« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

スローフラメンコ・ワークショップ終了しました

5月29日(土)スローフラメンコ・ワークショップin新小岩、無事終了しました。

201005291432241

参加して下さったみなさん、真紀さん、ニコラ、他ギタリストさんたち、
本当にありがとうございました!

201005291432243 ワークショップを企画した際には参加者が集まるかとても心配だったのですが、蓋を開けてみればなんと満員の20名!プラスお子さん4人、真紀さんらと私を含めると29人の大所帯となり、大盛況の会となりました。

参加者の内訳は約半数が地元の人、そして遠くは都外から、年齢層は1歳から82歳!

母・娘・孫、3代そろって参加されたご家族もあります。

フラメンコ経験者から全くの未経験者まで、みんながそれぞれの存在の光を放ち、溢れるフラメンコのリズムの中で楽しんで頂けたのではないかと思います。

「激しい運動はしないので普段着で大丈夫です」なんてお伝えしましたが、みんなの熱気でかなり暑くなりましたねcoldsweats01

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

201005291432247_2  真紀さんがフラメンコを通して伝えようとしていることは、常に自分を愛で満たし、愛でいっぱいになったコップから溢れるものを全て他の人に回しましょう!ということ。

そして、相手から送られた愛や賞賛は遠慮せずに全て受け取りましょう!と。

そうやって愛のエネルギーを循環させていくこと、これがフラメンコのリズム、
"コンパス"なんです。

それを「オレ~」というハレオ(掛け声)に乗せて表現する練習をしたりしました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 
201005291432242そして、喜びや楽しい気持ちと同時に、自分の中にある痛みや悲しみさえも、まるごと全て吐き出して、人と痛みさえも共有しながら生きていこうよ!と投げかけます。

 
真紀さんが、フラメンコの「シギリージャ」という曲の出だしで、痛みを表す「アイ~~~~」という唸り声(というか叫び声)を、「こんな風にやるんです」と言って歌ってくれたのですが、真紀さんの弾丸ライナーは今回も私の心臓を直撃!

その「アイ~~~」の一声で涙がポロポロとこぼれました。

なんというか、真紀さんのやることは私の予想を遥かに上回るレベルなのです。

どうしたらここまで裸になれるのか。

自分を曝け出せるのか・・・

その後、みんなで「アイ~~~」を練習しました。

(「また変なことやるの?」って思われた人もいるでしょう。)

自分の中にある痛み・悲しみ・怒りなどを全て集めて、全身全霊を込めて「アイ~~~」と叫びます。

そのときに、一番上手に出来たのは、1歳の赤ちゃんでした!

みんなの声に驚いて「ビエ~~~~!」と泣き出したその声は、まさに全身全霊。

 
その後は赤ちゃんを見習って、なお一層、力いっぱい「アイ~~~~!」と唸りました。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

201005291432244_2そして最後は、童謡「ぞうさん」をブレリアのリズムに乗せて歌いながらの踊りです。

もう、ホントに1歳の赤ちゃんから、大人も子供も思いっきり踊りましたよ~~~♪

 


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 
真紀さんは舞台を降りて久しいけれど、彼女の中のフラメンコ性はますます深みと幅を増しているのを感じました。

「私がフラメンコをする」ではなくて

「私はフラメンコです」になり

だんだん、主語の「私」は脱落してなくなっていく。。。

 
 
真紀さんと知り合えて本当に幸せだな~と思いました。

そして、私は素晴らしい人達との出会いをたくさん持っているということに改めて気づきました。

 
私が知ってる「素敵なもの」を、少しでもお裾分けできたらいいなと思ってます。

そして、大盛況に気を良くし、来年真紀さんが帰国した際にはぜひまたスロフラ・ワークショップ開きたいと思いました。

みなさん、また来て下さいねheart01

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

土曜日はスローフラメンコです♪

お陰様で満員です!

キャンセルが出たらお知らせします。(5/28午前9時現在)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

クラニオ体験会が終わったと思ったら、
今週の土曜日(5/29)はスローフラメンコ・ワークショップです。

今のところ正式にお申込みいただいてるのは19人。
検討中の人が約1名。

ほとんどがフラメンコ未経験者です。
赤ちゃん連れから、最高齢は82歳の方まで、
なんと、イギリス人の方からもお申込みいただきました!

ホントーにバラエティー豊か、インターナショナルな会になりそうですっ!

また、ヘレスに留学経験のあるギタリストさんが二人遊びに来るかもしれません。
ニコラの他にギタリスト2名!?

本格的、贅沢すぎるワークショップになりそうですよ・・・

定員間近です!ご興味のある方はお早めにお申込みをsign03

ワークショップ詳細はこちら
http://alma-mater.sakura.ne.jp/event.html

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

 

| | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

クラニオ体験会ありがとうございました

昨日は私の地元・新小岩でクラニオ体験会を開催しました。

生憎の雨降りとなってしまいましたが、たくさんの方にお越し頂きました。

体験会にお越し下さった皆様、どうもありがとうございました。

 
はじめての試みのため至らない点などもあったかと思いますが
どうぞお許し下さいませ。

特に1番目のセッションの際はまだスタッフもバタバタとして落ち着かなく
隣の部屋の物音など気になられたかと思います。

今後また体験会を開く際にはこのような点を改善していきたいと思います。

さて、ほんの短い時間でしたが、お受けになられていかがでしたでしょうか?
今朝の目覚め、今のお体の具合はいかがですか?

クラニオの効果は受けている間だけではなく、その後2~3日かけて
ゆっくりと体全体に広がっていきます。

急に身体が緩むと、老廃物等を排出しようとして一時的に身体が
重だるくなったり眠くなったりすることがありますが心配ありません。

もしそのような時は身体の要求に従ってゆっくりと休むなどして下さい。

またお水をたくさん飲まれるとよいと思います。

クラニオをもっと本格的に体験してみたいと思われましたら、
昨日のスタッフの誰かのフルセッションを受けてみて下さい。

昨日はお一人お一人ともう少しお話できるお時間があれば
よかったのですが直接ご挨拶申し上げる機会もない方も
いらっしゃいましたこと、お詫び申し上げます。

それでは、本当にありがとうございました。

スタッフ一同、北村・田村・平沼・品田を代表いたしまして
お礼を申し上げます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

それからそれから、最後に、スタッフの北村さん、平沼さん、田村さん、
本当にありがとうございました。

みなさんがそれぞれ自分スタイルでセッションを進めている様子を
わき目で見ながら、とても頼もしく思い、私も安心してセッションできました。

一緒にお仕事できて光栄でした。
今後ともどうぞよろしくお願いします!


もしよろしければ応援のクリックお願いします 

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

水元公園

P5220155 先日群馬の母のところにお見舞いに行く途中、車の中からアカシア(ニセアカシア)の白い花が見えて、ああ~、今はアカシアの季節かぁ~と思ったら胸がうずうずしてきた。

なんか、アカシアは私にとってとても郷愁を誘う花なのだ。

アカシアを間近で見たくて、今日、水元公園まで足を伸ばした。

活動的な友達を見習って、自転車で行くことに。

千葉街道から柴又街道に入り、さらに岩槻街道を進む。

全部で1時間の距離。

 
残念ながらアカシアの花はもう終わってしまっていたけど、全長8kmにも及ぶという公園は自然のパワー全開で、緑と花と水のエネルギーをたくさんもらってきた感じ。

 
今はちょうど睡蓮が見頃だった。睡蓮って5月に咲くのねって基本的なことを知る。

P5220146

Suirensiro

Suirenpink P5220159

 
それと、水元公園の入口近くにある民家のバラがそれはそれは見事でした。
見物料金払いたいくらいです。

P5220138

Rosemizumoto    

| | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

木登り

江戸川文化センター前の芝生広場にあるケヤキの木。

そこで由緒正しき木登りをして遊ぶ男の子たちを見て嬉しくなった。

 
今どきは学校で「木登り禁止」とかいう規則があると聞く。

転ばぬ先の杖というか、なんというか・・・

子供には失敗をする権利、ケガをする権利、があると思うのだよ。。。

P5120160

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

治りませんように

ご存知、北海道浦河にある統合失調症はじめ様々な精神障害を持つ者が共同生活している「べてるの家」についての本。

タイトルを見て、飛びついた。

べてる関係の本や、べてる内部で登場する言葉は本当にいつもこちらの度肝を抜かされるようなものが多いが、今回のタイトルも秀逸!

帯にある言葉がこの本の要旨をそのまま伝えている。

「ただ治そうとする生き方をやめ、病気のなかで、それとともに生きることを受け入れるとき、病気は重い荷物から宝へと姿を変える。」

べてるのメンバーの祥子ちゃんの部屋には、『病気があって幸せ。治りませんように』と書かれた七夕の短冊が飾ってあるという。

なんとこれ、精神科医の川村ドクターが書いたものらしい。


「私は私の人生を生きている。病気だけれど私の人生を生きているという、降りていく生き方がもたらす深いレベルでの安心。それは、許されている、生きていてもいいのだという、当たり前のことを当たり前のこととしてたしかめることができて、はじめて導かれたものだった
。」(p192)

 
統合失調症を持っている人のみならず、その家族の人達、また肉体の病に苦しんでいる人とその家族、そして、医療・福祉関係の人達にはぜひとも読んで頂きたい本です。

そして、自分には直接関係なくても、べてるの家で病気ととも暮らす人達の姿から「生きることにとって本当に大切なことはなにか」を考えるよいヒントを与えてくれると思います。

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします

  にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

便秘解消って感じ?

クラニオで受け手に触れる。

受け手の体はなんだか固くてなかなか第一次呼吸が感じられない。

じっと待つ。

ひたすら待つ。

 
するとそのうち、どこかから、体の奥の方というか、

あっちの方というか・・・、とにかくどこからか

ひたひたとそれはやってきて、

もぞもぞと、体中に満ちていく、というか、広がっていく。

 
組織はさっきに比べてふんわり柔らかく感じられる。

 
ずっと待ってた私はものすごくスッキリとして

はぁ~~~、よかったぁ~と何か脱力。

 
そのとき、この感じは何かに似ているなぁと思って

 
そうだ!便秘が解消されてスッキリとお通じがあったような、

そんな感じだぁ~!

 
こんな感覚を持つのは私だけだろうか?

 
どうですか?クラ友さんたち?

 

5/23クラニオ体験会、お陰様で

20席全てご予約埋まりました。

ありがとうございましたm(__)m

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします 

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

共生き

5/29のスローフラメンコ・ワークショップの講師である飯塚真紀さんとご主人のニコラは、スペイン南部にあるヘレス・デ・ラ・フロンテーラという小さな町に住んでいる。

ニコラは、あのおしゃれな南フランス・マルセイユ出身。

そんなニコラがヘレスの町のことをこんな風に言っている。

「ここにはフランスにはない何かがある。帰国する度に、マルセイユ人(ニコラの故郷)がアグレッシブだなと感じるんだ。こっちには、共同利益感がある。

例えばある日、僕がいたバル(居酒屋)に浮浪者が入ってきた。そしたら、バルの人たちが彼に食べ物を提供したんだ。更にそれぞれが1本ずつ自分のタバコもあげてたよ。

この情景に僕は感銘を受けた。もしこれがフランスだったら、お金のない浮浪者にはコップ1杯の水さえ与えないよ。人が人として生きられる環境がここにはまだ残っている。そこに惹かれるんだ。」

Jスパ連載 「ピープル」より(まだ結婚前の真紀さんがニコラを取材している)

この言葉にとても感銘を受けた。

ヘレスという町が素敵な町だと思ったし、ニコラもなんて素敵なんだ!と思った。

 
また、同じく真紀さん連載の「気がつけばいつも青空」の第11回「人のぬくもり再発見」の中では、ニコラの入院という出来事の中で発見したヘレスの病院の様子が語られている。

ヘレスの病院の食事は「人が作った味」がしておいしく、同室の病人に付き添ってたおばあさんは真紀さんを気遣って毎日いろんなものをくれたり、時にはお見舞いに来てくれた人が病室でギターを弾き出して、看護婦さんがすぐに飛んできて注意するものと思ったら、誰も演奏を止めに来なかったうえに、隣りの病室のお見舞い客が聞きに来て「あらぁ、この部屋はリッチねえ、生演奏付きだなんて!うちんとこでもお願いしたいわ」と言って踊りだした、という話が載っている。

なんだかとても温かくて、人間本来のあるべき姿がそこにあるように思った。

 
だけど、ヘレスに行くのは遠すぎる。
 
少しでも、そんな温かさを自分の住む町で発見したいし、作っていきたいと思う。
 
江戸川区や新小岩という土地は、そういうことを試みるにはいい場所だと思う。
 
というわけで、5/29スローフラメンコの輪にあなたも入ってみませんか?

 

もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

今年もバラ園がやって来た!

今年も江戸川文化センター前の芝生広場にバラ園がやって来ましたぁ~!

Rose1

正確には「第54回江戸川区特産バラ品評展示即売会」です。

色んなバラをはじめ、様々な鉢植えのお花や観葉植物を手頃なお値段で買えますよ。

五月晴れの光に照らされたバラ、本当に美しいです。

買わなくとも、見てるだけでもとても魂の滋養になると思います。

期間は今日5月15日(土)と16日(日)のみ。

ご近所の方は今すぐGO~!

Rose2

食べ物屋さんもあるしベンチもありますよ~tulip

P5150168

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (1)

2010年5月14日 (金)

いろんなクラニオ

クラニオがほんの少しずつ世間に広がりつつあるけれど、実にたくさんの呼び名のバリエーションがある。

クラニオセイクラル・セラピー

クレニオセイクラル・セラピー

クラニアルセイクラル・セラピー

クラニアルサクラル・セラピー

クレニオセイクラル・セラピー

クレニオセイクラル・ワーク

クラニオセイクラル・バイオダイナミクス

バイオダイナミック・クラニオセイクラル・セラピー

etc.

オステオパシーの分野では

クラニアル・オステオパシーと言ったり、

オステオパシーの中の「バイオダイナミクス」もあったり。

 
少し統一されるとややこしくなくて良いんだけど

実はクラニオはやる人の数だけバリエーションがあるんだろう。

 
だから、統一するのも難しい・・・。

 

5/23クラニオ体験会 

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします 

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

青空クラニオ

Sn3f0199 とても爽やかな風薫る今日の午前、5月23日のクラニオ体験会の打合せを兼ねて、近所の公園でつかさんと初の青空クラニオを、ちょっとの間試してみました。

公園のベンチに二人並んで座って、お互いの仙骨に軽~く触れながら沈黙。

目の前にはサラサラと流れる小川・・・

しばらくするとお互いに、第一次呼吸の大きな広がりを感じることができました。

 
問題は、道行く人の視線が気になること。

羞恥心に打ち勝つ勇気が必要かも・・・です。

 
Sn3f0198 おやつには群馬名物「旅がらす」と、レモンジンジャー・ティーをいただきました。
(つかさん、ごちそうさま)

 
これから、何らかの形で一般の方々にも来ていただけるような青空クラニオができたらいいな~と思ってます。

「青空クラニオ瞑想会&カフェ」もいいな。。。

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします 

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

フラメンコ途中下車の旅

私のホームページの「おまけのプロフィール」のところに、自分の趣味としてフラメンコを挙げてます。

ですが、実は私、ここ何年もフラメンコとはご無沙汰したまま。

いわば、途中下車したままです。

 
最初の教室に6年。

その後約2年のブランクをあけて違う教室に2年くらい通ったけど挫折。

その後一念発起して3つ目の教室に入ってみたけど、なんとな~く気後れして自然消滅・・・

 
なんというか、一旦第一線から退いてしまった者にとって、フラメンコ練習生の熱すぎる情熱はどうしてもついていけない感じになってしまう。。。

 
でも、私にとって踊りといえばやっぱりフラメンコ!

あの、フラメンコの地の底から体の中心を通って突き上げてくるような情熱は、他の音楽・舞踊では私には決して得られない。

ソレアの気高さはまさに「どん底のときはどん底を味わいつくし、そこから生まれてくる再生への意志」。

アレグリアスは魂の底からの「歓喜」。

 

一時期はフラメンコが「生きがい」だった。

「フラメンコがなければ生きれらない!」ような気がしていた。

でも、フラメンコを止めようと思うときが来た。

そのときは、「フラメンコをしている私」という自我、ペルソナを捨てることに抵抗があった。

だけど、止めてみたら、フラメンコがなくても生きている自分がいることに気がついた。

 
フラメンコはあってもなくてもいい。

だけど、好きだからフラメンコをする。

フラメンコをすると楽しい。

 
これが正しいのかも?と思った。

 
フラメンコがなければ生きられないというのは依存状態。

 
あってもなくてもいいけど、あれば楽しい、というところには

ちゃんと選択の余地があり、自分の意志が働ける。

 
自立したフラメンコ愛好家、になれたわけだ。。。

 

そうなんだけど、私にとってフラメンコはやっぱり「哲学」。

もはやフラメンコは私の中で内在し、あまり外に求める必要がなくなってしまった。

 
当時はとにかく出口を見つけていたんだよね。

自分自身を100%生き切るための。

今は、フラメンコという形を取らないけれど、自分の道を生きることを始めたから

形としてのフラメンコは必要ない。

 
たまに、スローフラメンコでみんなとつながるだけで十分なのだ。

そんなフラメンコ人生の中で、初期の頃から一貫して注目し、帰国の度にクルシージョ(短期クラス)でお世話になっていたのが、「スローフラメンコ・ワークショップ」の講師の真紀さん。

 
真紀さんも、「自分にとってフラメンコは哲学」だとおっしゃっている。

その辺に、昔からシビれていた。

真紀さんがスペインへ留学してまでフラメンコを極めようと決心した背景には、当時若くしてお母様を亡くすという大きな出来事があり、死の淵から人生を眺めることとなり、自分の中の弱さと対峙したという経験がある。(色んなインタビュー記事の中に書かれています)

 
真紀さんが日本フラメンコ協会の新人公演で「特別奨励賞」を取れたのも、彼女の中にある「フラメンコの哲学」を思いっきり表現してみせたからだ。

因みにこの新人講演、「奨励賞」を取った人は何人もいるが、「特別」という冠を頂ける人はめったにいない。

審査員がこの人は「特別!!」と絶賛する場合のみに頂けるのだ。

そんな真紀さんのフラメンコの哲学が詰まった、「スローフラメンコ・ワークショップ」、5月29日(土)開催です。

 
ああ、だけど、真紀さんは私のように頭でっかちではないので、ワークショップはとても和気藹々とした和やかで楽しいものになると思います。

スペイン・ヘレスの街の人々の暮らしぶりや考え方、人との関係の作り方などについての紹介もあるかと思います。

 
フラメンコ途中下車して久しい方、フラメンコに興味はあるけど敷居が高くて・・・という方、真紀さんに会ってみたい方、ただただ、なんとなく・・・な方、どなたでもウェルカムです!!

5月11日現在7名様(+赤ちゃん)からお申込みを頂いておりますがほとんどがフラメンコ未経験の方です。

まだまだ人数に余裕がありますので、ぜひともお申込み下さいませnote

 

もしよろしければ応援のクリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

ブラジャーと乳がんの関係

今日、こんなニュースを見つけました。

「ブラジャーを1日12時間以上着ける女性、乳がんのリスクが21倍に―米国立癌研究所」

ブラジャーって体に悪そうってずっと思ってたし、着けてると窮屈なので、できる限りノーブラで過ごせるように心がけてるわたくしですが、こういうデータが公表されたことをうれしく思います。

一方、世の中の下着メーカーは大変でしょうね・・・。

かつてウーマンリブとかが流行った時代には、自己主張としてノーブラを選択する女性も多かったのでしょうが、最近はあまりそういう風潮も感じないし、世の中の女性はなぜあんな窮屈なものに「NO!」と言わないのでしょう?

まあ、私も、世間から変な人と思われたくないから人に会うときには基本的にブラつけます。

近所にでかける程度のときはできるだけカップつきタンクトップで代用。

またはかなりゆったりしたスポーツブラ。

でも、しっかりお出かけ(社会的ペルソナをつけるとき)は、ワイヤー入りのしっかりしたのをつけます。

ブラってやっぱりある程度値段の高くしっかりしたつくりのものは胸の形も美しく見える。

そして胸から脇のラインの感じでかなりほっそりと見えたりする。

自分が美しく見えるってやっぱりうれしいよね。

 
だがしかし!

