« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

春一番♪フェイスヒーリング・キャンペーン!!

昨日は東京に春一番typhoonが吹きましたね。
午後1時くらいからにわかに吹き出した強風で西の空は真黄色に染まり、電車もずいぶん乱れたようでした。

今日も東京地方は寒~い強風が吹いていますが、春は確実に近づいています。

さて、春の訪れと共に、エサレン®ボディワーク・サロンKai~海~から、とっても春らしい"フェイスヒーリング・キャンペーン"のお知らせですhappy01

Faceyuri2月の間中、たくさんの方々にフェイスヒーリングのモニター・セッションを受けて頂き、想像以上の大好評を得ることができました。

そこで、私としても本当に自信を持ってお薦めできる新メニューです!!!

エサレンのエッセンスを、お洋服を着たまま、お顔の中で体験できるフェイスヒーリング

3月から正式にサロンのメニューとして加わりますので、3/1~31まで下記のキャンペーン価格にてご提供いたします。

・フェイスヒーリング・ショート 40分 5,500円 ⇒ 3,900円※
・フェイスヒーリング       60分 8,000円 ⇒ 5,800円
・フェイスヒーリング+クレニオセイクラル90分  12,000円 ⇒ 9,800円
・フェイスヒーリング+エサレンボディワーク110分15,000円 13,000円

※当初、40分コースというのは考えていませんでした。
 でも受けて下さった方が本当に喜んで下さるので、これだったら少しでも大勢の
 人に受けてもらいたい、そして気に入って頂けたなら何度でも繰り返して受けて
 ほしい、と思うようになり、お気軽に受けられるような短いコースを作ってみたの
 です。

 最初のお試しとしても最適だと思います。

 40分コースと60分コースではお顔に触れている時間はそれほど変わりません
 が、60分ではボディに触れる時間が長くなります。

クレニオとの組合せもお薦めです。
お洋服を着たまま、ここまでリラックスできるのか!?という驚異のコースです。

ぜひぜひお試し下さいませshine

[こんな方にオススメです♪]
・からだの緊張がぬけない方。
・からだに触れられるのが苦手な方。
・PCなどに向かう時間が多く、目や頭部の疲労を感じる方。
・自律神経の乱れにより、なかなか良い眠りがとれない方。
・自分を大切にする時間がとれない方。
・全身のトリートメントには抵抗感がある方、etc., etc.   

[モニターで受けて頂いた方々の声♪]
・シルクのような滑らかな肌触りでとても心地よかった。
・深~いリラクゼーション効果があり、顔を触っただけで
 心と体がほぐれた感じ。
・ソフトなタッチと、しっかりと私の体の声に耳を傾けてくれた
 在り方が嬉しかった。
・フェイスだけでなくボディもしっかりとヒーリングして頂けた。
・予想以上にリラックスの効果があり、来た時の疲れが消えてし
 まった。ヒーリング中に浮かんだイメージは宝石のような
 キラキラしたものだった。 etc., etc.

詳しくはホームページをご覧くださいheart01

|

2008年2月22日 (金)

祝!30人!!

2月の延べご来店人数(予約数)が30人を突破しましたfuji

サロンをはじめた当初から一月に30名の方に来て頂けるようになりたいと願った目標値です。

今月はモニターの方がほとんどなので、目標収入にはまだまだ及ばないのだけれど、先ずはご来店人数で目標値に達したのは、私としてはこのうえない喜びです!

足を運んで下さったみなさま、本当にありがとうございました。

うれしいことに、フェイスヒーリングは想像以上に大好評で、お洋服を着たまま受けられる気軽さと、モニターのための低価格もあって、お友達を紹介して下さった方が何人もいらっしゃいました。

これこそ、私の目指す道。

口コミあっての個人サロンです。

お友達をご紹介下さったみなさま、重ね重ねありがとうございます。

月に30名のご来店目標は、ずっと新月に願い続けてきたことのひとつです。

今日は満月。

満月さまにも深くお礼申し上げます。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

それにしても、フェイスヒーリングでは自分の中の新たな地平を感じています。

エサレンのエッセンスを、基本的にお顔の中だけで表現する。

お顔とボディは、まるでミクロコスモスとマクロコスモスのよう。
やっぱりフラクタルになっているのだろうな・・・

お顔に触れる作業は、ボディに比べてとても繊細な感覚が必要となる。

ちょっとした意識の揺らぎが指先に影響するのがわかる。

ボディを扱っているときに比べて集中力がいるように思う。

さて、手前味噌だけど、多くの方から私の手の感触がすごく気持ちいいと言っていただける。

それはすごくうれしいことで、もしやこれは私の天職なのか???などと思ったりもするのだけれど。

急にたくさんのお客様が来るようになったら、お部屋のお掃除も頻繁にしなければならないし、洗濯物が増えたりティーカップを洗ったり、なによりもセッションの前後に手を洗うから、悲しいことに指先が荒れてきた

