« はじめての・・・ | トップページ | べてるの家の「当事者研究」 »

2008年7月15日 (火)

デーツ、百毒下し、フラワーエッセンス

告白しますが、私は甘いもの依存症です。

そのせいで、私の肉体は日々膨張を続けています。

いつも鏡に映った自分の体を見ては自己嫌悪に陥り、「そのうちダイエットしよう」といつも思ってました。

で、砂糖を止めるためには「デーツがいい」と友達から薦められた言葉が耳に残ってたところ、先日久々にデーツを食べる機会があり、やっぱりおいしいなぁ~と思って、デーツを一袋買ってみました。

そして、急に「今日から砂糖を止めてみようかな」という気になったのです。

そこで、フィンドホーン・フラワーエッセンスで依存症に効くと言われる「トランスフォーメーション」というコンビネーション・レメディも摂ってみることにしました。

ついでだから、夏のうちにデトックスもしておこうかと、以前買って飲み残してた「百毒下し」もしばらく飲んでみようかと。。。

百毒下しは寺山心一郎さんが強力にお奨めする「何にでも効く」という日本古来のお薬です。伊勢神宮前のおかげ横丁で買えるけど、ネットでも買えます。

さてさて、私の真夏のダイエット、いつまで続くことでしょう???

*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ただね、ここで自分の中で葛藤が・・・。

それは、世間では痩せてることイコール善・美と言われているけど、この価値観自体を鵜呑みにして、いつもいつも太ることを気にしている人々ってとても愚かだと私は思うわけです。

痩せていることがいいことだというのは日本だけなわけで(欧米でもスリムなのは良しとされているけど、あちらではもっとグラマーな方がベターだったりする)、ポリネシアとかでは太ってることは豊かな証拠として賞賛されるわけで、全ての価値観を今一度「本当にそうなのか?」って自問してみることが必要だと思う。

女性の間ではほとんど社交辞令のように「やせたいわ~」という言葉が交わされることにウンザリしている私です。

だけど、やっぱり今の自分の体をみると、ちょっとヤバイ???と思うのも事実。

私が本当に深いところから痩せる必要性を感じてるとしたら、今回のダイエットは成功するだろうし、そんなに思ってなければ途中でやめちゃうでしょう。

そんなもんですね。。。

|

« はじめての・・・ | トップページ | べてるの家の「当事者研究」 »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事