« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

お別れ

3月25日、義父が亡くなった。

葬儀は自宅で、近しい親族のみで家族葬にて執り行った。

義父は生前、自分が亡くなったら絶対に葬儀屋を頼むなと言っていたけれど

さすがに葬儀屋さんには依頼した。

でも戒名は故人が自分で決めており、義父母はある宗教を信仰していて

読経も自分達でするので、かなりシンプルな葬儀だった。

結構ゆっくりとした、いいお別れができたのではないかと思う。

 
約1年の闘病期間があったので、家族の覚悟もできており

遺体が横たわる部屋の隣では普通にテレビを見たり

すき焼き焼いたり、まるでお正月のようなにぎわいだったり。

 
そして、最後のお別れで棺にお花を手向けるときにはみんながさめざめと泣いている。

 

私は葬儀に参列するのは10年以上ぶりのような気がするが

その間に自分の死生観がすごく変わったので

今回は随分と違った心境でときを過ごした。
 
そして刻々と変わる自分の気持ちを

ずっとトラッキングしている別の自分がいた。

 
訃報を受けた時も夫の実家に帰る電車の中でも悲しい気持ちは全然起こらなかった。

それは故人とあまり心の交流がなかったせいだ。

義父はかなり変わった人物で、人を寄せ付けない。

身内の中でただ一人悲しめない自分に引け目を感じた。

 
だけど不思議。

実家まであと数百メールという距離になったとき、急に胸がキューと締め付けられた。

そして遺体と対面すると自然に涙が流れた。

この涙はなんなんだろう?と思う。

感情的な悲しみとは別次元からやってくる自然作用だ。

 
そして、実家のみんなのしめやかな空気に胸がつまる。

 
この涙は、無理に言葉にするなら、故人の80年という人生が今完了したことに対する畏敬と、故人と長年暮らしてきた人たちの悲しみの波動みたいなものに感応している感じ。

でもしばらくすると涙はケロリとおさまる。

この涙を通して、この場にいる人たちとエネルギーが同調したように思う。

 
今時のお葬式や火葬場って、昔みたいな陰湿さがなく、妙に美しい。

以前はそれが死という暗黒を隠ぺいしているみたいで嫌だった。

でも、今は、葬儀とは、あの世へのお誕生会と思っていいんだという気持ちなので、新しい世界への旅立ちには美しいお花に囲まれて美しい施設で灰になるのはいいことだな~と思った。

驚いたのは霊前にお供えしてある花がずいぶんと色とりどりだったことだ。

黄色のユリやピンクのカーネーションや豪華なカトレア。

昔とは随分変わったものだ。

 
義父はかなりの読書家で、義父の部屋は書籍でいっぱい。

義母は、読みたい本があればどんどん持って帰って、と言うので、義父の書棚を探索する。

私には難しすぎる本がほとんどなのだけど、結構今時の本なども読んでいることに驚いた。

私の目に入ってきたのは『あの世の話』(佐藤愛子&江原啓之)や『臨死体験』(立花隆)。

ああ、こんなのを読むってことは、義父は死んだら無になるとは思っていなかったんだろうと思って、ちょっとほっとした。

 
P.S.葬儀の日の朝は計画停電が予定されてたので、当日の朝食はご飯を炊かずパンで済ませることにしていた。

葬儀の霊前を見ると、そこにはよくある山盛りのご飯に箸を立てたのではなくて、パン(ジャガバタ・フランスとチョココロネ)がお供えしてあった。

掟破りのシナダ家らしいなと思って、笑えた。

| | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

春分の日に

今日は春分。

昼と夜の長さが同じ日。

そして、真西に沈む太陽の方向に、極楽浄土がある・・・

 
バイオダイナミクスのDr.ジェラスは人間にとって一番大切なのはリセットすることだとおっしゃった。

地球も今、いろいろなことをリセットしようとしている。

今回のリセットは人間にとってはあまりにも大きな規模なので痛みも伴う。

でも、絶対にこれで以前よりも健全な方向に向かうと思う。いろんなことが・・・

 
あまりに大きな事態を前にして、ブログに書く言葉も見つからなかった。

刻々と事態が変わり、自分の中にもいろんな感情がわきあがった。

 

でも、意外と冷めた目で見ていたかもしれない。

被災地に飛んで行って手助けしたい!というような衝動は起こらない。

そんな自分に罪悪感を抱いたりもする。

 
そして、あんなに甚大な被害が出ているのに

自分だけはほとんど影響がないということが不思議でならない。

 
心が不安定なときは、何度も般若心経を唱えた。

全ては無であり、空なんだよねって思うと、

今起こっていることもいいでもなく悪いでもなく、

ただ必要があるから起こっている

 
と、思える。

 
そんなこと思ってる割には、14日(月)にスーパーやドラッグストアの空っぽの商品棚を見ると異様に不安や焦燥に駆られる矮小な自分がいた。

 
ところで、大震災の起こる数日前に、友人の訃報を受けた。

生きているのが不思議なくらい体調の悪い子だったので、訃報を受けても「そうか~、残念だな~、もっともっといっぱい話したかったのに」と思っただけだった。

悲しみはまったくわいてこなかった。

そして、「よくぞここまで生き切ったね、お疲れまさ」という思いしかなかった。

もう2ヶ月も前に亡くなっていたらしい。

彼女が亡くなった実感をつかむのも大変なので、なんとなく、E. キューブラ・ロスの『死後の真実』と『人生は廻る輪のように』を再読して彼女の死とつきあった。

それらの本の中で、キューブラ・ロスは「死はない」と断言している。

死とはサナギが蝶になるようなものだと。

そして、亡くなる瞬間は苦しくはなく、必ず先に亡くなった家族や守護天使などが迎えに来てくれて、圧倒的な愛の光に包まれるという。

そのイメージがかなり心身に馴染んだところでの震災のニュースだったので、そんなイメージを持ちながらニュース映像を見ていた。

そして亡くなった友人は今頃空からこの光景を見てるのかな~、どんな気持ちで見てるかな~などと思っていた。

大切なご家族や友人を失くされた方々の悲しみを思うと、今の時期にこんなことを書くこと自体とても不謹慎な気がする。

 
でも、私の心の真実は、こんな感じなのだ。

 
そして、今日は義父の容態がよくないということで、夫は群馬の病院に会いに行っている。

 
いのちって不思議だ。

生死一如。

| | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

スローフラメンコ・ワークショップ中止のお知らせ

今日は残念なお知らせです。

昨夜講師の真紀さんからメールが入り、
今回の東日本大震災の影響で予約していた飛行機が欠航となり
今回は帰国を見合わせられることになりました。

それに伴い、4月2日に予定していたスローフラメンコ・ワークショップは
大変申し訳ありませんが中止とさせていただきます

現在日本は未曽有の危機に直面していますが
今こそ、みんなで心をつないで、助け合って、この難局を乗り越えていきましょう。

私たちにはそれができると思います。

また全てが落ち着いてから、改めてお会いしましょう。

 

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

フラメンコが生まれた南スペインの町ヘレスでは、
人が集い、興が乗れば、手をたたき、歌が始まります。
踊り出す人あり、かけ声で参加する人あり。

フラメンコのリズムの輪の中でつながって、
人と心の「わ」(和・輪・環・話・○・円)が出来上がる。

人とのつながりを大切にして楽しむフラメンコ、

それを名付けて「スローフラメンコ」と呼びます!

フラメンコを知る人も知らない人も大歓迎!!
一緒に手をたたいて、リズムで遊んでスローフラメンコの輪に入ってみませんか?

講師: 飯塚真紀(フラメンコ舞踏家)&ニコラ・パトリス(ギタリスト)

日時: 2011年4月2日(土)中止!
          13:00~15:00 ワークショップ
          15:00~17:00 懇親会

場所: グリーンパレス集会室301 (江戸川区松島1丁目38番1号)
      JR総武線新小岩駅南口より徒歩20分またはバス5分
                  バス停「江戸川区役所前」より徒歩2分

内容:

手拍子でフラメンコの基本的なリズムの輪を作ったり、ハレオと呼ばれる掛け声を練習したり、ごくごく簡単な踊りの振りを教わったりしながら、みんなの輪の中で参加者全員が「ありのままの自分」を表現して楽しみます♪

懇親会では真紀さんとニコラのスペインでの生活についてのお話をお聴きしたり、参加者同士自由に歓談しましょう♪
興が乗れば、ワークショップで覚えた振りで踊りなおしたり、カンテ(フラメンコの歌)やその他各自のかくし芸の披露なども大歓迎です。簡単なおつまみとドリンクつきです!

参加費:<ワークショップ>=大人 3,000円、中高生及び60歳以上 2,000円
                                     小学生以下無料
      <懇親会>=1,000円 (小学生以下無料)

持ち物: 動きやすい服装と飲み物。

お申込み:お申込みフォーム または Tel. 090-6122-2430

去年のワークショップの様子はこちらでどうぞ。

Maki_photo_2 飯塚真紀さんプロフィール
1969年茨城県生まれ。武蔵野美術大学在学中にフラメンコを始める。
1995年より6年間スペインにてフラメンコ留学、数々のアーティストに 学ぶ。
1998年度日本フラメンコ協会主催新人公演にて特別奨励賞を受賞。
1999年度スペイン政府給費留学生。
2000年夏に帰国し初リサイタルを東京 大阪他、各地で公演する。 2001年8月マドリードにて「日本からヘレスへ」 と題したリサイタルを行うなど、舞台活動多数。

その後、本当のフラメンコは街中に住む「普通の人たち」の中にあると気づき、 2005年、一旦舞台上の踊り手としての活動を休止。自分自身のフラメンコの世界を求めつつ、同時に スロービジネススクールにて「いのちを大切にするしごと」を学び始める。
現在は南スペインの町ヘレスにフランス人のご主人と暮らしながら、畑を耕し、パンを焼き、地域の仲間と地域通貨を立ち上げ、エコロジーについて考えるとともに、自身のフラメンコを
「スローフラメンコ」と名づけ展開中。

Jスパ連載エッセイ 気がつけばいつも青空
ヘレスで暮らす人々 インタビュー記事
Mixi スローフラメンコ・コミュ
過去のスローフラメンコ・ワークッショップの感想が書かれたブログ

| | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

大地震の午後

食器棚の辺りから微かな「カタカタ・・・」という音が聞こえた。

「?、何だろう??」と思ってキッチンに行くと、段々身体に揺れが感じられ始めた。

こんなところにいる場合じゃないと思い、リビングのソファー脇に身を縮める。

 
次第に強まる揺れ。

どこかで何かが崩れ落ちる音。

ただ事ではない。

ついに来たの???????

 
食器棚は今にも倒れそうな勢い。

壁からカレンダーやDVDなどが落ちてくる。

 
長い。

とにかく長い。

いったいいつまで続くのぉ~~~!

 
つい2か月前、グループホームの防災訓練で震度7の地震シミュレーションを体験していた私。

それに比べれば何のこれくらい!と踏ん張る。。。

 

そのときの重要事項、「地震だ!」と思ったら、

1.に身体の安全確保(机等の下に身を隠す・決してすぐ外に飛び出さない)

2.に火を消し、元栓を閉める

3.に出口確保

を思い出し、その通りに行動してみる。

すごいぞ、防災訓練。

 
出口確保しようとして玄関を開けたら、玄関先の棚に飾ってあった2つの植木鉢が見事に粉々。。。

110311_163201 あ~あ~・・・と思い、書斎を覗くと、

安物の本棚がみごと崩壊!

夫の自慢のコレクションやら何やらたくさん床に落ちて大変な状態。

 
とにかく災害情報を得ようとTVをつけると、14:46に仙台で大地震があったと報じている。

え??

今のとは別の地震があったの???

たった今起こった地震なのに、ニュースではもう何分も前から報道しているみたいな感じ。

私は東京地方の地震のことを知りたいんだけど・・・、と思った。

でも、どうやら同じ地震ぽいぞ・・・ 

仙台のがここまで伝わってくるまでに時間がかかったってこと?

だとしたら、とんでもない大地震なんだ・・・。

・・・と少しずつ事の重大さに気付く。

  
2度目の大揺れの時、押し入れで寝ていたネコがやっと起きてきた。

そして、パニックに陥って、悲痛な雄たけびを上げている。

その上、ゲロゲロ吐き出した。。。

 

夫にメールする。

メールは届くんだろうか?

 
福井の友達からメールが入る。

メールは割と届くみたい。

 
この際だから、災害用伝言版を使ってみる。

なるほど、簡単に使えることを確認。

今度、いざというときにはぜひ利用しよう。

 
夫と電話も通じる。

コレクションの安否を気にしている・・・

まあ、電話で話せるということはお互いの安否は確認できてるのだから

コレクションの心配しても構わないよ。。。

 
東京の西部地域にお勤めしている夫は

電車の復旧の目処が立たないから、今夜は会社に泊まるとのことだ。

 

はぁ~、やれやれ、この地震、あまりに被害地域が広すぎて

いったいどんなことになってしまうんだろう。

 
そして、私にできることはなんだろう?

とりあえず、災害用伝言版はこちらから↓アクセスできます。

docomo

http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

au

http://dengon.ezweb.ne.jp/ 

●ソフトバンク 

http://dengon.softbank.ne.jp/J 

PCからはどのURLでもOKのようです。

ただ、iPhoneからは相手の安否情報が見られますが、

自分の安否情報が登録できません。

念のため、代替手段としてGoogleの安否情報サービス

http://japan.person-finder.appspot.com/

をご案内しておきます。(画面が英語です)

電話が通じる方はNTTの災害時伝言ダイヤル「171」を。

災害時の伝言ダイヤル「171」の利用は非常にシンプル。

伝言の録音

伝言の再生

伝言の録音(暗証番号あり)

伝言の再生(暗証番号あり)

171」をコールしたら音声ガイダンスにしたがってモードを選び、

自宅の電話番号(もしくは安否を確認したい相手の電話番号)を入力し、

伝言の録音・再生をするという流れです。

みなさまが無事にご家族と連絡がとれますように。

 

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »