« 偽善 | トップページ | 私の偽善心 »

2008年1月24日 (木)

Mixiに書いてみたら

昨日の「偽善」に関する日記をMixiに載せたら、一晩ですごい数のコメントを頂いた。

私はただ殴り書きしただけなのに皆さんとても真剣にコメントされていて恐縮するとともに逃げ出したくなった。

一応、自分の書いた日記にコメント返しをすることは自分の責任だと思って一人ひとりにコメ返ししたけど、これも部分的に「偽善」の範疇に入るだろ?と思ってしまう。

「偽善」について具体的な例をひとつあげると、たとえばMixi。

私は最近Mixiに疲れている。
気がつけばマイミクさん108人。
みなさんの日記はできれば読みたいし、コメントもしたい。
でも、全部読んでコメントしてたら1日が終わってしまう。
(とは言え、よ~く自分の心を眺めれば、そんなに興味のない内容もあるし、見たくないのもある。)


でも、自分で書きたいことは時々はあるし、
コメントもらえればうれしいし。

自分にしてほしいことを人にする、こともままならず・・

すっぱり「Mixiやめます!」宣言もできず・・・

こんな自分を身勝手なやつだなぁと思い・・・


日記も、読む人の顔を思い浮かべると
「こんなこと書いたらあの人気を悪くするかな?」
とかいろいろ慮り、
どうもぶっちゃけた正直な気持ちをあまり書けてないよなぁ・・
と思う今日この頃です。

その点、こっちのブログは書きっぱなしなのですごく気が楽だ。
(今日の日記の内容、Mixiに書いたのを転載しながら微妙に変えて掲載してます)


私はゲシュタルト・セラピーの思想にすごくこだわるのだけど、
それは私がまだまだ実存的な自分自身になれないからなのだなぁと思う。

ここらでひとつ、またしてもゲシュタルトの祈りを書いて
自分にもどろうと思う。

*~*~*~*~*~*~*~

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -
私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schön,
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

                        Frederick Perls
                        フレデリック・パールズ

|

« 偽善 | トップページ | 私の偽善心 »

12. 日々のつれづれ」カテゴリの記事