、自分の場合を考えても、食べる行為は自分を慰めること。

愛情飢餓や人生の空虚感を埋める行為。

 
今回は、その「空腹感と共にいる」ということをしている。

空腹感がやってきたら積極的にそれを感じ、お腹の空いた感じってどんなものかをじっくり味わう。

胃のあたりがどんな風に縮んでるとか、観察して楽しむわけ。

これは面白いよ。

心理療法でやってる「感情と共にいる」ということと同じことをやってみるわけだ。

こういう風になんでもしっかり受け止めてしまうと怖いものはなくなる。

怖かったらその怖さと一緒にいればいいわけだ。

 
この空腹感と共にいると結果として痩せるんだな~と思うと案外うれしかったりして。

 
気をつけないといけないのは、これがエスカレートすると拒食症になってしまうことだ。

自分の標準体重をしっかりと把握すること。

決して無理はしないこと。。。

| | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

和解

先日スーパーで出会って立ち話した友人(3年前に一度絶交した人)と昨日再び立ち話し、そして来週我が家に招くことを約束した。

よって、これは完全に和解したことになる。

 
私は干渉されたくないし相手の自由も奪いたくないから、それを犯さない距離を保つように生きてきた。

結果として人との距離がすごく遠くて、基本的に一人でいることが好き。

だけど、魂の深いレベルで人とつながりたいと常に願い、通常の距離の一線を越えてわかり合おうと試みることが何度かあったがいつも撃沈していた。

今回は、本当にひとつ乗り越えた感がある。よかった・・・

二人の間の関係は以前とは全然違う。

 
昨日目の前にいる彼女はとても強く頼もしく見えた。

そして賢い。

彼女に言わせれば私が彼女を必要としている、とのことだ。

たしかにそうかもしれない。(その逆もあると思うけど)

 
彼女は私とは真逆の性格で、いつも私の芯を揺さぶる。

揺さぶられることで自分のエッジに気づく。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 
彼女との和解は自分の他の部分にも変化を及ぼしている気がする。

昨日バイト先の同僚にクラニオをしてあげた。(させて頂いたと書くべき?)

勤務時間中に20分くらいだけど。

 
同僚はしばしば身体の不調を訴えているのだけど

その割には自分の生活を見直そうとしないから

自助努力をしない人に助け船を出す気にはなれず

「クラニオしてあげようかな~」とは思いつつもこれまでそれを実行に移さなかった。

 
それに、彼女は人当たりはいいのだけど、業務に関しては

すごく手抜きをするしやる気もないし、その割には人の悪口ばかり言うので

はっきり言ってそういうところを軽蔑してた。

 
だけど最近ちょっと彼女の行動が変わってきた(少し仕事を手伝ってくれる)こともあり

昨日はつらそうにしてる彼女にちょっとの間だけどクラニオしてみようという気になったのだ。

 
短い時間でどの程度効果があったかはわからない。

受けてくれた感想は「気持ちよかった。身体がすごく軽くなった」とのことだった。

 
驚いたのは、自分が家に帰った後、そのプロセスが自分の身体でずっと続いていたことだ。

クラニオは受け手も施術者も一緒に癒されるから、私に続いてるプロセスはきっと彼女にも続いているのだろうと思う。

 
夜、寝るときにはいつも夫の後頭部~首に手を当ててクラニオしながら寝るのだけど、昨夜は夫に触れつつ彼女を一緒に意識に入れてみた。

遠隔クラニオ。

たぶんできる(できてる)と思う。

遠隔クラニオしながら彼女のことを想う。

 
そのとき発見したのは、私はいつも自分のハートというカメラのレンズの絞りをすごく狭く絞ってたな~ということだ。

人を受け入れるにも段階があって、ハート全開にしてしまうと相手がなだれ込んでしまうから、そうならないように絞ってた。

それを全開にすると相手の存在がわぁ~っと入ってくる。

 
それがラビングプレゼンスだ、ということを理解した。

レンズ全開にするのは危険なのだけど、これなんだな・・・

 
ラビプレについては昼間の彼女とも話し合っている。

「本当のラビプレってのはさぁ・・・」と。

 
日本ラビングプレゼンス協会認定ラビプレ・コミュニケーターであっても

本当のラビプレとは何ぞやということになるとかなり難しいテーマなのだ。

 
自分なりのラビプレの実感を感じた夜だった。

| | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

ラフターヨガ(笑いヨガ)リーダー養成講座もうすぐです!

笑いヨガリーダー養成講座開催の日にちが迫ってきました。
参加を迷われている方、まだ間に合いますのでぜひお申込み下さいsign01
また、1日しか参加できないという方はご相談下さいsign01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

私のセラピーはどれも「静けさ」を求めていくものばかりですが
たまにはそれとは対極にある世界に触れてみようと思って
ラフターヨガ(笑いヨガ)リーダー養成講座を企画してみました。

といっても講師は私ではなく、私の友人・ハコミ仲間の恵美美紀さんです。
私も生徒として一緒に参加します。

あなたも笑いヨガリーダーになって
笑いの健康法を一緒に広めていきませんか?

