« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

バイオダイナミクス7

2007年の日記は今朝の「振り返り」で打ち止めにしようと思ったのだけど、今日の午後、自分の体の大掃除のために「バイオダイナミクス7」を受け、その効果がすごく感じられて興味深いので、ついまた書いてしまう。

場所は、先日の日記にも書いたふじ治療院

セッションの前に、ちょうど無料の説明会があったので予約しておいたのだけど、説明会に来たのは私だけだった。

本当はバイオ7の一歩手前の、もうちょっとお手軽な「イグニッション」というものの説明会だったのだけど、参加者が私だけだったのでバイオダイナミクス7の説明となった。

本当に、話を聴けば聴くほど面白い。

どんな内容か知りたい方は、ぜひふじ治療院へ行ってください。
こんなにスゴイものが世間でほとんど知られていないのはもったいない。

先生は宣伝とかはあまり得意でなさそうなので、いつもお世話になってるお礼も込めて、自分の体験をブログに書きます。

さて、セッションを受ける前に1時間も説明を聞き、いろいろ質問もしてしまったので、セッション中私の左脳は静まってくれず、あまりリラックスできた感じがしなかったので、これで効果あるんだろうか?といぶかしんだが、治療院を出てから、徐々に体に変化が現れている。

なんかフワフワしてるような、膝が立たないような感じがまずある。

そして、だんだん頭が重くぼぉ~~~っとしてきている。
目を開けてるのもつらい。
こんなものを書いてないで、ベッドで眠ってしまった方がよさそうだ。
ほとんど朦朧としながらこの文章を書いている。。。

バイオの以前のバージョンとは明らかに違う反応が現れているのがわかる。

これから3日~1週間くらい体が変わっていくそうだ。
どんな風になるのだろう?

12/18に受けた施術は結構物理的な施術だったのに、はっきりした変化を感じたのは3~4日経った頃だった。その後、1週間余り、体が開いていくのが感じられた。夢もたくさん見た。

ところで、バイオの説明は、聞けば聞くほどスピリチュアルだ。

「"Breath of Life"が正中線を流れる」というのはわかる。

それが流れるとき、体のどこかに病変(リージョン)があると波がつかえちゃうわけだけど、そのリージョンも、バイオでは体の中だけではなく、体から離れたオーラのどこかだったりすることもあるらしい。

そして、正中線も、個人のだけでなく、家族全体のや、もっと大元の正中線というのもあり、自分の病気の原因が個人だけの問題でないこともあるという。

逆に、個人を治療することで家族みんなが癒されてしまうこともある。

よくあるのは、赤ちゃんを治療に連れてきて、赤ちゃんの施術をしている間、ご両親が待合室でウトウトし、その間に赤ちゃんだけでなく両親のプロセスを癒していると感じられることがあるという。

一人分の施術料で家族全員治療してしまうのだからありがたい。
でも、当のご両親は自分の体に何が起こったか気がついていない場合がほとんどだ。
先生も、お金にならなくて大変だね~と同情してしまう。

赤ちゃんはまだ魂(バイオでは”エンブリオ”と呼ぶ)はほとんどきれいなので、不調の原因はむしろ親なのだ。

また、バイオ7では、いわゆる"スティルネス"(=ゾーンD)という個人の根本的なHealth(健全)にアクセスするのだが、相手のHealthにアクセスするためには先ず自分自身のHealthとつながらなければならない。

相手の無意識は、施術者が自己のHealthを開示することで、安心して自分のHealthを開くことができる。

特に、赤ちゃんはHealthからあまり離れていないから、大人に対するときよりもよりダイレクトにこの反応が起こるという。

このHealthとは要するに、"魂"のことだ。

そして、バイオ7で言われていることは、ハコミなどの心理療法でも全く同じだと思う。

セラピストはクライアントよりもずぼっと深く自己の中に座っていないと、クライアントは自分を開けない。
クライアントと同レベルで話をしていてはラチがあかない。

相手のHealth=魂を感じて、無意識が安心するというのは、心理用語ではいわゆる「ラポール」だと思う。

結局、ハコミをやろうが、バイオをやろうが、同じところに辿り着く。

ただ、バイオは体の領域を深く深く降りていくので、心理療法よりも深~~~いところに行ける気がする。

バイオ7ができるようになれば、ハコミなんかお茶の子さいさいで出来るかも???

ああ、バイオを勉強したい・・・

切なる願いと共に、2007年も暮れていくのだった。。。

|

2007年を振り返って

さて、2007年を振り返ってみよう。

2007年1月早々にエサレン(R)ボディワークの30人セッションを完了した。
喜びもつかの間、両手首が腱鞘炎になるという不甲斐ない自分の体に驚き、これからプラクティショナーとしてやっていけるのだろうかという大きな不安ととも1年が始まった。

1月~3月までの間、体を休めつつ、ウェブクリエイター養成校でHP制作についての勉強をした。

ちょうど30人セッションも終わり失業保険の給付を受けながらの通学は渡りに舟のタイミングで、自分のサロンのHPを作るために大いに役立ち、神様のアレンジメントに感謝した。

3月にエサレンの認定証が届き、約1ヶ月半かけてHPを制作し、4月17日の新月の日にサロン・オープンの告知をした。

どうやってお客様を集めたらいいのか、全く暗中模索だった。

最初は「エサレン」という名前を求めて遠くからも来て下さる方を当てにしてサロンを始めてはみたものの、やはりきちんと運営していくためには特別なマニアックな人たちばかりでなくご近所の普通の人達にも来て頂けるサロンにしたいと思うようになり、ポスティングを始めた。

はじめはものすごく悪いことをしているようで罪悪感と羞恥心を感じながら配り始めた。

でも、一人、また一人とお客様が来て下さり、みなさん口を揃えて「こんな近くにこんなお店があってうれしい」と言ってくださった。
その声に気を良くし、ずいぶんたくさんのチラシを配った。

エサレン以外の勉強も進めた。

レイキ、クレニオセイクラル・ワーク、バッチ・フラワーエッセンス、と次々と勉強しては無謀にもどんどんサロンのメニューに加えていった。

将来やってみたいと思っていたグループワーク(ワークショップ)も、意外なご縁で早々に実現した(出来に関してはかなり疑問ではあったけど)。

読書会も10月に実現し、自分がやってみたいことの進水式は全てクリアした。

初夏の頃にはまとめてどど~んと思いっきりディープなスピリチュアル・ワールドの住人たちと知り合い、交流にエネルギーを注いだ。

いよいよ私も高次の方々からのご指名を預かり重要な仕事を始めるのかと有頂天になったりもした。

でも、秋の始まる頃、思いっきり傷つき、墜落・撃沈して、地を這う秋を過ごした。

地を這ううちに、自分自身の中に落ち着きを取り戻し、自分には何ができるのか、自分の本当にやりたいことは何なのかが少し明確になってきたように思った。

少しずつ、少しずつ、サロンの運営方法やHPの手直しをしていった。

12月に入ったら急にパタパタと予約が入り出し、いよいよ"サロンっぽく"なってきた。

だがしかし、急にエサレンを続けて行ったら、あっという間に右手が痛くなった。

ヤバイ、やば過ぎる。。。

またまた対応策を考える・・・・・・・

こんな風に、今年一年は暗中模索、試行錯誤の連続だった。

でも、自分のやろうとしていることにまっしぐらだった1年かもしれない。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

ところで、今の私の宝物はセッション記録ファイルです。
ここに1枚、1枚と追加されていく記録が私の財産の全てだなぁと思います。
一番北は仙台から、一番南(西)は浜松から、一番東は千葉県香取市から、そして一番近くはサロンから約200mのところから、本当に様々な方に来ていただきました。

おまけに、こちらから出向くという形で岡山周辺の方々にもお世話になりました。

さらにさらに、お客様としてではなく出逢った方々とも素敵なエネルギーの交流ができました。

中には、まだリアルワールドではお会いしたことのない方々もいます。
遠く、海を挟んだ外国にお住まいの方々など・・・

みなさんから頂いた様々なエネルギーが混ざり合って、今の私という存在とサロンという場が成り立っています。

とにかくとにかく、2007年に出逢った全ての方に深い感謝を捧げます。

本当にどうもありがとうございましたm(__)m

来年も引き続き試行錯誤していくけれど、来年はもう少しゆっくりと周りの景色を楽しみながら進む余裕がもてればいいなぁ~と思っています(*^o^*)

|

2007年12月20日 (木)

天の助け

Pc180126 先日、近所のオステオパシーの先生から電話があった。
「大掃除していたら要らない本がたくさん出てきたのでもしよかったら差し上げますよ」と。

超、うれしい!

