« 行徳 野鳥の楽園 | トップページ | 6月の心の扉を開く読書会のお知らせ »

2008年5月23日 (金)

久々の太極拳

Taichi001_2 今朝、久々に・・・(半年ぶり以上だ!)、
太極拳をしてみた。

お勤めをしていた頃の夢のひとつは、毎朝早起きして、公園でゆったりと気功&太極拳をして心も体も整えてから1日を始める、というものだった。

お勤めを辞めて自分の時間が自由になればそういうことができる!・・・はずだったのに、意外とできないんだなぁ、こういうことって。。。

何しろ怠惰なのだ、わたしは。

昨日、近所に住む友達と話をしていたら、「一緒にやりましょうよー!」と誘われて、これも良い機会だし、やってみるか、とも思うけれど、一度始めてしまうと、続かなくてやめてしまったときに挫折感を感じてしまうのがイヤだったり、人様と一緒にやると、自分の都合で休んだりすることに罪悪感を感じてしまったりすることがイヤだったり、と色々あって、二つ返事で「じゃあ、一緒にやろう!」とは言えないのだった。

でも、とりあえずやってみたいから、今朝、一人で公園へ行って、陳式心意混元太極拳24式を復習のつもりでやってみた。

いや~、忘れてる(^_^;)

何しろ半年以上サボってたし・・・

だけど、何度か繰り返すうちにだんだん思い出してきた。

やっぱり太極拳は気持ちいい。

のびのびとして、まぁるく、どっしりと落ち着いて。

自分の中心軸を感じ、体の中を気が通っていることを感じ、体の回りの気をも含めて一体と感じ、さらに外気、木や土や太陽や川の流れなんかを感じながらゆったりと動くととってもいい感じ!

それに、自分の体の感じがやはり以前とは随分違って、「開いているなぁ」と感じる。

*~*~*~*~*~*~*~

陳式心意混元太極拳は中国の馮志強老師が始められたもの。
(リンク先は私の行ってた教室ではありません)

このリンク先のページの「太極拳入門の心得」はすごく良いことが書いてあって、勤め人時代、私はこれを印刷していつもデスクの上に置いておいて、何度も何度も読んだ。

読むだけでも心が落ち着く感じがする。

今年80歳になられる馮老師には何度かお目にかかったことがあるけれど、とても懐の深さと優しさを感じられる方で、「長く太極拳を練ったらこんな人になれるんだとしたら、太極拳を続けたい」と思わせる方だ。

(・・・とか言いながら、今は教室も行かず、すっかり忘れかけていたのですが・・・)

*~*~*~*~*~

最近はヨガがブームだけど、ヨガの直線的な動きに比べて太極拳は円の動き。

そして、より自然体なのだ、と、私の師匠はおっしゃった。

私の気功・太極拳の師匠は元ヨガの先生だったけど、先生のヨガ仲間の多くはヨガをやりすぎて皆早死にしてしまったという。

ヨガ自体が悪いわけではないけれど、極端な形でやりすぎてしまうと体を壊すということだ。

私も昨今の激しいヨガ(特にアメリカあたりから入ってきたもの)はきっと体に悪いだろうと密かに思っている。

*~*~*~*~*~*~

さてと、久々の太極拳に手ごたえを感じて、明日もまたやってみようと思う。

ただ、近所の公園には朝7時くらいからあるグループが気功をしていて、7:30くらいにはまた別の団体がやってくる。

そんな中でうまく自分のテリトリーを作れるだろうか、というのが目下の心配事だ。

それに、これから梅雨になっちゃうし、雨の日はどうしよう・・・?とか。

まずは、ボチボチ始めてみよう。

これを読んだご近所の方、一緒に太極拳やってみませんか???

*~*~*~*~*~*~*~*~

↓馮老師の本。はっきり言って難しすぎて私には読めませんbearing
 でも、写真を見るだけでも、その気迫ある波動が伝わってきませんか?

|

« 行徳 野鳥の楽園 | トップページ | 6月の心の扉を開く読書会のお知らせ »

09. 心と体」カテゴリの記事

10. 江戸川日和&新小岩生活」カテゴリの記事

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事