« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月23日 (土)

向谷地さんに会いにいく

Sn3f02870001 昨夜はくりのみ会の「道元とカウンセリング」の会がある日でしたが、それをサボって(Sさん、ゴメンナサイhappy02)、ちょっと足を伸ばして戸塚にある浄土真宗のお寺・善了寺に行ってきました。

目的は、かの有名な「べてるの家」の向谷地良生さんと環境活動家の辻信一さんのトークライブを聴くためでした。

Sn3f02880001

戸塚駅から数分のところにある善了寺は、外観はなんだか教会みたいな建物でした。

でも、建物の左脇には親鸞聖人の銅像があって、その奥の方にはお墓があるし、建物の後ろには大きな木々が生い茂っていて、独特の雰囲気がありました。

お寺は昔は地域のコミュニティー・センターだった。

だから昔のようにこの場所を多くの人が交流する場として活用してもらいたい、とご住職はおっしゃられていました。

最近、気のせいかもしれないけれど、こういう画期的な活動をしているのは浄土真宗のお寺に多い気がします。・・・単に私の目にとまるだけかなぁ?

 
さて、生の向谷地さんにお会いできて光栄でした。

・・・とか言って、私はただ黙ってトークを聴いていただけで、ごあいさつも何にもしてはこなかったのですが。

私って妙にシャイなので、こういうときに「ずっとファンでした」とか言って話しかけられないんです。

何を話していいのか全くわからない。

 
でも、とにかく、生の向谷地さんと同じ空間にいることで、何かエネルギー的な共鳴を起こしたいというか、ご縁をつなぎたい思いで、食い入るようにお話に聞き入りました。

べてるの家は本当にすごいと思うのです。

 
べてるの理念。

それを現実化させる力。

そして限りないユーモアのセンス。

 
私もそのエッセンスをいただきたい!

 
単なる「向谷地LOVE」ではなくて、べてるのような場を自分の地域で作らなければならないと思います。

 
先日、新小岩のお伽草子のママから、べてるの家のような場を江戸川区に作りたいと言って活動している人がいると教えてもらいました。

ときどきお伽草子にも遊びに来る、ママのお友達とのことで、名刺も見せてもらいました。

既に精神障害者のためのグループホームや作業所を作って活動をしていらっしゃる。

 
私もその人に会いたい!

・・・とは思うのだけど、会ってどうするんだ?と二の足を踏んでる自分がいて。。。

だって、今、この状況で3つ目の仕事を持つのは難しいし、ただ話だけ聴いてお茶を濁してもなぁ~・・・、と。

だけど、やっぱり私はそっちの方向で何かを展開していきたいな~と思う。

少しずつ、少しずつ。

 
ちなみに、素晴らしい「べてるの理念」をここに転載します。

・三度の飯よりミーティング

・安心してサボれる職場づくり

・自分でつけよう自分の病気

・手を動かすより口を動かせ

・偏見差別大歓迎

・幻聴から幻聴さんへ

・場の力を信じる

・弱さを絆に

・べてるに染まれば商売繁盛

・弱さの情報公開

・公私混同大歓迎

・べてるに来れば病気が出る

・利益のないところを大切に

・勝手に治すな自分の病気

・そのまんまがいいみたい

・昇る人生から降りる人生へ

・苦労を取り戻す

・それで順調

さて、あなたにはどの言葉が一番響いたでしょうか?

| | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

「おかえり」

一昨日の午後3時、グループホームに出勤すると、その日作業所をさぼってホームで休養してた利用者さんに「おかえり」と声をかけられた。

反射的に「ただいま」と言ってはみたものの、あれっ?、違うでしょ?・・・と思い、言い直そうとしたけど、まあいいかと思って途中で言葉を引っ込めた。

考えてみればその前日もホームで一緒に過ごしてるし、彼らからしたら「おかえり」という言葉が一番しっくりくるはず。

私もこの仕事を始めた時に「家庭を2つ持つようなものだ」と思ったけど、この日の「おかえり」という言葉でなんだか妙な実感を持った。

 
後から考えたら、その言葉をかけてきた利用者さんは普段ろくに挨拶などしない人だった。

ホームの中では一番自立度が高いが、知的障害というよりも性格に問題があって、気まぐれ・自己中、すぐキレる、そしてすぐに作業所をサボる、という問題児。(いや、50歳代だけど)

ホームの責任者もお手上げで、「彼のことは放っておけばいいですから」という。

能力が高いがゆえに、作業所の単純作業や小学生みたいなイベントはバカらしくて付き合っていられないんだろうと思う。

だけど、協調性ゼロなので一般企業では働けないような感じだ。

その日、作業所をサボったのも、前日に夜遊びに行ってそのまま朝帰りとなり、疲れて出勤できなかったというわけだ。

やれやれなんだけど、彼の幸せのためには私たちには何ができるのかって考える。

厳しく管理すること?

???

 
でも、そんな彼が最近とても穏やかになってきたと思う。

顔もいい男になってきたぞ(気のせいか?)

 
そんな彼の何気ない「おかえり」に私はとても心が温かくなった。

house

| | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

完済

本日、我が家houseの住宅ローンを完済しました。

 
思えば1998年に初めて見に行ったモデルルームに一目惚れし、そのまま購入に踏み切って早13年。

35年ローン。

完済時の私の年齢72歳。夫74歳。

購入契約と同時に夫のうつ病が発覚し、この先どうなることやらとかなり苦しい時期を乗り越え、その後は私が脱サラし、逆に夫が自分の会社を畳んでサラリーマンになるなどと紆余曲折の人生を送りながらも、時期を見ては繰上げ返済を繰り返し、13年目にして晴れてローン完済、マンションはやっと自分たちのものになりましたfuji

 
この、人生最大の買い物から学んだもの。

それは、私は「貧乏な弱者」という思い込みがあって、こんな大きな買い物できるはずないという思い込みがあったので、その思い込みを払しょくすることができたこと。

私にもできるんだ(買えるんだ)、という自信になった。

リスクを冒す勇気を試せた。

マンション購入のことを親に話したら心配性の母親は「なんて無謀なことをするんだ」とさらに心配し非難するだろうと思っていたのに、単純に喜んでくれた。(母にとっては不動産という安定したものを手に入れることは良いことだったのだ)

みんなこの購入のことを「無謀だ」と言って止めると思っていたのに、相談した人全員が喜んでくれた。

「無謀だ」というのは私の内なる声だったんだ・・・。

 
契約と同時に夫がうつになり、ローンが払えるのかわからなくなった。

そして考えに考えて、払えなければ手放せばいいのだと、物とお金の価値を相対化することができ、執着を手放せた。

 
夫のうつと同時に住み始めたマンションで、夫のうつがきっかけで勉強し始めた心と身体のセラピーの仕事をさせて頂いている。

これは自分の大いなる計画の一部だったのだろう、と思うのだった。。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

でも、完済したとたんに地震とかで住めなくなることだってある。

だけどそういうときはチベット仏教の「砂曼荼羅」を思えばいいのです。

チベット仏教の僧侶は砂を使ってものすごい集中力でとても緻密で美しい曼荼羅図を作り上げ、完成したらすぐに掃き捨てて無に帰してしまうのです。

形あるものはいつかは滅びる。

執着を手放すのです。。。

clover

| | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

初スカイプ

我が家にもやっとスカイプをインストールしました。

昨日、はじめてスカイプを使っての会議(ミーティング)に出席。

非公開のYou Tubeに映像をアップし、それを見ながら全国から集った参加者とディスカッションです。

すごい時代ですね~!

・・・って言ったら、参加者の一人から「普通よ」と言われました(^_^;)

 
会社勤めしてた頃、急速にテレビ会議が普及して頻繁に米国本社とのミーティングに明け暮れる上司を見て、すごいなぁと思ったけど、それが今は家庭にいながらできちゃうんだ・・・。

 
せっかくなので、スカイプでのカウンセリングも始めようと思います。

これからホームページの変更作業に入ります。

 
ところでグループホームの仕事環境は本部の事務職さん用以外はPCもなく、みなさんメールもやらないという前時代的なもの。

同じ3次元空間に住んでいても実際は異次元に住んでいるようなものです。。。

| | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

エソテリックヒーリング

昨日、ふじ治療院でエソテリック・ヒーリングのセッションを受けた。

エソテリック・ヒーリングとはチベットのジュアルクール大師から神智学協会のアリス・ベイリー 女史へ伝えられた内容を受け継いだエネルギー・ヒーリングのこと。

私はあまりスピリチュアル寄りなものは好まないのだけど、これはバイオダイナミクスの教師のDr. トム・シェイヴァーのトレーニングを受けた藤村先生によるセッションなので、信用できるだろうと思って受けた。

ただ、私は身体に触れてもらいたい人間なので、全く身体に触れずに行うヒーリングにはあまり興味を持てなかったし、自分で勉強したとしてもなんだか出来るようになれる気がしなかったので、これまでこれには手をつけなかった。

でも、最近このエソテリック・ヒーリングも勉強してみたくなった。

ヒーリングが出来るようになるためよりも、アリス・ベイリーの教えをトムの説明を通して知りたいと思うようになったからだ。

アリスの本はたくさん出版されているけれど、とにかく難解なので私にはお手上げなのだ。

それに、身体が変わるというよりも「人間そのものが変わる」というヒーリングにはやはり興味がある。

今年の7月にトムのエソテリックのセミナーが予定されていて出席する気満々だったのに中止になってしまったため、まずは実際にセッションを受けてみようと思ったのだった。

 
いつも前置きが長い(^_^;)

で、セッションだが、約1時間私は椅子に座っている。

先生は私から1メートルくらい(?)離れたところから手をかざしている。

受け手が何かを意識すると、それによってプロセスが限定されてしまうということなので、あまり集中せず、ただぼんやりとしていた。

時々身体が部分的に、あるいは全体的に膨らんだように感じたり、上に伸びたように感じたり、温かくなったように感じたり・・・。

セッションが終わった後の話では、どうやら喉のチャクラでプロセスが始まり、それと対になっている第2チャクラでもプロセスが起こっていたようだ、と。

それは肉体に近いレベルではなくもっと精妙なレベルでの作業で、最後は全体性みたいな中でくつろいでいた、らしい。。。

自分ではよくわからなかったけど、しばらく経ってから喉と腰仙関節の辺りがすごく開いている感じがしてきた。

「これからまた必要な人との出会いとかあると思いますよ」みたいなことを言われ、これからどんなことが起こるのか楽しみに思いながら帰った。

家に帰るとなんだか身体がだるくて、しばらく横になる。

 

さて、今日。

2年前にケンカ別れした友達と偶然会った。

どうしてるかな~と気になってた人だ。

元気そうだった。

しばらく立ち話をした。

結局、ケンカの原因となったような考え方の違いは今もお互い変わらず。

以前のように仲良しのふりをすることはできない。

でも、緊張しながらも楽しく(少なくとも私は)語り合った。

 
この偶然の出会いも、ヒーリングと何か関係があるのだろうか?

盟友になれそうなのに、宿敵みたいな人。

不思議だな・・・ 

| | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

地デジ化やっと完了

今日は我が家の地デジ化記念日sign01

・・・えっ、今頃?って感じですが。

我が家のバカデカ液晶TVに地デジ・チューナーを接続しただけ。

自分の欲望ではなく、よそからの事情で変化を強いられるのはとっても困る。

すごく、渋々、やっと対処したって感じです。

ま、これでひとつ気がかりが減ってほっとしました。

 sun sun sun

| | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

ゴーヤのお花

P7070170

5月に植えたゴーヤ、今朝はじめてお花が咲きました。

 
でも、ゴーヤはぐんぐん上へ伸びる性質(能力)があるのに、

うちはたかが120cm程度のベランダの手すり沿いに這わせているので

早くも行き場を見失っているような気がします。

 
ちょっと可哀そうだったかな~・・・

| | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

暑い夏を楽しむ♪

いよいよ7月に入り、節電の夏も本格化。

エアコンを使うことに罪悪感を感じ、来客時以外は今のところエアコンを使わずに過ごしている。

うちは7階の角部屋なので、家中の窓を開け放てばかなり風が通る。

解放感溢れる部屋で過ごす夏は結構楽しい。

 
昨日の昼時には、ふと思いついて

ベランダに打ち水をしてみた。

 
見た目がとにかく涼やかになるし、部屋に吹き込む風も

少し涼しい気がする。

 
すぐに乾いてしまうけど、そしたらまた撒けばいい。

どうしていままで思いつかなかったのだろう?と不思議な感じ。

 
6月の電気代を去年の同じ月と比べるとなんと26%も安かった。

検針日のずれのせいもあるかもしれないけど、意識すると変化はすごいんだと実感。

結果が出るとますますやる気になっちゃうな。 

 
暑い中で冷たい麦茶飲んだり、冷やし中華食べたり、アイス食べたり。

子供の頃の夏休みを思い出す。

 
それと、湯上り無撚糸ラップがこの夏のお気に入り。

朝、公園で太極拳した後は汗ダラダラになるので、

家に帰ってシャワーを浴びて、その後このラップを着る。

来客の予定がなければ、これを着たまま数時間過ごしたりする。

これでお料理したり食事したり、PCやったり。

 
汗をかいたらそのままふいちゃえばいいし。

 
優雅な生活ですね(いや、自堕落かも・・・?)。

勤勉なお勤めしてる方々、ごめんなさいm(__)m

 

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »