« サンバス(Sunbath)に・・・ | トップページ | スペイン・ヘレスのブレリアってこんなの »

2010年5月 3日 (月)

10円玉1個分?

最近出版されたカワムラタマミさんの本で、クラニオの施術者が加える圧の強さを「10円玉1個分」として紹介されている。

一般的にクラニオのタッチは「5gタッチ」と言われ、10円玉1個は4.5gらしいので、まあ、だいたいそんな感じ。

ただ、「10円玉1個分の軽い圧を加える」という表現が、今の私には「なんて強いの!」と思えてしまう。

とにかく、どんな軽くても「圧を加える」のだから。

 
クラニオ・バイオダイナミクスでは、圧はまったく加えない

クラニオ・バイオのタッチの表現としては、「海の上を漂うコルクの上に手を添えるように」とか、「水の表面張力の上に浮かぶアメンボウのように」というのがある。

「海の上を漂うコルク」に施術者が手を添えたときに、施術者の手がコルクの動きを邪魔しないように、注意する。

そのくらい、ソフトなタッチ。

 
ときには、受け手は、施術者の手が微妙に動いているように感じるかもしれない。

そのときに施術者がしているのは、たぶん、受け手の体が物理的に広がっていったり伸びてきたりする動きを邪魔しないように、微妙に撤退していっているのだ。

 
そんなことで、どうして人の身体って変わるんだろう?

不思議だね。。。

 

どうやら、「意識」が重要みたいですよ。

 
「意識」の力、恐るべし、です。

 
5/23新小岩でクラニオセイクラル体験会やります。

興味のある人はぜひ来てね♪

 
もしよろしければ応援のクリックお願いします 
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ

|

« サンバス(Sunbath)に・・・ | トップページ | スペイン・ヘレスのブレリアってこんなの »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/210845/34458544

この記事へのトラックバック一覧です: 10円玉1個分?:

« サンバス(Sunbath)に・・・ | トップページ | スペイン・ヘレスのブレリアってこんなの »