« 2007年を振り返って | トップページ | お正月 »

2007年12月31日 (月)

バイオダイナミクス7

2007年の日記は今朝の「振り返り」で打ち止めにしようと思ったのだけど、今日の午後、自分の体の大掃除のために「バイオダイナミクス7」を受け、その効果がすごく感じられて興味深いので、ついまた書いてしまう。

場所は、先日の日記にも書いたふじ治療院

セッションの前に、ちょうど無料の説明会があったので予約しておいたのだけど、説明会に来たのは私だけだった。

本当はバイオ7の一歩手前の、もうちょっとお手軽な「イグニッション」というものの説明会だったのだけど、参加者が私だけだったのでバイオダイナミクス7の説明となった。

本当に、話を聴けば聴くほど面白い。

どんな内容か知りたい方は、ぜひふじ治療院へ行ってください。
こんなにスゴイものが世間でほとんど知られていないのはもったいない。

先生は宣伝とかはあまり得意でなさそうなので、いつもお世話になってるお礼も込めて、自分の体験をブログに書きます。

さて、セッションを受ける前に1時間も説明を聞き、いろいろ質問もしてしまったので、セッション中私の左脳は静まってくれず、あまりリラックスできた感じがしなかったので、これで効果あるんだろうか?といぶかしんだが、治療院を出てから、徐々に体に変化が現れている。

なんかフワフワしてるような、膝が立たないような感じがまずある。

そして、だんだん頭が重くぼぉ~~~っとしてきている。
目を開けてるのもつらい。
こんなものを書いてないで、ベッドで眠ってしまった方がよさそうだ。
ほとんど朦朧としながらこの文章を書いている。。。

バイオの以前のバージョンとは明らかに違う反応が現れているのがわかる。

これから3日~1週間くらい体が変わっていくそうだ。
どんな風になるのだろう?

12/18に受けた施術は結構物理的な施術だったのに、はっきりした変化を感じたのは3~4日経った頃だった。その後、1週間余り、体が開いていくのが感じられた。夢もたくさん見た。

ところで、バイオの説明は、聞けば聞くほどスピリチュアルだ。

「"Breath of Life"が正中線を流れる」というのはわかる。

それが流れるとき、体のどこかに病変(リージョン)があると波がつかえちゃうわけだけど、そのリージョンも、バイオでは体の中だけではなく、体から離れたオーラのどこかだったりすることもあるらしい。

そして、正中線も、個人のだけでなく、家族全体のや、もっと大元の正中線というのもあり、自分の病気の原因が個人だけの問題でないこともあるという。

逆に、個人を治療することで家族みんなが癒されてしまうこともある。

よくあるのは、赤ちゃんを治療に連れてきて、赤ちゃんの施術をしている間、ご両親が待合室でウトウトし、その間に赤ちゃんだけでなく両親のプロセスを癒していると感じられることがあるという。

一人分の施術料で家族全員治療してしまうのだからありがたい。
でも、当のご両親は自分の体に何が起こったか気がついていない場合がほとんどだ。
先生も、お金にならなくて大変だね~と同情してしまう。

赤ちゃんはまだ魂(バイオでは”エンブリオ”と呼ぶ)はほとんどきれいなので、不調の原因はむしろ親なのだ。

また、バイオ7では、いわゆる"スティルネス"(=ゾーンD)という個人の根本的なHealth(健全)にアクセスするのだが、相手のHealthにアクセスするためには先ず自分自身のHealthとつながらなければならない。

相手の無意識は、施術者が自己のHealthを開示することで、安心して自分のHealthを開くことができる。

特に、赤ちゃんはHealthからあまり離れていないから、大人に対するときよりもよりダイレクトにこの反応が起こるという。

このHealthとは要するに、"魂"のことだ。

そして、バイオ7で言われていることは、ハコミなどの心理療法でも全く同じだと思う。

セラピストはクライアントよりもずぼっと深く自己の中に座っていないと、クライアントは自分を開けない。
クライアントと同レベルで話をしていてはラチがあかない。

相手のHealth=魂を感じて、無意識が安心するというのは、心理用語ではいわゆる「ラポール」だと思う。

結局、ハコミをやろうが、バイオをやろうが、同じところに辿り着く。

ただ、バイオは体の領域を深く深く降りていくので、心理療法よりも深~~~いところに行ける気がする。

バイオ7ができるようになれば、ハコミなんかお茶の子さいさいで出来るかも???

ああ、バイオを勉強したい・・・

切なる願いと共に、2007年も暮れていくのだった。。。

|

« 2007年を振り返って | トップページ | お正月 »

03. クラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー」カテゴリの記事

07. ボディワーク」カテゴリの記事