« クラニオという宝物 | トップページ | 1週間ぶりに »

2010年2月20日 (土)

「幸せだなぁ~!」

私の母は悲劇の主人公だ。

人生へのグチと将来への不安で頭がいっぱい。

心配するのが趣味。

 
そんな母に対して、私の近年の願いは、ほんの少しでもいいから「幸せだ」と感じる瞬間を増やしてほしいということだった。

 
そんな母が、今年のお正月、家族でカラオケに行ったときに

あ~、幸せだな~~!」と言った。

しかも、2度も繰り返して。

 
みんなでカラオケに行っても母は歌を歌わない。

自分は歌も歌えない、歌が歌える人はいいな~と言う。

でも、耳では結構メロディーを覚えていて、他の人と一緒に口ずさんでいる。

そして、家族が一緒に居て、それぞれが自然体で自分自身を楽しんでいる姿を見て

心から湧いて出た「幸せだな~」という言葉。。。

この言葉を聞けて、私の神への願いが聞き届けられたような気がした。

そして、これだけで、母の人生は報われたような気がした。

 

それから1ヶ月後、半身麻痺になってしまったわけだ。

母は、

「ず~っと働いてきたのになんでこんな体になっちゃったんかな~?」

「だれにも意地悪しなかったのにどうしてこんなことになっちゃんだ~?」

と嘆きつつも、

「○○(長男)や△△(兄嫁)が体を支えてくれるんだよ、ありがてぇな~」と言い、

「みんな優しくしてくれて、幸せだな~」と言う。

 

ボケボケな母が赤ん坊みたいな顔をして「幸せだな~」というとき

私は心の底から感動する。

 

これから先、あと何回くらい母から「幸せだな~」という言葉を聞くことができるか、

それが楽しみだ。

 

|

« クラニオという宝物 | トップページ | 1週間ぶりに »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事