« 上野不忍池の蓮 | トップページ | サイト移転のお知らせ »

2009年8月 5日 (水)

夢のパラダイス

8/3から安曇野へ家族旅行に行ってきました。

安曇野はずっとあこがれていた場所。

私の魂の父・黒澤明監督の映画『夢』を見たときに、こんこんと流れる川の袂に水車が回っている風景を見て、こんな天国みたいな場所が本当にあるんだろうかと思った。

それが安曇野にある大王わさび農場だと知り、ひと目実物を見てみたいとずっと思っていた。

Dainou1

大王わさび農場でクリアボートに乗ってしばらく川と戯れ、川の上から水車を眺め、ガイドのお兄さんの説明を聞いた。

なんと、この水車は映画『夢』の撮影のためのセットとして建てられたのだそうだ!!

(しかも、この川は実はただの用水路であって、地元の人たちは全然ありがたみも感じていないとか。)

ちょっとショック・・・

だけど、さすが巨匠・黒澤さんだなぁと思った。

「なければ作ればいい」

鶴の一声でザザザっとセットができてしまったのだろう。

映画上映以来、この水車が大王わさび農場の顔となり、安曇野の象徴とでもいうべき風景になってしまった。

それならそれでよいでしょう。

しかも、遠近感を出すために、3つの水車小屋はわざと大きさを変えてある!

これから『夢』のビデオをじっくりと見直してみようと思います。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 
大王わさび農場は安曇野観光のメインスポットとして大繁盛している。

農場の中は気持ちいいし、わさびを使った様々なお土産もみなとてもおいしい。

P8040129レストランもわさびづくし。

わさびビール、わさびスパゲティ、わさびカレー, etc.

頂いたわさびカレーは、ココナッツオイルを使用しているのかとてもクリーミーで日本風グリーンカレーといった非常によく出来た一品でした。

左上の飲み物はわさびジュース。

辛さが足らなければ脇にある擂りわさびをジュースに投入していただきます。

清らかな湧き水のほとりには小さな可憐なお花とモンシロチョウやミツバチがいて、やっぱりパラダイスっぽさを醸し出していました。

P8040134 P8040135

 
だが、それにしても真夏の安曇野は暑かったです。

想像以上に広々とした安曇野。

私たちの足は唯一、自転車。

泊まった江戸川区立穂高荘から大王わさび農場まで自転車で1時間かかり、帰りはそのほとんどが緩やかな上り坂。

炎天下の自転車移動はかなり体力が要り、ダンナも帰り道々、「休暇と言うよりも『強化合宿』って感じ」  と言って音を上げてました。

熱中症にならなくてよかったです。

みなさま、安曇野に行くなら春や秋がオススメですよ。。。

|

« 上野不忍池の蓮 | トップページ | サイト移転のお知らせ »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事