« アロマセラピー?それともエサレン(R)ボディワーク? | トップページ | 偽善 »

2008年1月18日 (金)

湧き出る泉

Kakitagawa 私は昔から泉とか湖とか沼とかが好きだった。

誰もまだ分け入らないような奥地にひっそりとあって、鏡のように静かな水面をたたえ、静かにそこにある。

とても神秘的で・・・

このブログのタイトル「湧き出る泉のように」とは、自分自身の奥深いところから湧き出るものを生きたいという気持ちと、エサレン研究所の滾々と湧き出る温泉を元につけたのだけど、最近、聖書の中に「泉」について記述してあることを知り(以前からなんとなく聞いたことはあったけど、今回改めて目に入ったので)、ここに書いておきたくなった。

イエスがサマリヤ地方に立ち寄ったとき、ある女性に対して言った言葉。
(私はクリスチャンではないので、イエスに"様"も敬語も使いません、あしからず・・・)

「この水(井戸の水)を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」

なかなか素敵な言葉だな、と思う。
(もう少しましな言い回しはないのかと自分でも思うけど、美しい言葉が出てこない)

まあ、私にはイエスのような大したことはできませんが、私から伝わった何かが「その人のうちで泉となって」、いつでも自分の力の源にアクセスできるようになったらいいな。

でも、そういう「水」を人に与えるためには、まずは自身の泉を溢れんばかりの水で満たさないとね・・・

|

« アロマセラピー?それともエサレン(R)ボディワーク? | トップページ | 偽善 »

11. スピリチュアル」カテゴリの記事

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事