« 桜と大根 | トップページ | 『エドワード・バッチ著作集』 »

2012年4月 1日 (日)

クラニオ・バイオを受けてくれた方のフィードバック

今日は、先日「心身に1本芯が通ったよう」とおっしゃってくれた方の2度目のセッション。

施術後クライアントさんは、「今日は前回みたいにぼ~っとはしてなくてスッキリしてるんですけど、目元から上の頭蓋部分がないような感じです」とのこと。

続いて、こんなコメントを頂いた。

「クラニオを受けているうちに、気になっていたことがどうでもいいような気持ちになりました。

うまく表現できないんですけど、過去にあった出来事が写真の絵のように浮かんできて、

全ては終わったことなんだなぁ~という気がして。

今まで自分はそれに悩まされていると思っていたことが、

ああ、あれは全部過去のことなんだぁ~って・・・・」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 
素晴らしいです!

まるでクラニオ・バイオの教科書みたいなコメントです!!

クラニオでは感情的なトラウマも解放されますが、SER(体性感情解放)のように肉体レベルにアクセスして感情解放をしようとすると激しい感情失禁が起こったり、ときには逆に再トラウマ化されてしまう危険性もあるのです。

でも、バイオダイナミクスでもっと深いレベルのリソースにつながることができると、とても自然にふぅ~っとトラウマが解放してしまうことがあるのです。

この方は最初、身体中のあちこちでディス・チャージや自己調整が起こり続け、その後は深い静寂の中で結構長い間休んでいました。

この休息は人の心身にとってとてもとても大切なものです。

その間に心身は新たにエネルギーをチャージして、新たな自分となって蘇ります。

|

« 桜と大根 | トップページ | 『エドワード・バッチ著作集』 »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/44718218

この記事へのトラックバック一覧です: クラニオ・バイオを受けてくれた方のフィードバック:

« 桜と大根 | トップページ | 『エドワード・バッチ著作集』 »