« さくら咲いたぁ~ | トップページ | 再会 »

2010年3月27日 (土)

murmur magazineにクラニオ記事

先日、「murmur magazine」という雑誌を読んでクラニオに興味を持ったと言ってセッションを受けに来て下さった方があった。

はじめて聞く雑誌の名前、私もさっそく興味を持って買ってみた。

murmur (マーマー)とは、英語で、風や木の葉のざわめき、川のせせらぎ、ささやき声という意味。

自然やからだの小さな声に耳をすます静寂を大切に生きるための雑誌なのだそうだ。

へ~~~、それってクラニオに打ってつけじゃん!

私もはじめて人の体の脳脊髄液のリズムを感じたとき、それはまさに体の中にある自然の躍動だと思って、都会にいながら、人の体に触れることでまるで海に行ったような、あるいは深い森に分け入ったような自然に触れられるんだ~と思って感動したものだ。

(バイオダイナミクスになると、宇宙旅行みたいな感覚まで楽しめる♪)

 
ところで、この雑誌には「クラニオ日記」という連載がある。

著者はカワムラ・タマミさんという方でアロマセラピーやリンパ・マッサージとクラニオを組合わせて独自の活動をされているらしい。

記事を読んだ限りでは、バイオダイナミクスではなく、アメリカ人のロルファーから教わったメカニカル・アプローチのようだ。

Sn3f0178 最新号のNo.8では「おうちでできるクラニオ講座」というのもある。

クラニオはすごく難しそうだけれど、入口はとてもシンプル。

簡単なやり方を一般の人々に教えていったら世間一般の健康度アップに貢献できるだろうし、長い目で見れば医療費削減にだって貢献できるはず。

カワムラさんの誌上クラニオ講座、F.シルズ系のバイオダイナミクスを習った(習っている)人からしたら「ひぇ~」って感じの体勢だったりするけど、要は、やる側がリラックスできる体勢ならなんでもいいんだよね。(あの体勢はいくらなんでもつらいだろ・・・と思うけど)

私も最近は隣に眠る夫の首の下に手を入れて、クラニオしながら眠るのがマイ・ブーム。(なんて幸運な夫だろう!)

私も肩肘はらず、自分の教えられることは機会があればどんどん教えていきたいと思っている。(もちろん専門家になりたい人はちゃんとしたところで教わらないとダメですよ)

ただ、業界的にはそういうのをよく思わない人たちもいたりして、難しい・・・

自分が莫大な時間とお金をかけて勉強したものを簡単に人に教えるなんてとんでもない、とか・・・。

心が狭いっつーの!

自分が本当に得たもの(物質以外のもの)は誰にも盗まれたり取られたりするものではない。

自分を信頼できていれば人に盗まれるなんてことを気にする必要もない。

その点でもこのカワムラさんという人は心の広い人みたいです。

murmur magazine、ネット上の連載もあるし、ネットから購入することでもできます。

1冊だったら送料無料です(私はこの方法で買いました)

murmur magazineのサイト

(宣伝してどうするんだろ・・・ ^_^;)

 
5/23新小岩にてクラニオセイクラル体験会やります。

ご興味のある方はぜひいらして下さい♪

 

|

« さくら咲いたぁ~ | トップページ | 再会 »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事