« お伊勢参り (2)内宮 | トップページ | あれ~?何か変だ・・・ »

2008年4月17日 (木)

お伊勢参り (3)伊雑宮、月夜見宮

伊雑宮("いざわのみや"、"いぞうぐう"とも呼ばれる)は伊勢内宮の別宮として天照大御神をお祀りしてある。

伊雑宮への行き方はいまひとつよくわからなかったのだけど、何でも近鉄志摩線の上之郷という駅から徒歩3分ということなので、とにかく近鉄電車に乗ってみた。

路線はなだらかな山間に田んぼの広がるのんびりとした田舎の風景。

伊勢市から約50分ほどのところにある上之郷駅は無人駅だった。

車内のアナウンスを聞くと、「お降りの方は一番前の車両の一番前のドアからお降り下さい」と言っている。

車両の一番前に「運賃箱」というのがあって、運賃表を見ながら正しい運賃を判断してそこに入れるのだ。

こんな電車の乗り方ははじめて。まるでバスみたい。

その割には整理券がないので、運賃をごまかそうと思えばごまかせるような気がするけど・・・(神様にお参りするのにそんなことはできませんが)

上之郷駅を降りて、こんもりとした森を探し、そちらの方向へ歩いてみれば、すぐに伊雑宮は見つかった。

到着したのは午後4時頃。でもまだとても強い日差しが降り注いでいて、森の葉っぱが太陽の光を映してキラキラ、キラキラと輝いている。

木漏れ日の先にある御正宮前の敷地には太陽からの日差しがまるで光の柱のように降り注いでいる。

さすが、天照大御神様。しっかりと私を待っていて下さいました(*^o^*)

P4150123

しばし手を合わせ、このままゆっくりここで瞑想でもしたかったけれど、座れるような場所もないのですぐに引き返しました。

ちょっとの間だったけれど深い静寂に満ちた空間に接することができてよかったです。

*~*~*~*~*~*~

さて、まだまだ夜行バスまでは時間があるし、今すぐに伊勢市に戻れば駅近くの月夜見宮にも参拝できそうなので行ってみた。

ここは外宮の別宮にあたり、月の神様をお祀りしてある。

太陽の神様と月の神様とをセットでお参りすることで、ますますバランスの取れることになるであろう。

到着したのは午後6時にほど近い時間。

本当は夕暮れ時は参拝しない方がいいというけれど、公式な参拝時間内であるし、月の神様ゆえ、少しは遅い時間の方がよいのではないかと、勝手に解釈。

そして、ちゃ~んと待っていて下さいました。月の神様moon2

写真は月夜見宮の社殿脇から仰ぎ見たお月様です。P4150126

*~*~*~*~*~*~*~

さてさて、参拝時間は午後6時まで。

バスの出発は午後9時。

あと3時間どうやって時間をつぶそう・・・?

かなり深刻な問題が浮上。

伊勢市駅前には本当に何もない。

夕食を食べながらバスを待つにしても3時間も粘れない。

そのときふと思いついた。

そうだ、髪を切ろう!

実はもう1年以上も髪を切ってなくて、先月からず~っと切りたいと思ってたところ。

でも、1年前にお気に入りの美容師さんが行きつけの美容室を辞めてしまって以来どこへ行けばよいかわからなくなり、しかも私の仕事上、髪は邪魔にならないように束ねていることが常なので、髪型を気にする必要もなくなっていた。

それにしても、1年以上ほったらかしはいかんでしょ~、と思っていたのだ。

駅周辺で美容室を見つけ、飛び込んだ。

そこは個人でやってる小さなお店。

伊勢で生まれ育った屈託のない明るい店主さんだった。

そこで屈託のない会話をしながら髪を10cm程切ってもらい、身も心も本当にさっぱり。

聞けば、この美容室は昨年4月12日に独立開業したばかりだとか。

私のサロン・オープンは昨年の4月17日。

おお~~~、シンクロですね~~~!となんだかウレシイ。

そして、これからまた顔晴ろうと気持ちを新たにして伊勢を後にしたのでした。。。。

そしてそして、今日がちょうどオープン1周年だ!!!

おめでと~、わたし!!!

|

« お伊勢参り (2)内宮 | トップページ | あれ~?何か変だ・・・ »

11. スピリチュアル」カテゴリの記事

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事