Laugh_2 <ラフターヨガ(笑いヨガ)とは>
*ラフターヨガ(笑いヨガ)は笑いを使った
健康法です。誰でも特別な理由がなくてもエクササイズ(体操)として笑えます。

*笑いヨガはインドのマダン・カタリア医師が1995年に考案し、今では70ヵ国以上に数多くのクラブがあります。

*笑いヨガはヨガの呼吸法を使い、酸素をより多く体内に取り入れることで活力を高め、健康を増進させます。

*笑いは、本当におかしくて笑っても、作った笑いでも、身体に生じる生理学的・生化学的効果には違いがないことが科学的に実証されています。

*笑いヨガは身体と心の両方に影響を与えるエクササイズです。身体を使って笑うと心や感情にも肯定的な変化を及ぼします。

Laugh2 <笑いヨガリーダーになる>
笑いヨガリーダーになるためには、ユーモアのセンス等の特別な資格は必要ありません。どなたでも2日間のトレーニングで、楽しく笑いながら笑いヨガについての知識を深めることができます。お仕事やプライベートで自分の周りに笑いをもっと取り入れたい、ただ笑いたいという方も大歓迎です。

笑いヨガリーダーはご自分でクラブを立ち上げたり、老人ホーム・社会福祉施設・学校・コミュニティーセンター・公民館・カルチャーセンターなどで教室を開いたり、ボランティアとしてなど様々な場面で活動しています。

ヨガの先生、カウンセラー、医師、看護師、介護士、教師、企業の人事担当者、などなど様々な専門家の方もラフターヨガを学び、現場で取り入れています。

日時:2012年5月19日(土)~20日(日) 9:30~17:00

会場:東京都江戸川区
    JR総武線「平井駅」
近く
    詳しくはお申込み頂いた方にご案内します。

講師:恵美美紀さん
    Dr.kataria School Of Laughtar Yoga認定ラフターヨガ・テイ-チャー
    ハコミセラピー・トレーニングコース(レベル2)修了

トレーニングで学ぶ内容:ラフターヨガ・ジャパンのページをご覧下さい。

募集人数:20名まで

料金:30,000円 (テキスト、公式認定書代が含まれます)
(リーダー養成講座再受講の方はお問合せ下さい)

お支払方法:銀行振込み

お申込み方法:こちらのお申込みフォームからお願いします。
          フォームがうまく作動しない場合は以下のアドレスにメール下さい。
          alma_sayuri☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて下さい)

ご質問・お問合せ:メールフォームから、またはお電話で 090-6122-2430。

Miki <講師の恵美美紀さんプロフィール>

宮城教育大学卒業。中学校教諭として31年間過ごす。
体調を崩したことをきっかけに約10年前からボディーサイコセラピーを学ぶ。

ラフターヨガ(笑いヨガ)はテレビで映像を見たのをきっかけに興味を持ちイベントに参加、その後週1回のペースで教室に通い始める。

2009年4月リーダー養成講座を受講。同11月、創始者ドクター・カタリアの東京でのティ-チャー養成講座に参加し、宮城県で初めてのティ-チャーとなる。

現在は仙台市を中心として仲間と共に教室講師・出前講座などを行いラフターヨガ(笑いヨガ)の普及をしている。

また教諭を退職した後も「心の教室相談員」「子供と親の相談員」などの相談活動を行い「市の訪問指導員」として 集団になじめない中学生のサポート活動を続けていた。

現在は笑いヨガの普及活動に集中している。

ブログ:「仙台笑いヨガクラブの日記

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

キャンセルについて:開催日3日前より50%、当日のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。権利を他の方に譲ることはできます。
返金はワークショップ終了後に振込み手数料を除いた額をお振込みします。

| | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

今宵のスーパームーン

昨日よりも一層大きくて力強いスーパームーンheart

P50602211

| | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

今日も幸せだった

今日は月に一度の恒例行事。

群馬の母のところへお見舞い。

 
このブログをずっと読んでくれている人には繰り返しになるような内容。

でも、認知症の母に倣って、何度でも書いちゃう。

 
昔の母は、バッチ・フラワーレメディーで言えば、ミムラス(怖がり)で、ウィロー(自分は被害者・自己憐憫)で、レッド・チェストナット(他人に心配のエネルギーを撒き散らす)で、チコリー(条件付きの愛)で私を苦しめた。

けど、2年程前から立派な認知症になり、過去の嫌なこと・つらかったことは全部忘れてしまった。

おまけに将来への不安もない!

究極のクリアリング!?

 
私たちが顔を見せるとひたすら喜んで、そのうち涙目になって、

「みんながよくしてくれるから幸せだな~」

「ありがとねぇ~」と繰り返す。

 
認知症なので言った言葉をすぐに忘れ、

1分もたたないうちにまた感謝の気持ちがこみ上げてきて

「ありがとねぇ~」と言う。

 
こうなると認知症も悪くない。

 
娘の願いは、人生最期のときに「幸せだ、ありがとう」という思いで

心をいっぱいにしてこの世を卒業してもらうことだ。


どうやらその願いは叶いそうな気がする。

 
ま、でも卒業まではまだずいぶん時間がありそうだけど。

認知症と左半身マヒ以外は至って健康そうだから。

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »