« 朝から釜めし | トップページ | 脱皮完了 »

2010年8月 8日 (日)

伊豆稲取・真夏の夜のDinner

くりのみ会ワークショップ、2日目の夜は今回のメインの出し物、フランス料理のフルコース・ディナーでした。

伊澤シェフは1日目、到着した直後から料理の準備に余念がない。

当日の朝は4時頃から起きて台所でガサゴソやってます。

プロではないシェフは、10人分の料理なんて作ったことがないから感覚が解らないし、台所も他人の家なので勝手がわからず大変だとのことで、だいぶ苦労なさったようでしたが、出てきたお料理は素晴らしいの一言につきる、絶品料理の数々でした。

Soup (1)じゃがいもの冷製スープ

もう、一口目から「おいし~~~~」と

歓声が上がってます。

だいたい、ランチョンマットまで用意して

本格的過ぎるよね~~~。

飲み物は、スズキさんが先月旅行されたドイツからのドイツ・ワイン。

(私は下戸なので、一人、爽健美茶。)

 
定年退職後の趣味として始めた手料理だそうで、特にどこかで習ったわけではなく、だいたいはインターネットで調べて作ってしまうんだそうです。

趣味もこのくらいまで極められるとスゴイな~と感動します。

こんなダンナ様が欲しい~~~。

 
そして、なんと1日目の落語家・翁屋小三馬さんと伊澤シェフは同一人物なのだ。

多芸過ぎます・・・。

 
読者の皆様は、ぜひ、目でこの手料理を味わって下さいませ。

(2)真鯛のカルパッチョとグリーンサラダドレッシング和え

Karupacho_2

(3)生ハムと夏野菜ソテー グリーンソース添え

Namahamu

(4)伊豆稲取金目鯛のポワレと夏かぶレモンバターソース添え

Taipoware

(5)手羽の赤ワイントマト田舎風煮込み

Main

(6)レモンシャーベットとブルーベリームース

Desert      

|

« 朝から釜めし | トップページ | 脱皮完了 »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/36080558

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆稲取・真夏の夜のDinner:

« 朝から釜めし | トップページ | 脱皮完了 »