« べてるの家の「当事者研究」 | トップページ | 阿久悠物語 »

2008年7月30日 (水)

今朝も朝から気持ちいい・・・

今朝、太極拳のため家を出ると、空気は早くも秋の気配というか夏の終わりを思わせるような爽やかさとちょっとだけ淋しさのようなものを感じた。

太陽の位置が変わっているので、数日前まで強い日差しが差していたところが日陰になっているために妙に涼やかに感じたのかな。

香取神社へ行くと、神鹿さんのバンビちゃんとチビ太君がお出迎えしてくれて、しばしバンビちゃんの頭をなでながらなごむ。

鹿もネコみたいにのど元を撫でられるのが好きみたい。。。

朝から彼らに会えるととてもいいことが起こりそうな気がする。

でも、彼らを可愛いと思うのは「神の使い」だからか?ご利益があるから?

と自分に問う。

いえいえ、彼らはそのまんまで、「ただの鹿」として可愛いのだよ、と自分に確認する。

*~*~*~*~*~

昨日から、また太極拳仲間が増え、総勢5人に。

そこに、毎朝お散歩で私たちの前を通りかかるおじいさんがあいさつしてちょっとした会話を交わしたり、なんだかなごむ。。。

自然にご近所の人たちとの交流が増えることがうれしい。

今日参加してくれた新顔の方たちは、「と~っても気持ちがいい」と喜んでくれて、私もとてもうれしくなる。

木があって、川があって、心地よい風が吹いて、鳥が鳴いて、セミもないて、(おまけに蚊もたくさん寄ってくるけど)、こんな気持ちのいい空間で、ふんわ~りと身体を動かすって最高!

参加者の一人の方が

「(私たちにこんな風に使われて)きっとこの場所も喜んでますよ」

っておっしゃった。

そうだよねぇ~~~~!と思う。

(同時に、むむ、この人、できる!と思う)

そう、場所には場所の魂みたいなものがあると思う。

きっとあの場所の魂(精霊といってもいいか)も喜んでいるに違いない、と思う。。。

*~*~*~*~*~

日々の生活の中に自然に心と身体に良い時間が組み込まれ、自分の心と身体と仲良くなる。

これって最高のあり方だよね?

セラピールームでできることは限られているし、セラピー中毒なんかになったら本末転倒。

自分の心と身体のために始めたことが波紋のように広まって、

自然にみんなの心と身体が開いていったら最高だ。

(だがしかし、こんなことでは私、失業しちゃうぞ・・・)

|

« べてるの家の「当事者研究」 | トップページ | 阿久悠物語 »

09. 心と体」カテゴリの記事

10. 江戸川日和&新小岩生活」カテゴリの記事

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事