« ”はじめてのフラワーエッセンス”体験会のお知らせ | トップページ | ついてる1日~その2 »

2008年3月 3日 (月)

ついてる1日

今日は友達が”シータヒーリング”なるものをお安い値段でしてくれるというので、大塚まで出かけていった。

世の中には本当にいろんなヒーリングがあるものだ。
かくいうヒーリングをしてくれる彼女も、今までにもいろんなヒーリングを勉強している。
ディクシャもするし、リコネクションもする。
リコネクは「これさえあれば他のヒーリングは一切不要」なんて言うけれど、彼女に言わせると、それぞれのヒーリング・エネルギーにはやはり特徴があって、副作用みたいなきつい好転反応のようなものも出ることがあるので、いろんなヒーリング手法をそのときどきに合わせて使い分けるのがいいのだそうだ。

私はそういうヒーリングに対しては今ひとつ実感としてわからないので半信半疑なのだけど、彼女の人柄からして危険なものではないと思うので、興味半分で受けてみた。

感想は・・・・、やっぱりよくわからないのだけど、1時間のセッションの最後、5分くらい時間が余ったので、私の守護天使に何かメッセージがないか訊いてもらった。

そしてかえってきた答えはなるほどなぁ~~~というものだった。

私の右側に藤色っぽい服を着た女性の天使がいるらしく、彼女は
「海の底のような静寂(スティルネス)を大切にしなさい」と言ってくれたらしい。

たしかに、今の私にとって「海の底のような静寂」は一番必要なことだと思う。
天に昇るのではなく、青い海の底へ降りていく。
深く深く碇を降ろすことが、この仕事には一番必要な気がしている。

そして、私が今後勉強したいバイオダイナミクスもまさにそれ、スティルネスに出会うボディワーク(?)なのだ。

よくはわからないけれど、私の色んな障害は細胞レベルや過去生レベルや魂レベルで癒されたらしい。今後の自分の変化が楽しみだ♪

☆.。.:*・°☆.。.:*・°

さて、最近お仕事のある日は1日中家に篭り、外出するとしても家から徒歩2分のスーパーに行くのが関の山だったりするので、今日みたいに電車に乗って外出するときは、一気にいろんなところに行きたくなる。

今日は神社仏閣にたくさん寄った。

まずは恒例、ご近所の新小岩厄除香取神社にお参り。

P3030046 シータヒーリングの後、もう一人の友達と合流して大塚の商店街の中にある天祖神社にお参り。

手水舎の狛犬がとても可愛いleo
なぜか我が家の末娘のこまちちゃんを思い出す。

3人でランチした後、大塚から巣鴨まで歩いて刺抜き地蔵へ。
年末からずっと右肘に痛みがあるのでそれが取れればいいなぁと思って。

P3030052 ある知人が、体の具合がものすごく悪かったときに刺抜き地蔵へ行ったら、お地蔵様のお顔を見た途端、なぜか涙が溢れて止まらなくなり、それ以来元気になってしまったという逸話を思い出す。

お地蔵様というけれど、容姿は観音様で、それはそれはお美しいお顔をされている。
(地蔵観音様なのね)

大勢の人にあちこちをゴシゴシ洗われるのをじっとこらえていらっしゃるように思える。
中には「そりゃないよ」というような乱暴な動作でお顔をぐりぐり拭いている人もいる。

P3030054up_2「あ~、エサレン的にはそんな拭き方じゃだめなんだけど・・・」などど思いつつ、私のお地蔵様の吹き方はすっかりエサレン流を意識している。

自分の右肘がよくなればいいなぁというのが今日ここへ来た目的ではあったけれど、お地蔵様を眺めていたら、

「私にもその癒しのエネルギーをわけてください。私も貴方のように癒したいのです。」という気持ちが湧いてきた。

「あなたのお仕事を手伝わせてください」、そんな気持ち。

じっとお顔を眺めていると、胸が熱くなってきた。

一転して、地蔵観音さまのお近くにいるこのお方、ものすごいセンスとインパクトに思わずシャッターを切りました。

P3030048_3

☆.。.:*・°

さてと、参拝を終えて、向かいのアジアンショップへ。
ホントの目的はここだったりして・・・
以前巣鴨に来たときにこのお店に入り、結構私好みの服が多かったので、この辺に出向いたら必ず寄りたいお店のひとつなのだ。

案の定、お気に入りの服多し。
4着もまとめ買いする。
これまでず~っと節約生活してたのでそろそろ我慢の限界。。。

☆.。.:*・°

さてと、今日の目的地、残すはあと1箇所。

最後は、江東区北砂の砂町銀座商店街の中にある「ついてる神社」。

・・・とこの辺で、続きはまた明日にしよう。

|

« ”はじめてのフラワーエッセンス”体験会のお知らせ | トップページ | ついてる1日~その2 »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事