« フィンドホーン・フラワーエッセンス・フルセット到着! | トップページ | ついてる! »

2007年11月23日 (金)

今日は二の酉!!

Pb230042_2 Pb230052_2

今日は二の酉です。

昼間と夜、2度も新小岩香取神社へ出向きました。

今年は例年になく冬の訪れが早いようで、シンとした切れるような空気の中、大勢の人がお参りにいらしてました。

やっぱり二の酉の方が断然賑わってますね。
熊手を買って、シャンシャンシャンの手締めの音があっちからこっちから響いてきます。

というか、熊手って、"買い方"があるというのをつい最近自営業を営む友達から教えてもらったばかり。私は本当にものを知らない人間です(^_^;)

正しい買い方とは
「買いたい熊手が決まったらお店の人と商談をして、値切った分だけ”ご祝儀”として店に置いてくるのが 粋な熊手の買い方」なんだそうだ。

実質熊手屋さんの言い値で買ったことにになりますが、
そこには私たちもちょっと殿様気分を味わい
店側もご祝儀をもらってより儲かった気分を味わう、ということなんだって。。。

私は今年は一番小さい熊手がほしいけれど、みんなで手締めはちょっと恥ずかしい、と思ったら・・・

一番小さい熊手を手に取ったら2千円と言われたので、「負けてくれるって聞いたんですけど」と言ったら、アッサリと1500円にしてくれました。そして、おつりの500円を「ご祝儀です」って返したんだけど、手締めしてくれなかったよ(-"-)

まあ、いいんだけど・・・、あまりに小さすぎたみたいです。
「商売してる人は5千円のものから」って言われたんだけど、そんな大きいものは我が家&サロンには置けないから、とにかく一番小さいのにしたんです。

神社の御札のかっこめと、商人さんの熊手、どう違うのかも私にはよくわからないのだった。

そして、今夜は蟇目の神事(ひきめのしんじ)(蟇[がまがえる]を悪霊にみたて、蟇の目を弓矢で射る様子を舞で表現したもの)がある日。

ぜひそれをカメラに収めなければ、と勇んで出かけたのです。

神社が近づくと既に神楽笛(って言うの?)の音が響いてきてすごくワクワクする。

私の子供の頃、近所の氏神神社には神主さんもいなかったしお祭りもなかったから、こういうイベントは大人になって、東京に出てきてから楽しめるようになった。

でも以前は全く無神論者だったからお祭の楽しみもまあそこそこ、出店で何か買って辺りを見物して帰るのがオチだった。

だから、今年に入ってからだよ、本当に神様にお参りするようになったのは!

さて、肝心の蟇目の神事は、ちょっと遠くてフラッシュの光もあまり届いていないのだけど、今年は若干13歳の少年が舞うご神事です。
Pb2300613 Pb2300842
右の写真は、魔よけの鈴とみかんを撒いているところで、お客さんに押されてブレブレになってしまったのですが、オーブも映ってるので載せてみました。

とある神主の友人によれば、こういうボケた写真こそ、物質世界と見えない世界との境目を捉えやすいのだとか。単にボケてるだけ、という気もしないではないけど、まあ、そういうこともあるのでしょうね。。。

祭りの夜空を見上げれば、今夜はなんと満月ですって!!!
二重におめでたい、ありがたい、ですね。

下の写真は神社の御札として頂いたかっこめです。
商売繁盛しますように☆彡
Pb230086

|

« フィンドホーン・フラワーエッセンス・フルセット到着! | トップページ | ついてる! »

10. 江戸川日和&新小岩生活」カテゴリの記事

11. スピリチュアル」カテゴリの記事