« うるわしの持経観音@普門院 | トップページ | Fire in the bone »

2012年1月23日 (月)

見た目ではわからない

すごく健康そうに見える人でもクラニオ的に触れてみるとポーテンシーがちっとも感じられないことがある。

逆に、すごく重い病気を持っていても結構力強いポーテンシーを感じることもある。

見た目ではわからないなぁ・・・

 
私に力強いポーテンシーを見せてくれるとき、その人はこの人生でどんなことがしたいのだろうかと思う。

どんなことがって言っても表面的なことではなく、魂は何をしたいのか、どうなりたいのか、ということ。

『秘教治療』の中の言葉、「治療家の技術は魂を解き放つことにある」に強く共鳴する者として思うわけです・・・。

|

« うるわしの持経観音@普門院 | トップページ | Fire in the bone »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/43848359

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目ではわからない:

« うるわしの持経観音@普門院 | トップページ | Fire in the bone »