« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

アウトサイダーの本音トーク

先週末はハコミ・レベル2トレーニング。

トレーニングの2日目は、自分がクライエントとしてプロのセラピストによるフル・セッションを受けることになっている。

私は最近自分がクライエントになるのが苦手。

というのは、最近はあまり感情的に大きく揺れることもなく、自己を振り返ればいくらでも自分の至らないところやもっと可能性を伸ばせるだろうところは見つかるけれど、それらを「問題」として取り上げてあれこれいじくりまわすことに抵抗があるから。

でも認定セラピストを目指す以上は自己の問題をきちんとクリアしている必要もあるし、実際自分がクライエントとして体験するセッションが一番自分の財産にもなるので、気は進まないものの、一応セラピーに臨んでみた。

その辺の経緯も担当セラピストにちゃんと話して、まずはセッションをするかしないか、というところも私の自由意志に任された。

とは言っても、私の体はちゃんとセッションを受ける態勢に入ってはいたので、ごねながらもセッションは始まった。

*~*~*~*~*~

何を話そうか迷ったが、結局、私がいつも感じているトレーニング・クラスでの違和感について話した。

私はトレーニング・クラスが始まってから2年近く経つのに、全体のシェアリングの場では一度も発言したことがないこと。

それは、その場が自分にとっては大きすぎるように感じたり、自分の体験したこと・気づいたことがグループ全体にシェアするほど大した内容ではない気がすること。

そして、自分にとって割と重要な気づきや疑問は、その場にいる人達の共通認識と合わずに、発言することでみんなに引かれてしまったり、あきれられてしまったり、排除されてしまうのではないかというような恐怖。

頭では、自分が感じた違和感や疑問をその場に投げかけることは、参加者全員にとってとても大きなギフトになるであろうと理解できる。

でも、どうも体はそれを納得していない。

小さい頃から、いつもいつも「自分が感じることをそのまま表現するのは危険」というビリーフ(思い込み)があるように思う。

*~*~*~*~*~

おおよそ、こんな内容の話をして一区切りついた。

さて、セラピーの進行としては、ここで今回深めていきたいテーマについて合意し、深めていく手段として何か「実験」の提案をセラピストが行う。

だがしかし。

私のセラピストさんたら、

「ちょっと待ってね。

いや、実は今の話が自分(セラピスト本人)の中の何かを刺激するものがあって、ワークの進め方に慎重になっている」

と。

 
そして、考えた末、

「こういうのはどうだろう?

これから何かワークをするというのは止めて、このまま話したいことをそのまま話すというのは。

セラピストとクライアントというのもやめて。」

 
あらま、なんて素敵なご提案!!!

 
クライアントの「今ここ」にしっかりとついて行きながら、セラピストが自分の中に起こっていることにも同時に気づいていくと色々なことが起こるものだ。

そして、私なんかはセラピー・セッションでは何か必ず「ワーク」をしなければいけないと思い込みがちだけど、そういう枠に縛られる必要はないんだなぁと目からウロコ。

*~*~*~*~*~*~

そして、楽しい会話が始まった。

さあ、アウトサイダー同士の本音トーク。

何を話そうかなぁ~とあれこれ思いをめぐらせると、なんだかワクワクしてくる。

そして、一番に話したのは、目の前にいるセラピストさんについて日頃から感じている不満についてだった!

そして次に、トレーニング・コース全体について不満に感じていること、ハコミ・セラピーの内容について疑問に思っていることなどを立て続けに話した。

 
ああ、本当に思っていることをそのまま話すことの快感!!!

そして、目の前にいるセラピストさんは私の言葉をそのまま受け取ってくれるだろうということについての信頼感。

私の不満の表明に対してそれを「攻撃」と受け取られる心配もなく、私の要求について「それをそのまま受け入れなければ」とか変にプレッシャーにも思わず、ただ、私の意見として真っ直ぐに聞いてもらえること。

自分の思いが「ツーカー」で通じるって本当に気持ちいい。

 
私は実は、心からこういう本音トークを望んでいるのだ。

*~*~*~*~*~

その日家に帰ってから、自分の喉のチャクラ(チャクラかどうかはわからないけど)が開いている感じがして、自分の声がいつもより幾分太くなったように感じた。

*~*~*~*~*~

そういえば、以前、ゲシュタルトのセラピスト・トレーニングクラスにいた頃、教育分析(ゲシュタルトは分析はしないけど)の目的で定期的に個人セッションを受けていたときも、いつもゲシュタルト・ワークにはならずに、ひたすら話だけしていたなぁということを思い出す。

結局私はワークに入るのを避けてたのかなぁなんて思うこともあったけど、やっぱり私の場合、ただ話すだけでよかったのかもしれない。

そのときのセラピストも、私が何を言っても絶対にわかってくれるという信頼感を持っていた。

思えば、先日の担当セラピストさんと昔お世話になってたセラピストさんの年齢や風貌が非常によく似ていることが興味深い。

私はあのタイプの人と気が合うらしいな。。。

*~*~*~*~*~

さてと、こんな長い文章をここまで読んで下さった皆さま、ありがとうございます。

私は普段はわりとほんわかとした雰囲気を漂わせていますが(漂わせているつもり)、本性は実は大変な毒舌でございます。

ある人から「キューバのブロック」などと言われたことがあります。

(私と同年代以上の方はご存知と思いますが、昔、日本の女子バレー・ボールが強かった頃、日本チームの打ち込む強烈なアタックをライバルのキューバ・チームが無碍もなくはじき返してしまうことから来ている表現です。)
 

もしも私の何気ない発言が皆さまのお気に障るようなことがありましたらどうぞご容赦願いたいと思います。

そして、私に対しては、キレイごとを越えたキビシイ発言大歓迎です。
ただし、愛を持っての発言のみですが。。。

|

2008年9月25日 (木)

元気なシニア

最近の早朝太極拳はシニアなお姉さまたち中心となってきている。

最高齢のSさんは75歳。でも、彼女が一番元気かもしれない。

彼女が来ると、パ~ッとあたりが華やぐ。

毎朝、彼女たちから元気をもらっているのはこちらの方だなぁ~と思う。

 
今日は、練功しながらこっそりとハコミのラビング・プレゼンスをやってみた。

練功の基本、自分の正中線を保ちながらも意識を場全体に広げるように心がける。
(この辺はクラニオ・バイオの意識の持ち方の練習でもある)

そして、自分の後ろにいる人たちの存在を感じ、それぞれの人が持っている存在の輝き(私にとって精神的滋養となるもの)を感じてみる。

みんな、それぞれ全然質の違うエネルギーの人達。

そういう質の違うエネルギーが集まることでひとつの独特の場ができるわけで。。。

やっぱり人が集うっていいなぁなどと思う。

 

それに、彼女たち、反応がとてもストレートなところが素敵。

いつも練功が終わると

「あ~、気持ちいい!すっごくいい汗かいたわ!!」と決まって言う。

 
Sさんは太極拳始めて3日目にして、

「体の調子がとってもよくなったわ。体脂肪が落ちたのよ!」とおっしゃった。

 
聞いてる私はかなり疑いの眼差し。

それってプラセボじゃないですか?

 
でも、他にも

「便秘が解消した」という人や

「これやるとすごくおならが出るのよ」という人が。

 
今日はKさんから「失禁が少なくなった」というご報告。

 
たしかに、中腰で足腰が鍛えられるし、下腹部の筋肉も鍛えられているはずだから、失禁が治るっていうのはうなづける。

やっぱり太極拳って体にいいんだね、と再発見する私。

この会では、私は全然「教える」ということはしてなくて、ただ真似してもらってるだけ。

とは言っても、少しは基本的な型のことを教えた方がいいのかなぁ~と思いながら毎朝やっていた。

 
でも、参加者の方々は、日々真似しているうちに自分なりの発見をしたりしてくれているようだ。

 
Kさんは、

「つま先のちょっとした角度で全然違うんですね!

こうやるのと、こうやるのとでは体の気持ちよさが全然違うって気づきました」と。

 
すごい、すごい!!

自らの体の感覚を通して新しいことに気づいていくって素晴らしい。

 

長く続けてると段々「何かをしたく」なってしまう。

もっと満足してほしい、とか、喜ばせたいとか思って。

でもそれって私自身の自信の無さの裏返しなんだろうか?

何もしなくても、ただ練功続けて、場をホールドしてればいいのかな~?
なんて思う朝だった。 

|

2008年9月23日 (火)

彼岸花

P9230035_2

彼岸花とはよく言ったもので・・・

9月のはじめには影も形もなかったのに、

この2週間くらいでニョキニョキと茎が伸びて

ちゃんとお彼岸の頃には満開になるのですね。

P9230037

|

2008年9月21日 (日)

「運命」

昨日、我が庭である江戸川文化センターでベルリン交響楽団のコンサートを聴いた。

朝、文化センターに電話して当日券があるかどうか尋ねたら、ちょうど返品されてきたというとっても良い席のチケット(7列目の真ん中のブロック)があり、とってもついてる!

生オーケストラなんていったい何年ぶりだろう?

(たぶん2002年の伊福部昭の米寿記念コンサート以来だ・・・)

 
私は、会場で頂いたパンフレットを読むまでベルリン交響楽団とベルリン・フィル・ハーモニーが違う楽団だということも知らなかったほどのド素人。

演目はシューベルトの「未完成」、ベートーベンの「運命」、ドヴォルザークの「新世界より」と有名なものばかり。

中でも「運命」は私の大のお気に入りなので、ぜひ生で聴いてみたかった。

 
やっぱり生の「運命」はよかった。。。

感涙と興奮。

重厚な音、これでもかと押し寄せる緊張感。

 
「運命」=交響曲第5番は、あの「だだだだ~ん!」という冒頭のフレーズがあまりに有名過ぎて、なんか重くて暗くてクサイ音楽っていう先入観があった。

はじめてまともに聴いたのは数年前。

以前勤めていた会社の倉庫を整理していたら販促品の見本として業者からもらったCDが出てきたから、よかったらあげる、と言われて、もらって聴いた。

聴いてビックリ!耳からウロコが落ちた!!

 
この歓喜はいったい何だろう???

この気高さはいったい何????

 
スゴイ音楽だった。

 
第一楽章最初の"だだだだ~ん"はベートーベンが「運命はかくのごとく扉を開く」と言った通り、運命がノックする音だ。

その運命は歓迎されない苦渋に満ちたものに違いない。

 
第二楽章では静かに運命を受け入れているのか?

 
第三楽章からの展開が感動的。

どんなに理不尽だろうが辛かろうが真正面から運命を受け入れ、真っ直ぐに、淡々と、ふてぶてしくも、前進する精神の姿がある。

 
そして第四楽章。

パンフレットの言葉を借りれば「光の暴風」。

まさにそんな感じ。

人生のどんな苦しみも悲しみも全てを昇華して、そこには圧倒的なまでの歓喜の光がある。

人生の完璧なる肯定。

 

曲を聴きながら、いくつかの知人の顔が浮かぶ。

みんなそれぞれ大変なテーマを設定してこの世にやってきた。

みんな自分の運命と格闘中だ。

あの人達はどんな風に自らの人生のテーマを昇華させていくのだろうか?

 
そして、私の運命のテーマはいったい何なんだろう?

でも、私は人生の奥底にある絶対的な歓喜を信ずる。

ベートーベンのように。。。

*~*~*~*~*~

指揮者のリオール・シャンバダール氏はでっぷり太ったとてもお茶目な方で、氏の存在感もなかなかであった。

アンコール曲もたくさんあって大満足のコンサートだった。

|

2008年9月20日 (土)

マイボディ~ハコミ・セラピーがおしえる心とからだの仲なおり

『マイボディ ハコミ・セラピーがおしえる心とからだの仲なおり』という本を読みました。

著者の小山シーナさんはバブル全盛の頃に何不自由ないOL生活を送りながらも何故か常に空虚感を感じていたそうです。

そしてある日イルカ・セラピーに出会ったことがきっかけで、カリフォルニア統合学研究所において身体心理学、シャーマニズム等を学ぶことになり、それと平行してハコミのトレーニングを受けて、現在ではサンフランシスコで身体心理セラピストをされているということです。

とても読みやすくて、著者が自分の体験を通してハコミ・セラピーについて説明してくれているので、ハコミに興味のある方はぜひ読んでみてほしいと思いました。

ハコミでカテゴライズしている様々な人格的特徴を、独自の発想でそれぞれ名前をつけて紹介しているところも面白いです。

彼女がつけたキャラクター名は、「ドリーマー」「スウィートネス」「ロンリーハート」「傷ついたヒーロー」「プリティウーマン」「無口な戦士」「新人類」「アクトレス」。

これらのキャラクターは、人が生まれつき持っている特徴ではなくて、生まれた瞬間から大人になるまでの間に体験した様々なトラウマ的体験から自分を守るために作り上げた、いわば人格という鎧です。

その鎧自体は自分を守ってくれているのだから感謝こそすれ、排除すべきものではありません。

ただ、自分がどんな鎧をつけているのかを知らないと、鎧の下にいる自分の魂の声が聞こえなくなってしまう。

そして、どういうわけか生きづらい、ということになってしまうわけで。

自分の心の奥深くにいる本当の自分に出会うためには、自分が着ている鎧を一枚一枚確認していく必要があります。

そのためのひとつの方法として、ハコミ・セラピーが使える、ということです。

また、人はこれらのキャラクターにぴったりそのままはまるわけではなく、いくつかのパターンを持っているでしょう。

私の場合だと、ドリーマー、ロンリーハート、無口な戦士などの要因が思い当たります。

「ドリーマー」は、生まれたときに祝福されなかったために自己の存在価値を否定する、安心して生きられない、自己表現することを恐れる・・・など。

「ロンリーハート」は、全部自分でやろうとする、人に頼ることができない、自分の要求を否認する・・・など。

「無口な戦士」は、自由に自分の好きなことをすることができない、失敗を恐れ、自分の行動を警戒する、忠実・誠実、動かないことや行動を遅らせることで抵抗する、重いからだ、滞ったエネルギー・・・など。

ただし、私が参加しているハコミ・トレーニングコースではこういうキャラクター分けについては今のところ一切説明されていません。

たぶん、トレーニング・コースでは頭で分析的に考え、それをテクニックとしてのみ使うことにかなり大きな危惧を感じているためです。

トレーニングではとにかく「体験」から学ぶことが奨励され、テクニックよりも「人間性を育てる」ことに重点が置かれています。

だから、トレーニング・クラスに参加してても私はちっともトレーニングを受けているという実感がないです・・・。

さてと、話は本に戻り、著者の言葉で私が感銘を受けたところをちょっとだけ抜粋します。

「からだこそが、私たちの一番身近な自然なのではないだろうか?本当に自然や地球とのつながりを理解したければ、まずは自分のからだとつながっていくことから始めるのが、実は一番の近道なのではないだろうか?私は、なんだかそこにとても大きな秘密が隠されているような気がした。」P48

また、著者はカリフォルニア統合学研究所を卒業されているので、ハコミ以外にも心と身体を探求する種々のボディワーク(センサリー・アウェアネス、オーセンティック・ムーブメント、ファイブリズムズ・ダンス等)についても簡単に紹介しています。

(さらに、著者は子供の頃にとても身体が弱く、親に連れられて野口晴哉氏の道場で活元運動をやっていた経験があり、大人になってから心とからだの探求を専門的にすることになるための素因が用意されていたんだなぁと、感心しました。)

*~*~*~*~*~*~

ところでこの本、数年前にはよく見かけたのに最近見かけないなぁと思っていたら、どうやら絶版のようです。

先日、サロンにいらしたお客様と話をしていて、その方が「アマゾンで1円の本を買ったことありますよ。ちゃんと届きましたけど、どうして1円なんでしょうね?」なんてことをおっしゃられました。

その直後、ふとこの本の情報に出会って、値段を見たらなんと1円!!

こりぁ~即、買わなきゃ!と思って買いました。

ちゃんときれいな本でした。背表紙が日に焼けてはいるけれど。

アマゾンのマーケットプレイスでの送料は340円。合わせても341円。

ただし実物はクロネコヤマトのメール便で届いたので実際の送料は200円のはず。

ということは、実質141円の儲けになってるってことなのかしら?

とにかく、この本、買うなら今のうちです。

book book book book book book book book

|

2008年9月19日 (金)

ドラゴン

P9180037 またしてもいただきもの!

西表島に住むお友達からドラゴンフルーツが届きました!!

しかも、ドラゴン送ってもらったの今年は2回目。

前回7月にもどっさりと送ってくれたのだけど、そのときのは小粒だったからって、今回はすごく大きいのを送ってくれました。

西表島の太陽sunは「ごごご~っ!」と音を立てて昇ってくるって。

そんな大自然の息吹をたっぷりと吸って育ったドラゴンたち。

そして、台風typhoonもまた凄まじく、今年も台風でだいぶやられてしまったとのこと。

うちに届いたのはその嵐の中を生き延びた逞しいドラゴンたちです。

P9190043 ドラゴンフルーツは縦ふたつに切って、レモンを絞って食べます。

レモンをかけると甘くなるのです。

なんでだろ??

化学に弱いのでよくわかりません。

ま、スイカに塩をかけると甘くなるようなものかしら・・・

とてもジューシーで、プチプチした種の触感が独特の味わい。

これが今年最後の夏の味わいかな~なんて思いながら美味しく頂きました。

(確かに前回頂いたものよりもずっと甘くておいしかったhappy01

大きさの比較になるかしら?我が家の愛猫と記念撮影↓

P9180039

|

2008年9月12日 (金)

いただきもの

今月に入ってご近所のみなさまから色々なものを頂きました。

9/8にゴーヤ、10日に巨峰、11日バナナ、今日12日マーマレードジャムとみかん。

みんな違う人から。

ご近所のみなさんからこんなにたくさんの愛をいただけて

私はとっても幸せですhappy01heart02

現金収入は激少ないんだけど、こういう物々交換で生きていけたら

それはそれで素敵かも、なんて思ってしまいます。

少しずつ、少しずつ、この土地に根を下ろしています。

*~*~*~*~*~*~

最近、太極拳メンバーの平均年齢が一気にUP!

今朝は元気なシニア6名様と一緒に練功しました。

いよいよ練功スペースが狭くなってきました。

うれしい悲鳴ですhappy02

(江戸川区はお年寄りと子供が本当に元気な街です。)

*~*~*~*~*~*~

さてさて、なかなかブログが更新できず、
本当は先週終わったクラニオ・バイオのレベル1のことなど書きたいのだけど、
どうも頭が原始化してしまって文章が書けず。

とりあえず、こんな日記でお茶を濁してますbleah

|

2008年9月 1日 (月)

秋のフェイスヒーリング・キャンペーンのお知らせ

Faceyuri 久々にサロンからのお知らせです。

いよいよ9月となり、コオロギの声も聞こえるようになりましたが、
みなさま、いかがお過ごしですか?

この夏は前半が猛烈に暑くて、お盆を過ぎてからガクっと気温が下がり、さらに先週1週間は大雨の日も多くとても天候不順で、体調を崩されてしまった方も多いかと思います。

そこで、この夏の疲れをフェイスヒーリングで落としてみませんか?

お顔への刺激は直接脳に働きかけるので、中枢神経系や交感神経を静めとても深いリラクゼーションをもたらし、全身に働きかけるボディワークに匹敵するような効果が期待できます。

当サロンのフェイスヒーリングは、いわゆるエステのように美顔を目的として色々な施術をせわしなく施すのではなく、エサレンの波のリズムでゆっくりと優しく触れていきます。

多くの方はあっという間に半眠半覚状態となり、他では決して体験できない、"存在の海に漂うような"不思議な時間を過ごすことができます。

まだフェイスヒーリングをお試し頂いたことがない方のために、
お試しのためのキャンペーンをさせて頂きます。 

2008年9月1日~30日まで、
フェイスヒーリング60分コース 通常8000円のところ6000円
フェイス+クレニオ90分コース
通常12000円のところ10000円
にてご提供させて頂きます。

この機会にぜひ体験してみてください☆彡
詳しくはエサレン(R)ボディワーク・サロンKai~海~の
フェイスヒーリングのページをご覧下さい。

参考までにセッションの体験をブログにお書き下さった方のURLをご本人の許可を得てリンクさせて頂きます。↓
テンプスタッフ利用スタッフ向けのカルチャーサイトSWEET-ch

 heart01 happy01 shineheart01 happy01 shineheart01 happy01 shineheart01 happy01 shineheart01 happy01 shineheart01 happy01 shine

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »