« やっぱり奥日光はいい! | トップページ | 愛しのたまちゃん »

2009年8月31日 (月)

傘がない

昨日の選挙では予想通り民主党が圧勝し、政権交代の歴史的な日となったわけですが、私としては「なんだかなぁ~」という冷めた心境でいます。

私は政治には全然詳しくないけれど一応選挙だけは行くことにしてて、誰に、どの政党に一票を入れるかはほとんど消去法みたいな感じで決めます。

まあ、民主党さん、せっかく政権取ったのだから一生懸命マニフェスト遂行に勤めて下さいませ。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、社会のことは置いておいて、全く個人的な関心ごと。

先週、NHK教育で4夜連続の「LIFE 井上陽水 40年を語る」を観た。
あまり自分からTVは観ないのだけど、これは毎晩楽しみに観た。

そしてさっそくTSUTAYAでいくつかCDを借りてきて、今週は「陽水週間」。

陽水さんの「心もよう」は当時小6だった私の胸に響き、大好きな曲だったし、80年代のLP「9.5カラット」はよく聴いていて、陽水さんのことは好きなはずだけど、実のところ、あまり真面目には聴いてなかったんだなぁということを発見。

今回改めて陽水さんの様々なヒット曲を聴き直し、その才能の非凡さを改めて認識した次第。

曲も、詩も、歌唱力も、すごいね。。。

それを言ったらダンナに「何十年遅れてんの???」とバカにされた。

中でも、「傘がない」と「ワカンナイ」という曲が今の私の心を捉えた。

どちらも共通する感じがある。

「傘がない」は、学生運動が下火になってきて、自分たちの力では社会は変えられないのではないか?という疑問と挫折が芽生えてきた時代に作られた曲。

大義名分や抽象的な理想論よりも、本当は自分なんてもっと瑣末で、個人の幸せにしか関心なんてないんじゃないの?と、きれいごとや浮ついたことを声高に言ってる人に投げかけているような気がする。

これを単なるラブ・ソングと思う単純な人もいるらしいし、個人主義を肯定しているとか、逆に個人主義を批判しているとか、解釈する人もいるらしい。

どの見方もこの曲の一部分しか見ていない。

だが私はやはり、社会の幸せは個人の足下から、と思っている。

「社会が云々」とかいう前に、自分の内面や家族との関係や日頃おつきあいしている人々との調和を図ることに努める方が幸せには近づきやすいと思うのだ。

まあ、社会のために熱心に尽くしたい人はどうぞ頑張って下さいって感じだけど。。。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「傘がない」 作詞・作曲:井上陽水

都会では自殺する若者が増えている
今朝きた新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨に濡れ
冷たい雨が今日は心にしみる
君のこと以外は考えられなくなる
それはいいことだろう

テレビでは我が国の将来の問題を
誰かが深刻な顔をしてしゃべってる
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に会いに行かなくちゃ
君の家に行かなくちゃ 雨に濡れ
冷たい雨が僕の目の中に降る
君のこと以外は何も見えなくなる
それはいいことだろう

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

そして、目下の私個人の一番切羽詰まった関心ごとは、我が家の雨漏りだsweat02!!

今のマンションを買って入居したのが11年前。

信じられないことに入居1年目で雨漏りが!

2度も修繕してもらったのに、10年程経った今日の昼、変な音がすると思ったら天井から水が垂れていたshock

これから台風typhoonが通過するのに大丈夫かいな???

今、応急処置の人が来てますが、ちゃんとした修繕は上の階の部屋を通って上の階のベランダに出なければ作業ができない。

よって、サロンの営業も何日か休止しないといけないかもしれないですweep

悲しいし、情けない・・・

まさに「傘がない」の心境ですrainrainrain

|

« やっぱり奥日光はいい! | トップページ | 愛しのたまちゃん »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事