というのも、私がボディワークを勉強したいと思ったそもそものきっかけが、この先生の施術を受けたからで、はじめて患者としてFUJI治療院を訪れてから6年目にしてついに私もボディワークを仕事とするようになり、先生が一応後輩として認識してくれたんだなぁと思って。

頂いた本は今流行りのディープティシューや筋膜リリース、そして解剖学の本など数冊。
これを全部読んで自分のものにするのは超大変だけど、写真を見ているだけでもすごく参考になる。すぐにでもエサレンに組み入れられそうなものも多い。

一歩ずつ、自分の技術を洗練させていきたいな。

ところで、電話を頂いてうれしかった理由はもうひとつある。

最近自分の身体がガチガチで我ながらヤバイな~と思っていて、近日中に治療に行きたいとずっと思ってたのについ目先のことに囚われてなかなか予約の電話ができなかったのだ。

だから先生から電話を頂いたことでその場で翌日の治療の予約を入れた。

先生に診てもらうと、右肩が前に出ている、右肘の小さな骨がずれている、右の上腕部の筋肉が「うわっ、硬い!」、みぞおちも「硬いな~~~!」と呆れ声。

医者の無養生ならぬボディワーカーの無養生・・・

自分を大切にするって本当に難しい。。。

約1年ぶりに先生に診てもらって、ひとまずはホッとした。

「身体」に関する限り、この先生が私の目標であります。

*~*~*~*~*~

その先生が最近新たな動きを見せ始めた。

究極のオステオパシー(究極のクレニオ)と言われるバイオダイナミクスの説明会を開いたり、瞑想会を開いたりしはじめたのだ。

新小岩という下町であまりにもフツーの患者さん相手に治療を行っているが、本当はすごい先生なので(大絶賛)、自分のやっていることを広めるための活動を始められたのはすごくいいことだと、自分のことのようにうれしくなった。

それにしても、先生はバイオダイナミクスを以前は100分12,000円でセッションしていたのに、最近は60分7,350円になっている。

バイオにもいろんな段階があり、レベル7まで行くと"ゾーンD"とか言って時間の関係ない世界にアクセスするので長い時間は要らなくなるのだそうだ。

だったら短い時間でももっと高い料金を取ってもいいと思うのだけど、先生は「多くの人に受けてほしい。バイオダイナミクスを広めたい」ということで超お手頃な値段設定になっている。

興味のある方は受けてみられるといいです。


実際、私のサロンにいらっしゃるお客様で身体がすごくつらいという方にはついついこの先生を紹介してしまう。
先日の電話の際も、「いつも色んな方を紹介して下さってありがとうございます」と言われてしまった。

少しは自分でなんとかしろよ、とも思うのだけど、私は「治療」としてはやっていないし、ゲシュタルト・アウェアネスのクリス・プライス女史が言うように「壊れているなら治さない」という方針でやっているので、どうしても治りたい方はぜひあちらに行って頂きたいと思うのです。

とは言っても、FUJI治療院でも矯正とかはせず、あくまでも患者さんの「自然治癒力が発動するお手伝いをする」ということで施術していらっしゃいます。

私のサロンでは、身体そのものというよりも、心や、生き方そのものにフォーカスしています。
そんなに大袈裟なことはしないけれど、身体の感覚を感じることで自然と本来の自分自身に戻り、自分が本当に気持ちのいい生き方に気づくお手伝い。

セッションの前後の会話中に「あっ!」というひらめきや気づきを得られているクライアントさんも結構いて、そういう場に立ち会うときに私は無上のヨロコビを感じています。

あれ?タイトルとだんだん関係ない内容になってきたので、この辺で。。。

|

2007年12月15日 (土)

Sundari(スンダリ)に掲載されました!

Sundari001  今日、12/15発売の、その名も"魂が歓喜するスピリチュアル・ヒーリングマガジンSundari(スンダリ)」"Vol.4にエサレン(R)ボディワーク・サロンKai~海~が紹介されました!(Sundariの発売は3ヶ月に1度です)

記事が載っているのは、「スピリチュアル・サロン」というコーナーの103ページで、「"今ここ"をクライアントと共有するセラピー」ということで1/2ページのスペースを割いて紹介されています。

本屋さんに立ち寄った方はチラリと眺めてやってください。
多少誇大広告?って感じの記述もあるけれど、その辺は笑って許して下さい。

先月上旬に取材を受けて、この手の世界のことは何も知らないライターさん相手に、なんだか抽象的な説明をして、果たしてどんな記事になるのだろうかと不安だったけれど、送られてきた原稿を見て、さすが、プロのライターさんってスゴイなと思いました。

限られた文字数の中で的確に表現されてると思いました。

写真は、今日の発売号を見るまでどんなものになるかわからなかったのだけど、ちょっと華がなくて、トリートメントルームの様子もいまいち、自分の顔写真もまあ、ありのままだなぁって感じで、ちょっとガッカリな部分もあるけれど、何しろ無料でこんなにきちんと載せてもらったので文句は言えません。

しかも、紹介してくれた友達から「ゲラのチェックは入念にした方がいいよ。編集者のチェックはいい加減だから」とアドバイスされていたので、入念にチェックしたのに、やっぱり何箇所か誤字があってちょっとショック。

それは””の記号やレジスター・マークがPCの機種によって誤変換されてしまったためで、私にはチェックの仕様がなかった・・・

(一番肝心な”心と身体はひとつ”と”今ここ”という言葉を括っているダブルクォーテーションマークの始まりのチョンチョンが「メ」に化け、終わりのチョンチョンは「モ」に化けていて、意味不明の文章になってしまっている。よくよく見ると情けなさが倍増してくる(ToT))

でも、まあ、いいや。。。

*~*~*~*~*~

それよりも、この取材の話を紹介してくれた友達というのが、3年ほど前に色々あって私から突然縁を切ってしまった人だったということがとても感慨深いのです。

その頃、何度も正面からぶつかり合い、なんとか分かり合いたいと思い悩んだのだけどどうしても分かり合えず、私は傷つき疲れ果ててしまって、突然自ら絶縁してしまったのでした。

(といっても問題は彼女と私の1対1だけの問題ではなく、その場全体の問題だったけど。)

もしかしたらもう2度と会うこともないかもしれないと思っていたのに、しばらく経ってから彼女からコンタクトがあり、私はとてもとてもうれしかった。

1年半ぶり(ちょうど私が会社を辞めてエサレンを学ぶ決心をした頃だった)に彼女と再会し、今後のお互いの夢について語り合った。
あの頃あんなにぶつかったのに、やっぱり二人とも結局同じものを志していることを確認できて、人生の不思議と慈悲を味わった。

人生って矢のような一方通行ではなくて、ブーメランのように戻ってくることがあるんだなぁと、しみじみと思った。

そんな、過去にひと悶着あった彼女が今回こんな話を持ってきてくれたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

お互いに忙しくてそれ以来会ってもいないし、別々のことをしているけれど、「同志」がいるなぁと、とても心強く思っています。

*~*~*~*~

Sundari(スンダリ)に登場する人やサロンは玉石混合って感じで(私自身も玉だか石だかわかりませんが)、この雑誌を見てどんな人がサロンに来て下さるのか、ちょっと楽しみです。

|

2007年12月 8日 (土)

澄んだ時のひびき

12/5に友達二人が出演するハルモニア・コンサート
「澄んだ時のひびき」に行って来た。

彼女達から聞いていた話では、ハルモニアの合唱は「聴く」合唱であり、
「後ろに向かって声を出す」のだそうだ。

自分の耳を開き、他者の声と共鳴しながら自分の声を探求することで
自分の中心へと向かい、宇宙を感じる。

どんなものなのか実際に聴いてみたくて、とても楽しみに出かけた。

場所はルーテル市ヶ谷センター。
とても美しいコンサートホールだ。

一曲目の歌が始まるやいなや、私の目からハラハラと涙がこぼれた。

これは何だろう?

なつかしい、自分の魂のふるさとに触れるような・・・?

自分の体全体が彼女たちの波動とチューニングしているような・・・

「日常」という固くてごわごわした分厚いコートを、
暖かく柔らかい太陽の光で脱がされるような、そんな感じかな。

コートを脱いで、つるっとした自分の魂がそこに現れるような。。。

ひと泣きした後は彼女達の歌声とぴったりと波長が合って、
あとはず~っと心地よく音のひびきの中に包まれていた。

12月というのはこんな風に静謐なときを過ごすのに最適な季節だなぁと感じました。

ハルモニアのHP。
CDコーナーからは合唱の試聴もできます。
http://www.harmonia-p.com/index.html

また、HP内に掲載されているハルモニアを主宰するピアニスト鍋島久美子さんの
雑誌「スターピープル」でのインタビュー記事《音で旅する意識空間》は非常に奥深いです。

一読をオススメします。

…………………………

「後ろに向かって声を出す」というのはどんな感じだろうかと、
翌日、お風呂に入っているときにやってみました。

なんだろう?

とても新しい感覚。

後ろに向かって出しているんだけど、自分の中心に向かってるような感じがする。

そして、自分の体の中に空間を感じる。

ハルモニアが探求している世界のほんの入り口の入り口を垣間見たような気がした。

これからもお風呂に入ったときに、静かに後ろに向かって声を出してみたいと思う。

|

2007年12月 3日 (月)

"What are you doing christmas eve?"

001

今月、当サロンはフェビアン・レザ・パネさんのピアノ曲集"What are you doing christmas eve?"でお客様をお迎えします。

フェビアンの曲は普段からCD「水平線への回帰」、「天空への礼賛」、「海の幻想曲」などから適当にピックアップしてサロンのBGMに使っていますが、今月はChristmasをテーマしたスタンダード曲をフェビアンがソロピアノでアレンジ・演奏した、クリスマス・アルバムでお届けします。

曲目はだれでも知っているポピュラーなものが集められていますが、フェビアンがピアノを弾くと一味も二味も違ったテイストになります。

002

私にとってピアニストと言えばフジコ・ヘミングかフェビアンか、というところです(実はあまり知らんのです)。

フェビアンのピアノはとても透明で、ピアニッシモと、音と音との間合い、沈黙の音をとても大切にしていると感じます。
そして、過剰な感情移入のない中立さがとても心地よく、安心感を感じながらも細胞の深いところに染み渡ってくる、そんな感じ。
(私がセラピーで目指すスタンスともよく似ているのではないかな?)

過剰にスピリチュアルでもアヴァンギャルドでもなく、でもフェビアンにしか出せない無二の音空間。しかも、とてもソフィスティケートされています。

もともと、長谷川きよしさんのバックで弾いているときに知り、そのピアノの音色と、鍵盤をなめるような指先のセクシーさに魅了されたのでした。

最初はどこの貧乏音楽家だろう?なんて思ったけれど、それは大きな間違いで、実際はきよしさんよりも売れっ子なんじゃないかと思います。

フェビアンのHP
http://www.ne.jp/asahi/hp/febrepa/

CDもいろいろあります。ご参考までに。

|

2007年12月 1日 (土)

Kai~海~よりX'mas特別価格のご案内

今年も早くも12月となり、1年も終わりに近づいております。
今年はいつになく冬の訪れが早く寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

さて、Esalen(R) Bodywork Salon Kai~海~では、今年1年の感謝を込めて、
ささやかですがX'mas特別価格を設定させて頂きます。

12/1から12/30までの間
エサレン・ボディワーク各コースが10%OFF
となります。

[X'mas特別料金(10%OFF)]
エサレン・ボディワーク+クレニオセイクラル110分15,000円13,500円
エサレン・ボディワーク 90分12,000円10,800円
              75分10,000円 9,000円
               60分 8,000円 7,200円


<クレニオとフラワーエッセンスは12月末まではお試し価格です>
クレニオセイクラル・ワーク60分8,000円6,000円
フラワーエッセンス・カウンセリング60分8,000円5,000円
フラワーエッセンス+クレニオセイクラル120分15,000円10,000円

レイキ・ヒーリング 40分 4,000円


尚、タクシー代キャッシュ・バック(1万円以上のコースの場合のみ)も継続中です。

この一年がんばった自分にぜひご褒美をあげて、新たな1年を迎える準備となさって下さい。

みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

詳しくはホームページをご覧ください。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »