« 12月1日京橋クラニオ・セッション | トップページ | 愛と癒しのコミュニオン »

2010年11月17日 (水)

お腹も心もあったまる"ほっとマンマ"

満開のアメジスト・セージに誘われて、すごく久しぶりにコミュニティー・レストラン"ほっとマンマ"にお邪魔してみました。

Pb160170

店内は、丸みのある壁面に自然な木の材質のテーブル、窓の外にはグリーンが見えて、本当にほ~っとする空間で、「あ~もっと頻繁に来ればよかったぁ」と心から思いました。

Pb160173  Pb160171

(最近の私にとっては外食ランチは結構贅沢なので自粛していたのだけど、今回、他人様のお食事を作る副業を始めたため、「勉強」という名目で自分にお外ランチを許可した次第。)

 
ほっとマンマのメニューはシンプルで、常にお肉、お魚、のっけ丼の3種類が週替わりで提供される。それにランチはデザートとコーヒーがついて890円。(のっけ丼はもう少し安い)

Pb160174今回私が選んだ定食は、鳥からあげのみぞれ煮、ひじきのゴマ風味、パスタサラダにお味噌汁。

すごくよくある献立。

でも、人の温もりのするごはんって本当にうれしい。

ある人は「外食とはそれを作った人のエネルギーをいただくことである」と言ってるけど、私もそう思う。

作り手の生き方自体が料理に表現されているんだよね。

 
最近の私は、「地域とつながりたい」、「温かい心でつながりたい」と思っているので、このお店で働きたいと思った。

いいな~、こういうの。

楽しそう。

人の顔が見えて。

 
なんか、生き方としてほっとする。

久々にお店に入ったら、ここのお食事を提供しているのはNPO法人ACT江戸川たすけあいワーカーズももという団体だということが判明。

地域の中の小さな「困った」を助け合うお仕事をこんな風にしている人達がいるんだな~と、新しい世界に開眼、です。

ここでも働いてみたい、と思う。

こういう、小さな生き方が今の私にはとても心地いい。

 

まぁ、とりあえず、自分の持ち場で出来ることを心を込めて行いたいと思います。

私のパート先では、大変、大変僭越ですが、佐藤初女さんを目指したいと思います。

心に傷を負った人たちが、初女さんのおにぎりを食べるだけで元気になってしまうという究極のヒーリング。

 
セラピールームという箱の中だけでは人の癒しと成長には限界がある、とは自分でも思っていたけど、クライアントではなく自分が箱から飛び出すことになるとは、予想外でした。。。

 
あれ?これはほっとマンマを紹介するつもりで書いていたんだった。

お店の情報は以下の通りです。

ランチ・タイムは区役所職員さん等でいつも満員なので、少し時間をずらすか、空席があるか電話で確認してから出かけるといいみたいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コミュニティレストラン「ほっとマンマ」

   江戸川区中央2-4-18 ほっと館 1F

   TEL03-3652-7212

       営業時間 ランチタイム    11:30~14:00

               ディナータイム 17:00~21:00

        定休日 土、日曜日、祝日

|

« 12月1日京橋クラニオ・セッション | トップページ | 愛と癒しのコミュニオン »

10. 江戸川日和&新小岩生活」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/37704621

この記事へのトラックバック一覧です: お腹も心もあったまる"ほっとマンマ":

« 12月1日京橋クラニオ・セッション | トップページ | 愛と癒しのコミュニオン »