しかも、フェイスは爪がちょっとでも伸びてると皮膚にあたってしまうので、今までになく深爪状態。

そして、はじめてわかった指のはらの繊細さ。。。

今まで普通にできてたことができない。

たとえば、缶詰を開けるとか、単純なことが。

そして、ほんのちょっと指先にケガをしただけで、まともな施術ができなくなるという恐さも知った。

(よりにもよって、今月に入ってネコに指をかまれたwobbly
 そして、オニオンスライスしてたら自分の指もスライスしたhappy02

指先の繊細さとありがたさに気づきつつの3週間でした。

というわけで、3月からはフェイスヒーリングが本格デビューです。

詳細は後日改めて♪

|

2008年2月20日 (水)

としおちゃんの思い出

思い出って芋づるのように次々と出てくる。

ハコミWSの3日目、「ラビングプレゼンス」のエクササイズ中に急に浮かび上がった美しい思い出がある。

ラビングプレゼンスは、人は存在するだけで価値があり、必ず何か良いもの(精神的滋養)を対面する人に与えており、セラピストはクライアントと対面しているときに相手からどんな「良いもの」をもらっているかということに常に気づいていることが大切だという考え方。

それを意識化するために、ハコミの随所でラビングプレゼンスのエクササイズをする。

やることは、心を静かにして人と向き合って、その人と一緒にいることで"自分の中に起こってくるいい感じ"を感じてみるということ。

その日、ちょっとシャイな感じの男性と向き合っていたら、急に幼馴染のとしおちゃんのことを思い出した。

すぐ近所に住んでいて、たぶん生まれて初めての友達であり、一時期とても仲良く遊んだ男の子だった。

彼のことを思い出すとすごく満たされた暖かい気持ちになった。
とても優しくて、安心できる子だった。

そのことを味わっているとハラハラと涙が零れ落ちた。

子供の頃の思い出って、つらいものばかりだと思っていたけれど、こんなにも「無条件の安心感」を与えてくれる友達がいたんだということに気がついて。

そういう良い思い出を追体験することは、自分の中のソースにつながることであり、それだけでもかなり元気になることができる。

小学校に上がってからは全然遊ばなくなってしまったけど、
今、心からの感謝を込めて、ありがとうと言いたい。

としおちゃん、ありがとうheart

|

2008年2月19日 (火)

Grace~恩寵~

最近、フィンドホーン・フラワーエッセンス・セッションでマロー(Mallow)が選ばれることが重なった。

クライアントばかりでなく、自分自身も先日、ペンジュラムをベースにしたエッセンス選びでマローが出た。

へぇ~、私にとってマローってどんな意味があるんだろう?と思いながら飲み始めた。

マローのKey Noteは"grace"。
日本語の資料では「優雅さ」となっている。
でも、graceという言葉にはもっと深い意味がある。

恩寵」「神の愛

先日のセッションの直前にも飲んだ。

エサレンのセッション中、恩寵という言葉が頭に浮かんだ。

そこに横たわっているクライアントさんはある問題を抱えている。

でも、その、一般的には問題と思われることが、実は神の恩寵であると、私は思った。

というか、う~~~~ん、表現しづらいのだけど、こういう人こそ神様の一番近くにいるということだ。

なんだかわからないけど、一人勝手に目がうるうるとなった。

施術中、あまり自分のヘヴィーな思い入れをクライアントさんに向けてはいけないと、中立的な気持ちを保つよう心がけたけれど、何度も「恩寵」という言葉が頭に浮かび、マローが私のエッセンスとして選ばれたことに合点がいった。

フラワーエッセンスのセッションに来られる方は、ここに来る前に心の準備が出来ているなぁ~と感じることが多い。(FEに限らず、エサレンでもそうだけど)

モニターをお願いしていると継続的にお会いできるので、前回からの変化について報告を聞ける。

結構劇的なことが起こっているという実感がある。

それはFEの効果もあるだろうけど、一番はクライアントさん自身の意識の力によると思う。

私はひたすら、そんな気づきの過程をご一緒できることに至福感を感じずにいられない。

ただ、べてるの家の向谷地さんがいうように「これを生きがいに」思わないほうがよさそうだ

これを生きがいにすると、そこで力みが出たり、「気づく」ことに依存が生まれてしまうから。

気づこうと、気づかなからろうと、どちらでもよいのだ。

神の恩寵は全ての人に平等に降り注いでいる。。。

|

2008年2月18日 (月)

キンダーブックの思い出

ハコミのインナーチャイルド・ワークの続きとして。

私の中にはたくさんの傷つき体験があるのだけど、今日書くのは大人になった私が笑い話として人に話せるようになった愚かで可愛いチャイルドのお話。

私が保育園児だったとき、「キンダーブック」という幼児向けの月刊誌(?)があって、希望者には保育園で定期購読を募っていた。

私もキンダーブックを買ってもらっていたのだけど、ある月の集金日、母親から渡された雑誌代(たぶん160円とか)を保育園の先生に渡すのを忘れてしまった。

私はいつも完璧な子供でなければいけないと思っていたので、集金日にお金を渡せなかったので、もうどうしていいのかわからなかった。

(大人の自分から見たら、1日くらい遅れて渡したってなんの支障もないのにね。)

私は、証拠隠滅のために代金を畑の土の中に埋めてしまた!!!

正確に言うと、小銭の10円や50円は使い込んでしまった(~_~;)!!!

そして、当時幼児の私にとっては100円というのは大金だったので、こんな大金を使ったら絶対バレると思って恐くて使えず、思い余って土に埋めてしまったというわけ。

保育園の先生から「キンダーブックの代金をまだ受け取ってないのですが」という問合せが母に届き、母は「おかしいね~。ちゃんとこの子に持たせたはずなのに。」と言っていたのを覚えているけど、真相を追究されることはなかった。
(でも、その後「キンダーブック」を取ってもらえなくなった(T_T)

幼い頃に犯した「犯罪」は私の心に深く罪の意識を植え付けた。

ず~っといつかバレてひどい目に会うのではないかとビクビクしてた。

たぶんこのことがひとつの原因となって、その後小学校に上がってから学校で必要な文房具さえ、堂々と「買って!」と言えなくなってしまったのだ。

今、大人の自分から見たら、なんて健気で可愛い子供だろうと思う。

間違いを犯してしまった小さなさいちんを抱きしめて

「大丈夫だよ~。恐くないよ~。怒らないよ~~~。」と言ってあげたい。

|

2008年2月17日 (日)

インナーチャイルド・ワーク

前回の日記からあっという間に2週間過ぎてしまった。
先月末から2月1日までボディワークの研修があり、次の連休はハコミセラピーのトレーニング。
その間にフェイスヒーリング・モニターの募集をしたら思いの他、ご予約が殺到(ちょっと大袈裟)し、あれよあれよの2週間だった。

フェイスヒーリングについてはまた改めて書くとして、前回のハコミでのことを自分のメモ代わりにちょっとだけ書いておきたい。

前回ははじめて4日連続の勉強会。
2年強の全トレーニング過程のちょうど折り返し地点だった。

この1年、ハコミで何をやったっけ?と思い出そうとしてもあまり具体的なことは覚えてない。

ハコミのトレーニングも回を重ねるごとに内容が変化し続け、最近ではテクニック以前のクライアントとの関係性の作り方、その前に自分自身の在り方についてきちんと土台を作ることを全トレーニング過程の前半部分を割いている。

なので、この1年はただただクライアントに愛を持って接し、しっかりとクライアントの今ここについていくことに慣れるためのトレーニングだった(ように思う)。

そして今回は、ハコミの中でもメイン・イベント的なインナーチャイルド・ワークがテーマだった。

人は多くの場合、子供の頃に様々な傷ついた体験を持っていて、まだ狭い世界しか知らない子供は自分の体験から世界を一般化し、自分を守り生き抜くための防衛方法を身につけたり、不都合な思い込み(ビリーフ)を作ってしまう。

セラピーが深まるとしばしばこの傷ついた子供が現れてくることがあるので、そんなときはクライアントのインナーチャイルドに向かって話しかけ、事情を聴き、気持ちを受け止める。そして、傷ついた裏には「本当はこうしてほしかった。本当はこう言ってほしかった」という未完の気持ちを今ここで擬似体験としてではあるが体験することで、古い傷が癒え、新しい考え方や生き方が出来るようになるのだ。

大人になった今、昔の体験を掘り起こして、その時得られなかった癒しを擬似体験することがなんで今の自分を癒すのか・・・?

どうやら、深い瞑想状態でそういう体験をすると、脳は現実と幻想の区別がつかず、あたかも本当にそのときにキズが癒え、満たされた体験をしたように錯覚してしまうらしい、というのがある体験者からの声だった。


さてと、ところで、私は自分がインナーチャイルドになるのは結構苦手だ。
私は子供らしさのない子供だったので、どんな風に子供をしたらいいのかよくわからない。

そこで、私はセラピスト・ロールを取るのが結構好き。

クライアントのインナーチャイルドに寄り添うことで、「子供ってこういう体験をしてこんな風に思い、こんな風にふるまう」ということを、今さらながら最勉強中という感じになる。

そして、今生では母親になる予定はないけれど、母親的な愛情を擬似体験することもできる。

言ってみれば、私にとってセラピーは半分演劇に似てる。

そうそう、今回の勉強会で印象的だったことは、インナーチャイルドを癒す役割をセラピストが全部負ってしまうことを奨励せず、早めにクライアントの大人の部分に登場してもらって、今現在の大人の自分がいかに自分の中の傷ついたチャイルドを手助けできるかということに重きを置くことだ。

セラピストがチャイルドを助けるのはある意味簡単だけれど、それだとどうしても「依存」が生じる。
依存関係を作らずに、セルプヘルプできる道を探すのが一番クライアントにとって大切なことなのだ。

こういう意味でもハコミセラピーは進化している、という。

たしかに、「依存」というのはとても大きな問題だと思う。
私自身、この仕事をしていく上で、クライアントに依存させない、自分がクライアントに依存しない、ということをいつも肝に銘じておきたいと思っている。

*~*~*~*~*~*~*~

なんだかどんどん長くなってしまうなぁ・・・

私の中のチャイルド。
キズついたのではなくて、楽しい思い出のチャイルドワークというのがあった。

私にはあまり楽しい記憶がなく、楽しいチャイルドワークが実は苦手だった。

でも、無理にチャイルドになろうとせずに、子供の頃の数少ない楽しい思い出を語ってるうちに、グループメンバーとの相乗効果もあり、だんだん開放されてきて、歌を歌ってしまった♪

実は子供の頃、本気で歌手になりたかったんだ。

生まれて初めて夢中になったのはピンキーとキラーズの「恋の季節」だった(ああ、年齢がバレる・・・(T_T)。
それから数年後にはフィンガーファイブに夢中だった。

歌を歌ってると、体の奥の方から喜びとワクワクが湧いてくる。
ご丁寧に夢の中でも続きの歌のオンステージをやっていた。

翌日には、歌を歌って夢中で楽しんでたときに私を襲った驚天動地のトラウマについて扱った。
そしたら、また夢の中で続きのワークをしていた。

4日間でいろんな子供時代の思い出を思い出し、語り、泣いた。

*~*~*~*~*~*~

ああ、とてもここには語りつくせないたくさんの思い出があった。

3日目の最初にラビングプレゼンスのエクササイズをしていたとき、向き合った男性を見ていたら、突然幼馴染の男の子を思い出した。
たぶん生まれて初めて友達になって、楽しく遊んだ男の子だ。
彼はとても優しかった。彼との間にはなんの危険も感じなかった。

彼のことを思い出していたら、とてもとても満たされた気持ちになって涙が溢れてきた。

全然忘れていたけど、私の人生の最初の時期に大きな大きな滋養をもらってたんだぁ~・・・

なんだか感謝の気持ちでいっぱいになった。。。

*~*~*~*~*~

傷ついた思い出もあるけれど、それはまたの機会に書くことにしよう。。。

|

2008年2月 3日 (日)

フェイスヒーリング・モニター募集!!

Faceyuri 先日、編カンパニーの「フェイスヒーリング」講習を受けてきました。

フェイスヒーリングは、エサレンのタッチを生かして優しくお顔にマッサージすることで心身共に深いリラクゼーションを体験してもらおうと、エサレン・ボディワークの日本での草分け的存在の編カンパニーが独自に開発したものです。

服を着たまま受けて頂くことができるので、全裸になることに抵抗のある方などにも気軽に受けて頂けるかなと思って受講してきました。

また女性はやっぱりお顔を触れられるのが好きなのかな~と思って。

受けてみると、顔に触れられるって、とても小さい頃に親から受けた愛情みたいな、とても暖かく安らぎに満ちた感覚を得られるなぁと思いました。

そして、エサレン・ボディワークを受けたときと同じように時間の感覚がなくなり、頭が真っ白になり、とても瞑想的な体験ができます。

フェイスヒーリングのキャッチ・コピーは「ハートが深呼吸してる」なんてのがありますが、本当に呼吸が深まります。

「ハートチャクラが開く」とも言われますが、実際自分のハートチャクラが開いたように感じました。

また、フェイスヒーリングでは、お顔だけでなく、全身にも軽く触れていきます。

・・・というわけで、モニターを募集させて頂きます!

期間は2月29日まで。
先着10名様までは60分2000円 受付終了しました。(2/6)
それ以降の方は60分3,000円
でセッションさせて頂きます。

セッション後に簡単なアンケートにご協力ください。

詳しくはホームページをご覧ください!!!

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »