« 寒川神社 | トップページ | ヨガのシャバアサナ(死体のポーズ)とクラニオ »

2010年7月 3日 (土)

うつほ

セミナー3日目、EV4によって部屋全体がダイナミック・スティルネスに入ってしまったとき(自分ではわからないけど)、突然左耳からある音楽が聞こえて来た。

それは私の知っている曲で、だれかが部屋の隅の方でCDを流してるのかな?と思ったほどはっきりと、それは聞こえた。

でも、CDを流してるわけもないので、たぶん自分の中から聞こえてきたんだろうな~と思う。

でも、その音はその場にものすごく調和していた。

その音楽は長屋和哉の「うつほ」というCDの冒頭の「吉野」という曲。

ガイヤシンフォニー第4番でも使われている。

 
前日に、リキッド・ライトの質感についての説明の後に「匂いもあるんじゃないか」との質問に「そういうこともあるだろう」というような答えがあり、「だったら音だってあるだろう」と私は思った。

 
そういう私が聞いたD/Sの音だ・・・・

 
トムに「D/Sのときに音楽が聞こえました。知っている曲で、でもそれは普通の音楽になる前の音楽、みたいな曲で、チベタン・ベルみたいな感じの音だったけど、それっていったい何でしょう(私の妄想)?」と聞いてみた。

トムは、「僕が君の後ろでベルを鳴らしてたんだよ」と答え、

「だからね、セッションを演出している者がいるんだよ・・・・」と。。。

|

« 寒川神社 | トップページ | ヨガのシャバアサナ(死体のポーズ)とクラニオ »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/35604084

この記事へのトラックバック一覧です: うつほ:

« 寒川神社 | トップページ | ヨガのシャバアサナ(死体のポーズ)とクラニオ »