« 三蔵法師と孫悟空 | トップページ | お伊勢参り (2)内宮 »

2008年4月16日 (水)

お伊勢参り (1)外宮

昨日、念願のお伊勢参りに行ってきました。

正確に言うと4/14夜22時20分発の夜行バスで伊勢に向かい、4/15の朝7:20に伊勢市着。丸1日伊勢にいて、同日夜21時の夜行バスで伊勢を後にして、今日の朝5:38に東中野に帰京いたしました。

伊勢神宮には2002年に一度行ったことがあったけれど、その時は大雨だったので余裕がなくて、もう一度しっかりと参拝しておきたいと思っていた。
最近私の知人が相次いで伊勢神宮に行ったという話を聞くにつけ、行きたい思いは徐々に募っていた。

そして、いよいよ本当に伊勢に行こうと思って図書館でガイドブックを借りて帰宅すると、アマゾンで頼んであった斎藤一人さんの『普通はつらいよ』が到着しており、この本の中でも「伊勢神宮へ行きなさい」とあるではないか!!

おお~!シンクロニシティー!!と妙にうれしくなるのであった。

前回雨だったので、今回は絶対お天気の良い日に参拝したいと思い、天気予報を見て翌日の天気を確かめてから夜行バスのチケットを買った。
最近はコンビニで買えるんですね。便利になりました。

夜行バスなんて乗るのは初めて。

でもはじめてなのでちょっとだけ冒険気分。社会勉強かな?

なかなか熟睡はできなかったけれど、朝、伊勢市に着いてみるとそんなに体は重くない。

ふと空を見上げるとま~っすぐな飛行機雲。

なんとなく縁起がいい気がした。

さて、さっそく外宮参拝を。

その前に、駅前のカフェでも入って軽く朝食を・・・摂りたかったけど、伊勢駅周辺は想像以上に何もないところだった。
前回来てるから知ってるはずだけど、記憶以上に何もなかった。

で、仕方がないので外宮前のバスの停留所の待合イスに座って、持参したおせんべいをボリボリ食べて朝食代わり。

そして、外宮の鳥居をくぐりました。

鳥居を一歩入るだけで、深い森の気がぶわっと感じられます。

とても深く、清々しい。

衣食住や産業をお守り下さる豊受大御神さまが鎮座する御正宮は威厳に満ちていました。
P4150058

下の写真は、外宮の御正宮のとなりにある20年毎に社殿を建て替え移転するための新御敷地。
P4150057
広大な空き地はやはり、とても威厳に満ちて圧倒されるような荘厳さを感じる。

・・・何もないのに。。。

振り返って、木漏れ日の先の太陽を仰ぎ見れば、お天道様はまさしくシャンパンゴールドの光を放っておられました。
ありがたいことです。

今回は丁寧に他のお宮、風宮、土宮、多賀宮などを参拝して回りました。

そして、最後に勾玉池を一周。
P4150065

とても静寂な時間を過ごしました。

鏡のように波一つない池の湖面に映る新緑。
P4150067

勾玉池の奥に光の柱???いいえ、飛行機雲です。
P4150069

池にも飛行機雲は映っています。
P4150070
さあ、次はいよいよ内宮参拝です。

続きはまた明日。

(P.S.私の文章って「です、ます」調と「である」調が混在している。なんとかならないかと思いつつも、話の内容によって使いたい調が変わるのだ。お許し下さい。)

|

« 三蔵法師と孫悟空 | トップページ | お伊勢参り (2)内宮 »

11. スピリチュアル」カテゴリの記事

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事