外側ばっかり気にしていると(自分の心でなく外見、自己受容より他人からの承認)、知らないところで自分の深い部分が傷ついていく。

そのことにしっかり気づくべきです。

 
世の中から与えられたものを「あたりまえ」だと思って受け入れないで、自分の目で見て、自分の頭で考えて、自分の体で感じて、「何が本当に自分にとって必要で、何が要らないものなのか」をしっかりと評価したほうがよいと思います。

 
ブラをつけていると、リンパの流れも滞るし、呼吸だって苦しい。

質のよい呼吸は健康にとってとても重要です。

人は1日に2万回以上の呼吸をするので、1回の呼吸の質の違いは1日では2万倍の違いに!

みなさん、ぜひとも楽なよい呼吸をして下さいね。

 

そして、肺呼吸だけではなく、クラニオでいうところの第一次呼吸の質もとっても重要です。

第一次呼吸とは、なかなか自分で感じるのは難しいけれど、脳脊髄液のリズム(1分間に約6~12回)や、その奥にある原型質的な動き(1分間に2~3回)や、人体の外からやってきて人体をつきぬける気体のような波(100秒に1回)などがあります。

第一次呼吸を整えるためには、ぜひクラニオのセッションを受けてみて下さい。

 
5/23にクラニオセイクラル・バイオダイナミクス体験会開きます。

ご予約もだいぶ埋まってまいりました。

ご興味のある方はお早めにご予約をheart01

(最後はしっかり宣伝bleah

 

もしよろしければ応援のクリックお願いします 
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

スペイン・ヘレスのブレリアってこんなの

5月29日に行う「スローフラメンコ・ワークショップ」はスペインの中でも南部のアンダルシア地方にある田舎町ヘレス・デ・ラ・フロンテーラというところで町中の人たちが日常的に楽しんでいる形でのフラメンコをご紹介して、少しでもその雰囲気をみんなで楽しんでみようというものです。

ところで、フラメンコっていうとどうしても赤いバラを加えて真っ赤なドレスを着て踊るってな印象が強いのですが、ヘレスの街独特の乗りの「ブレリア」というジャンルのフラメンコの映像があるのでご紹介したいと思います。

これはヘレスの「ペーニャ」というフラメンコ愛好会の宴会の様子だと思います。

上の映像のお姉さん、ドレスは着てないけどスタイルもいいし、踊りもすごくうまいですね。

まあ、真紀さんならこんな風に踊れるだろうけど、私たちは無理無理!

こんな風に踊る必要はありません。

 
どんな人でもありのまま、太っ腹な自分をそのまま押し出せばオーケーです!

ヘレスの人たちは、結婚式とかお祭りとかで人が集まると、とにかくこうやってみんなでパルマ(手拍子)を打ち、歌を歌い、ハレオ(掛け声)をかけて、踊ります。

あきもせず、夜通し、歌い、踊り続けるらしいです。

下の動画に出てくるおじいさんの踊り、コケティッシュで素晴らしいです。

スペインの人たちって、日本人に比べて人生を何倍も楽しんでいるように感じます。

まあ、私たちも、こんなに上手くできる必要はぜ~んぜんないので(こんなに難しいことはやりません)、フラメンコのリズムの輪の中で、リズムの渦の中で、しばし恍惚のときを過ごしてみませんかぁ~?

5月29日「スローフラメンコ・ワークショップ」、どうぞよろしくsign01

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

10円玉1個分?

最近出版されたカワムラタマミさんの本で、クラニオの施術者が加える圧の強さを「10円玉1個分」として紹介されている。

一般的にクラニオのタッチは「5gタッチ」と言われ、10円玉1個は4.5gらしいので、まあ、だいたいそんな感じ。

ただ、「10円玉1個分の軽い圧を加える」という表現が、今の私には「なんて強いの!」と思えてしまう。

とにかく、どんな軽くても「圧を加える」のだから。

 
クラニオ・バイオダイナミクスでは、圧はまったく加えない

クラニオ・バイオのタッチの表現としては、「海の上を漂うコルクの上に手を添えるように」とか、「水の表面張力の上に浮かぶアメンボウのように」というのがある。

「海の上を漂うコルク」に施術者が手を添えたときに、施術者の手がコルクの動きを邪魔しないように、注意する。

そのくらい、ソフトなタッチ。

 
ときには、受け手は、施術者の手が微妙に動いているように感じるかもしれない。

そのときに施術者がしているのは、たぶん、受け手の体が物理的に広がっていったり伸びてきたりする動きを邪魔しないように、微妙に撤退していっているのだ。

 
そんなことで、どうして人の身体って変わるんだろう?

不思議だね。。。

 

どうやら、「意識」が重要みたいですよ。

 
「意識」の力、恐るべし、です。

 
5/23新小岩でクラニオセイクラル体験会やります。

興味のある人はぜひ来てね♪

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします 
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

| | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

サンバス(Sunbath)に・・・

P5230038 2年前、江戸川区(うちのご近所)にできた可愛いカフェ「緑と陽だまりのやさしいスープ屋さん サンバス(Sunbath)」に、
スローフラメンコ・ワークショップのチラシを置いてもらいました。

このお店は新小岩駅からはものすご~くわかりづらいところにあるので、「こんなところにお店作って、だれが行くの?」って思ったのに、すごい人気で、昼時はいつも込み合ってます。

ちゃんといいものを作れば人は来るのねぇ~という見本のようなお店。

コンセプトも、赤ちゃんにも優しい自然素材のお料理を提供して、このあたりのママさん&ベビーちゃんを主なターゲットにしている。

P6080063 そしてグリーンのきれいなテラス席もあって、こちらはワンちゃんと一緒にお食事ができる。

親水公園も近いのでお散歩途中に立ち寄るにもすごくイイ感じのお店です。

 
はじめスロフラのワークショップを、このお店の2Fのスペースでやらせてもらえないかと交渉に行ったのだけど、外部への貸し出しはしていませんと断られ、じゃあ、せめてチラシだけでも置かせてくださいと、お願いしてみたのだった。

やっとチラシが出来て、今日こそはチラシを置かせてもらうお願いに行くゾ!と気合をかけるも、早くからのどのあたりに圧迫感が・・・despair

やっぱり私はノミの心臓、

人に何かをお願いすることが超苦手。

営業活動とか、全然、できない・・・。

だから、イベントをやりたいと思いついても、なかなか行動に移せなかった。

まあ、今回はたまたま、なんか勢いがついたっていう感じかな~。

 

Kurocurry チラシを置いてもらったついでにこちらでランチを食べてきました。

黒カレーに五穀米、サラダとヨーグルトとドリンクのセット。

730円。

カレーといっても全然辛くなく、スープみたいでおいしかったです。

 
江戸川区も少しずつ素敵なスポットができてます。

私の住む町がどんどん素敵になって、人と人がつながりあえる場となったらいいな~heart01

 
というわけで、5月29日スローフラメンコ・ワークショップをどうぞよろしくnote

 
 
もしよろしければ応援のクリックお願いします

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

| | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

意味のある数字

5月29日のスローフラメンコのチラシを作ろうと思って、2006年に北軽井沢でやった同じく飯塚真紀さんと関松美さんのコラボレーション・ワークショップのときのチラシを引っ張り出した。

そこで、私にとっては意味のある数字(というか日にち)を発見した。

他人から見たら何の意味もないだろう。

でも、私にとってはすご~く意味深い。

 
2006年はじめ、お遊び感覚で友達のマナちゃんと企画したそのワークショップは、結果として私が会社を辞めてからの初仕事となり、内容的にも非常に充実した素晴らしいワークショップで、企画した本人が一番感動して、最後のシェアリングでは私が先頭切って涙を流した。

そのワークショップは、2006年の5月27日~28日だった。

 
そして、今回、あの感動を私の地元・新小岩(というか江戸川区)に運んできたいと思って企画したワークショップが5月29日

 
おおお~~~!

しっかりつながっている!!

 
次のステップへ、GOって・・・!

 
とっても自己満足した瞬間でした。

 
・・・というわけで、

5月29日(土) 人の心と心をつなぐスローフラメンコ・ワークショップ

どうぞよろしくsign03

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »