« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月29日 (水)

またこつこつと・・・

今日は久々の曇天をついて、久しぶりにご近所へチラシ配りに出かける。

これまでは集合住宅中心に配布してたけど、これからは戸建てのお家を一軒一軒丁寧に回ってみようかと思う。

夏の初めに通りがかった大杉1丁目の街の風景が、うちから1キロも離れてないのにずいぶん違うのがとても印象的だったので、今日のターゲットは大杉のあたり。

先ずは大杉天祖神社へお参りをする。

この辺り、過去に何度か通ったことがあるのになぜかこの天祖神社だけは避けていたのかめぐり会うことがなかったが、今日やっとご挨拶が出来た。

あまりに立派な2頭の狛犬に圧倒される。とても私好み♪

P8290032_6 P8290031_5

風がさわさわと吹きぬけて気持ちいい。

神社の脇にきれいな花。なんていう花だろう?

P8290033_3

丁寧に氏神様にご挨拶してから、ここを起点にして歩き出す。

5月下旬からチラシ配りを始めたけれど、今日の心境は初めの頃とずいぶん違う。

なんとなく余裕がある感じ。

以前はとにかく「悪いことをしている」気がして仕方なくて、きゅ~っと縮こまるようにして配ってた。

でも、チラシを迷惑と思う人は確かにいるけれど、私のチラシを見てサロンに足を運んで下さった方は皆さん口を揃えて

「こんな近くにこういうサロンがあってうれしい」

とおっしゃってくださる。

その言葉を頭の中で反芻するような気持ちで配る。

大杉のあたりはずいぶん新興住宅っぽいお家が多い。

とても可愛いお家があるし、きれいにガーデニングされたお家もある。

可愛いお家にはついルンルンとチラシを入れてしまう。

「この家の人とお知り合いになりたいな~」という願いを込めて。

ときどき、土地の神様に「必要な方に届けてください」とお願いをする。

チラシを配るときの心持ちも反響に影響するような気がしている。

果たして結果はどうかな???

これからまた時間を見つけてはコツコツとチラシを配っていこうと思う。

|

2007年8月26日 (日)

オーラ写真撮影会、好評のうちに終了!

昨日は当サロンにいでみっちゃんをお招きしてオーラ写真撮影会を行いました。

参加者は15名。私とダーリンを入れて17名の写真を撮って頂きました。

時間配分をうまくできなくて、一時期はサロン内に人がひしめき合ってしまう状態となり参加者のみなさんにはご不便をおかけし申し訳ありませんでしたm(__)m


最初は順番を待つみなさんもちょっと緊張しているようでサロンの中も妙に静かでちょっと気になったのですが、ある頃から急に賑やかになってきました。

それは何人かの方の写真が撮り終わって、だんだんみんなで写真を見せ合っているうちに場が和んできたからのようでした。

みなさん、それぞれいろんな色のオーラをお持ちでした。
でも昨日集まった方は紫系の方が結構多かったようです。
あと、フラメンコ友達は黄色系が多かったかな。

いでみっちゃんが驚いていたのは、みんな「リラックス度」が高いということでした。
リラックス指数がマイナスの人がいないって。

きっと当サロンの気がよほどよいのでしょう (笑)!


いでみっちゃんのオーラ写真は各チャクラの開き具合などとても詳しい説明つきです。
チャクラが元気な人、お疲れ気味の人、いろいろですけど、これをご自分を大切するきっかけにして頂ければうれしいなと思います。


正直なところ、オーラ写真撮影は単なるオーラ写真撮影、と思っていた私ですが、写真を撮りながら丁寧にクライアントさんとコミュニケーションをしていくととても強力な癒しのツールになるのだなということを、傍目で見ていて発見しました。

やはり何をやっても、どういう人がこれをするかということにかかってくると思います。

いでみっちゃんのプレゼンス(存在の仕方)があってこそのオーラ写真撮影会でした。
いでみっちゃんにはこれからもオーラ写真撮影というツールを使ってどんどん愛と光を伝えていってほしいなぁと思いました。


会の最後の方では、参加者同士でヒーリングしあう光景がありました。
リフクレクソロジーをやってくれる人、クレニオをやってくれる人。

それを見ていてとてもうれしくなりました。
私が個人的に開いたイベントで、私を超えて物事が動き出したんだなぁと思って。
こうなってこそ本当のイベントの意味があると。

1人で出来ることなんてたかが知れているけれど、みんながそれぞれ自分に出来ることを提供して勝手に癒しのエネルギーが回っていく。
そしてそのエネルギーはだんだん増幅するのです。

スバラシイ\(~o~)/

この会を開いて本当によかったと思いました。

その日たまたま隣に座っておしゃべりをした人、体を触れ合った人、一緒に帰った人、それぞれに必要があって起こっていることだと思います。
このご縁を大切にして、どんどん癒しのネットワークを広げていってほしいと切に思いました。


参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

そして、ほとんどお休みなしで働いてくださったいでみっちゃん、本当にお疲れ様&ありがとうございました。

この会を無事開催させて下さった神様、本当にありがとうございました。

*~*~*~*~*~*~

個人情報:

マイダーリンは去年バリ島のバリアン(呪術師)に見てもらったとき、「貴方のオーラは茶色」と言われ?????と思ったので今回の撮影を楽しみに受けましたが、結果は「すみれ色」でした。そして頭上にはぽっかりと空色のかたまりが。

可愛い色でなんだかちょっとうらやましい・・・

そして、私は、昔全く別のオーラ写真会社に2回ほどオーラ写真を撮ってもらったことがあって、そのときは2回とも真黄色でちょっと単純すぎてつまらなかったので、今回の撮影をやはり楽しみにしていたのですが、今回もベースはやはり黄色でした。

でも、今回は回りに緑色が加わったので、自分では少しは進歩したかなと思って満足です。

そして、私のオーラサイズはかなり大きくて、第3チャクラ(太陽神経叢)第6チャクラ(第3の目)はなんと全開でした!!

第3チャクラが全開なのは、自分の本当の人生を歩み出したからだと思います。

第6チャクラは、自分では全然開いてる自覚がなくて、「開いたらいいな~」とずっと思ってたのだけど・・・、実は開いていたのね(*^o^*)
自分では直感力や繊細な感覚を掴む力がないと思い込んでたのだけど、そんなことはなかったのだ。
これからはもっと自分に自信を持ちたいと思います。

これらのチャクラが開いた原因のひとつにはフラワーエッセンスもあるのかなぁとも思いました。

8月に入ってセラトー(自分の内側の知恵を信頼する)と、FESのスターチューリップ(自己の内面や魂の精妙なレベルに耳を傾ける能力を育てる)をずっと摂っていたから。そして、8月に入ってぱったりお客様が来なくなり、睡眠時間が増え、怖い夢を見たりして、新しい自分への自己調整をしていたから。。。

~*~*~*~*~

昨日はイベントのついでに、フラワーエッセンスのミニ・セッションを何人かの人にさせて頂きました。
そこで私なりにある発見があって、今後ボディワークの後に簡単にできるミニ・セッションを導入してみようと思いました。
セッションにお付き合い下さったみなさま、本当にありがとうございました☆彡

|

2007年8月22日 (水)

いのちの洗濯

P8200026 毎年夏には必ず訪れる私のお気に入りの場所がある。

奥多摩の沢井。
清酒・澤乃井で有名な沢井酒造のあるところ。

P8200052_2 名前の通り、あちこちの沢から豊かな水が湧き出ている。

沢井駅から徒歩5分ほど下った多摩川沿いに「ままごとや」という御食事処があって、その辺りの河の流れがなんとも私好みで、毎年一度はそこへ行って川の水に浸からないと無事に夏を越せる気がしない。

P8200067_2 今年、特にどこへも行楽に行く予定はなし、ただひたすら沢井にだけは行っておこうと思ってた。

先おとといの夜、崖を降りていったところに川がある夢を見た。

おとといの朝、目が覚めて「行くなら今日しかない!」と思ってさっそくでかけた。


これまでなんだかんだとやりたいこと・やらなければならないことに追われていたのだけど、それらの片がつき、何もすべきことのないぽっかりと空いた1日だった。


電車で片道2時間。
電車の中では『声に出して読む般若心経』という本を読んだ。

この本、先月ハコミ仲間が貸してくれたのだけど全然読む暇もなく放っておいた。
だいたい私が「貸して」って言ったわけでもないのに、勝手に(!)貸してくれた本。


P8200039はぁ~、でも、いのちの洗濯をして自分をリセットしたかった日に、まとまった時間を取ってこの本を読めたことはとてもありがたかった。 読み始めて、胸が熱くなった。


知らず知らずの間に要らないものが自分にいっぱいくっついてるなぁと思った。

もう一度ゼロになりたい。

P8200037沢井に着くと、ままごとやは月曜日なのでお休み! でも、私は経費削減のためお弁当持って来たから問題なし。 お店がお休みな分、人気が少なくてなおよし。

P8200031 川の水に足をつける。
川面をぼ~っと眺めていると、はぁ~~~とため息が出る。

水は偉大だね。


これで、やっといのちの洗濯ができたから、これからまた新たな歩みができるかな。

P8200057 P8200061_2

はじめたばかりのフラワーエッセンス・セッションは課題がいっぱい見つかる(T_T)

また新たな始まりということか・・・

|

2007年8月18日 (土)

フラワーエッセンス・カウンセリング登場

Essenceboxまだまだ全く未熟ではありますが、この度、新たにフラワーエッセンス・カウンセリングを始めましたのでお知らせさせていただきます。

使用するのは「バッチ・フラワーエッセンス」です。

Fecard002 セッションは自己の内面を静かに見つめるカウンセリングに重点をおいております。
じっくりとお話をお伺いして、現在の内面的課題(テーマ)を明らかにし、そのテーマを明確に意識しながらペンジュラム等を使って必要なエッセンスを選んでいきます。

そして、お選びしたエッセンスについてご説明した後、調合したボトルを使って簡単な誘導瞑想によるヒーリングを行います。

10月31日まではお試し価格(1時間8千円のところを5千円)にてセッションさせて頂きますので、ご興味のある方はこの機会にぜひお試しください。クレニオセイクラルも8千円のところを6千円にてご提供させていただきます。
さらにフラワーエッセンスとクレニオのコンビネーションコースは1万5千円のところを1万円にさせていただきます。

Fecerato 詳しくはHPの「フラワーエッセンス」のページ
http://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/flower.html

と「セッション&料金」のページhttp://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/sessioncharge.htmlをご覧ください。

それではみなさまのお越しを心よりお待ちしております。

☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*

エサレン・ボディワーク・サロンKai~海~
 東京都江戸川区中央(江戸川文化センター近く)
 [最寄駅はJR新小岩(葛飾区)]
http://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/

☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*

|

2007年8月16日 (木)

結果として・・・

またしてもダンナの話題。

事故から1週間後の日曜の早朝、ダンナは駅前に自転車を停めて、撤去された。

去年から駅前の放置自転車は日曜・祭日も容赦なく撤去されるようになった。

そしてそのことは歩道のあちこちに「日曜・祭日も撤去します」と注意書きしてある。

それにもかかわらず駅前に自転車を停めるダンナのうかつさに私はあきれるばかり。。。


しかし、それをきっかけにダンナは

「被害者の方が回復されるまで自転車に乗るのを止めることにした」

と言い出した。


自転車がないので仕方なく歩いてみたら、これが意外といいのだという。

思えば、自転車に乗っているときに罪悪感のフラッシュ・バックが襲っていたのだそうだ。

相手の方は今頃病院のベッドで寝ているのに、自分だけのーのーと自転車に乗っている、と。。。


ひょうたんからこま。。。


「歩くっていいね」とダンナは言う。


「何をいまごろ・・・」と思う私だけれど・・・


この炎天下、てくてくと歩きながら世界の新しい様相を楽しんでいるのだろう。


とは言っても、我が家からダンナの仕事場まで歩いても約5分。

今まではその距離を歩く余裕もなく、いつも自転車ですっ飛ばしてたのだ。


事故のあった日から真面目に飲んでるフラワーエッセンスが今日で終わった。

☆インパチェンス。

せっかっちな人がもっと待つことを学び、ゆっくりとしっかりと人生にひたることを促してくれるエッセンス。

心の変化を起こすために自転車撤去という形で外的事象に変化が起こった?

なんか面白い。


パイン。

過度に自分を責めることを止めて自分を許せるように。


結果として、効いているなぁ、と思う。


今日から少し処方を変えてみた。

どうなるか楽しみ。

|

2007年8月15日 (水)

Dance Workshop "ファイブリズムズ"

今日は、私のフラメンコ&スピリチュアル・ワールドの盟友Manaちゃんがコーディネイトするダンスワークショップのお知らせです。

フリームーブメント&ダンスの「ファイブリズムズ」は"踊る瞑想"とも呼ばれ、私のエサレン・ボディワークの師シャー・ピアスも、ファイブリズムズ創始者のガブリエル・ロスから直接5年間もこのダンスワークを習ったそうです。

ご興味のある人はぜひ参加してみてください。

私も10/25の目黒でのワークショップには行ってみようと思ってます。

:*☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.
 フリームーブメント&ダンスメディテーションメソッド
            5 Rhythms 
          
~ファイブリズムズ~
=私たちが身体を動かすのは こころを静めるためです=
        ー創始者 ガブリエル ロスー

       公認インストラクター@フィンドホーン
    デボラ・ジェイーレヴィンがこの秋日本上陸!!

。.:*☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.
ファイブリズムはNYのアーティスト、ガブリエル・ロスによって
創られた、フリ-ムーブメント&ダンスメディテーションメソッド。
身体を通して心と魂の奥深い領域に働きかけ、気づきを深め
るための動く瞑想といえます。

クォリティーの違う、5つのリズムを通して、身体のあらゆる
部分を緩め、動かしながらいつもより更に深い「自分」の中へ
旅をします。時には奥深くにしまいこんだ感情や記憶を発見
し、時には全く知らない新たな「自分」を見つけたり。最後は、
必ず自分自身の最も静かな場所へ到達します。
身体を解き放ち、心の扉を開いていきましょう~
すべての事が可能になります!

講師: Deborah  Jay-Lewin(デボラ・ジェイ- レヴィン)
1994年に5リズムの創始者ガブリエル・ロスよりティーチャー
の認定を受ける。デボラは家族と共にスコットランドの共同体、
フィンドホーンに在住。世界各地から訪れる人々に5リズムを
伝えている。フィンドホーンの精神性をバックグラウンドに持ち、
より深い自己発見と変容を導いている。今回が初の日本上陸。
****セッションでは通訳が付きます*****
       *ワークショップ日程*
@大阪
日時:   2007年10月23日(火)
     昼の部13:30~16:00 / 夜の部18:30~21:00
場所:   新大阪ココプラザ5Fダンス練習室
     http://www.kokoplaza.net
       大阪市東淀川東中島1-13-13 Tel:06-6370-5421
料金: 前売4000円 当日4500円
   (昼・夜両方参加の場合は1000円引き)
要予約:  申込・問合 松岡香江 
        * 9/30~10/2は不在になりますことご了承下さい
@東京
日時:   2007年10月25日(木) 19:00~21:30 (開場18:30)
場所:   中目黒GTプラザホール
            目黒区上目黒2-1-3 Tel:03-6412-5277
http://www.persimmon.or.jp/access/index.html#n2
料金:前売4000円 当日4500円
要予約:  申込・問合 広瀬麻奈

@湘南・江ノ島
日時: 2007年10月26日(金) 19:00~21:30(開場18:30)
    2007年10月27日(土)   9:00~28日(日) 17:00頃
   (1泊2日のワークショップです。)
場所:KKR江ノ島ニュー向洋・ダンスホール
   神奈川県藤沢市片瀬海岸1-7-23 Tel:0466-23-7710
    http://www.kkrenosima.com/
料金:  26日と27日~28日イブニング      30000円
     27日~28日のワークショップのみ    28000円
          26日のイブニングのみセッションのみ   4000円
*宿泊は別料金です。KKR江ノ島ニュー向洋でも26日・27日
両日の宿泊がご用意できます。近隣にも宿泊施設はあります。
2~5人部屋一泊二食付き9500円(トイレ別・大浴場利用) 
要予約:  申込・問合 広瀬麻奈

*~*~*~*~*~*~*~

ネット上に個人のメルアド&電話番号を公開するのはちょっと問題ありなので、お申込み・お問い合わせはまずはこちらにお送りください。↓転送させて頂きます。http://my.formman.com/form/pc/xbXeRIY9LxoKyQm6/

どうぞよろしくお願いします☆彡

|

2007年8月13日 (月)

事故~その後~

先日ダンナの自転車事故のことを書きましたが、後でダンナから顰蹙を買いました(^_^;)

で、今回は書く前に一応本人から了承を得て書いてます。


事故から1週間経って、私も一緒に被害者の女性が入院されてる病院へお見舞いに行ってきました。

ギプスを巻いた腕は想像以上に痛々しくて驚きました。


でも、それ以上に驚いたのは、被害者の方がすごく、大変、素敵な方だったことです。



病室に入ってひと目見て、魅了されてしまいました。


私よりは10歳以上は年配だと思いますが、その瞳にはとても知性が感じられ、存在全体からはなんともいえず品の良さが漂っていました。

私は素敵な方にお会いできたなぁと、加害者の家族であることを忘れて感激さえしてしまいました。

ハコミ用語の「スピリチュアル・ナリッシュメント(精神的滋養)」を、お会いした瞬間にたくさんたくさん頂いてしまった感じです。


そして、その方は、ご自分の状況がこんなに大変なのに、ダンナを責めるどころか、しきりに心配してくれるのです(ToT)


その言葉は表面的なものではないことも伝わってきます。


今回はダンナが「一緒にお見舞いに行ってほしい」ということで同行したのだけれど、ダンナとしては、私を被害者の方に会わせたかったのだそうです。

どんなにいい人かわかってほしくて。


本当に、想像以上に、素敵な方でした。


で、だからこそ、ダンナの胸は痛むのだそうです。


こんなにいい人を傷つけてしまった、と・・・



でも、私は不謹慎にも、なんとなく、あの方は自分の身を削って愛を届けてくれる女神様?のような気がしてしまいます。


人の在り様について、自分の存在を通してとても大切なものを教えていただきました。



とにかく今は、少しでも早く回復されることを祈るばかりです。

|

2007年8月 8日 (水)

”バリ舞踊とボディワーク”ワークショップ@岡山

Balibig 6月に知り合ったバリ舞踊家のYUKIEさんと「今度ふたりで一緒にワークショップとかできたらいいね」と話していたら、早くも第一弾が実現することになりました。

昨年フィンドホーンで知り合った岡山在住のMahoさんが「岡山へおいでんせぇ~!」と言ってくれて、この度、私の人生初のワークショップを人生初の岡山入りして行うことに!!!

岡山や近畿地方の方でご都合のつく方はぜひご参加くださ~い!
よろしくお願いしますm(__)m

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

"バリ舞踊とボディワーク"のワークショップ@岡山

  2007年9月14日(金)~15日(土) 於:長泉寺

人のからだは、無限の可能性を秘めています。

肩甲骨には昔、天使のような翼が生えていたかも知れませんし
尾てい骨には尻尾があって、恐竜のように背後の気配を
感じていたかも知れません
バリ舞踊は、仙骨を開放、肩甲骨を自在に動かすことによって、
からだの芯を目覚めさせます。

♪♪♪♪♪・・・・・・・♪♪♪

でも、そんなにむつかしく考えないでくださいね。
日常の暮らしの中では意識することの少ない、自分の身体の
裏側を感じたとき、わたしってこんなに自由で幸せなんだって、
実感・体感でき、ささやかな日常が輝きはじめます。

ちょっとしたからだの気づきの時間を、ご一緒しましょう。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

日時 : 9月14日 (金) 19:00~21:00 
               幸恵さんによるバリ舞踊の奉納 & バリ舞踊レッスン
     9月15日 (土) 10:00~12:00 心と体を緩めるボディワーク (品田)
              13:30~15:30 バリ舞踊レッスン

場所 : 長泉寺 岡山市南方 3-10-40 駐車可能
岡電バス「三野行き」「妙善寺行き」長泉寺バス停下車

http://www.kukai.org/chosenji/index.htm

参加費 : 10,000円 単発の場合は1レッスン 4,000円

持ち物 :
バリ、ジャワなどの更紗(バティック)、ハワイのパレオなど腰布をお持ちの方は
ご持参ください。なくても大丈夫です。動脈を締めないよう、スパッツやジャージ
とTシャツの着替え、寝転ぶためのバスタオルをお持ちください。足は裸足です。

その他 :
15日(土)の お昼にお弁当を準備します。ご希望の方はお知らせください。
また、全ワークショップ終了後、短い時間ですが茶話会を予定しています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

講師紹介:

廣田 幸恵 ( ひろた ゆきえ )
1983年 バリ舞踊をはじめる。1985年 渡バリ。
現地にて踊りのレッスンを受ける。
1988~1990年 1993~2001年 バリ島プリアタン村に滞在。古典舞踊を学びながら、 現地の舞踊団とともにヒンズー寺院の祭礼で踊る。また、ヒンズーの瞑想法、儀式などに ついて複数のグルから学ぶ。一方、踊りに必要な身体の調整法、操体法、温熱療法、 アーユルベーダなどを修め、レッスンに取りいれている。
2001年 帰国。
現在は東京を拠点にバリ舞踊グループ “ティアラ・シャンティ”を主宰。
http://www.h6.dion.ne.jp/~lamanamu/
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=6924361
ワークショップのほか、神社仏閣などで踊りを奉納している。主な奉納 : 天河神社、高野山、 出雲稲田神社、竹生島、総持寺など。
著書 : マナ・スカラ・ニスカラ~桃色の虹と闇 ( 2003年 澪標刊 ) バリ滞在のこと、 心象風景を綴った初エッセイ集

品田 小百合 ( しなだ さゆり )
エサレン®ボディワーク・プラクティショナー、フラワーエッセンス・セラピスト
製薬会社に約16年勤務。その間に、本当の健康とは体ばかりでなく心や霊性、人間同士の関係性、 環境との調和によってもたらされることに気づき、会社を退職してホリスティック( 統合的 )な生き方を探す決心をする。
2007年、心理学・ボディワーク・アート・スピリチュアル等の自由な研究で世界的に有名な 米国エサレン研究所で生まれたエサレン®ボディワークの認定プラクティショナーとなる。 からだを感じることで自分自身の「今ここ」にくつろぎ、自己の奥深くに眠る叡智に触れることを願って、 Esalen® Bodywork Salon Kai~海~ を主宰。
http://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/
クレニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)や身体指向心理療法のハコミ・セラピー等を勉強中。 趣味はフラメンコと気功・太極拳、体に根ざした霊性を探求すること。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

主催:辻 真帆(岡山県岡山市)
ご協力:Pieni 小さな学校とカフェ 岡山市出石町1-8-1 1F
http://felicite.exblog.jp/

|

2007年8月 6日 (月)

ケーススタディ

バッチ・フラワーエッセンス試験の合格通知は早くも昨日届いた。
事務手続き要請の文章が多くて、なんだか「めでたさ」に欠ける通知だなぁと思いつつ・・・

いざ、これで仕事を始めるとなると、またいつものように自分の中で迷いが生じる。

なんといっても経験不足、エッセンスの効果だって私にはそんなに明確にわからない。
講座中、毎回自分のためのエッセンスを選んで飲んだけれど正直言ってそんなに変化を感じられないのです。

私はこういってはなんですが普段からあまり感情の揺れがないので、自分自身にそんなに緊急の必要性を感じないわけで・・・

*~*~*~*~

そしたら、神様は私にケーススタディの機会を与えてくれたよ。。。

それはあまりありがたくないことなのだけど・・・(~_~;)

*~*~*~*~

一昨日の夕方、マイダーリンが自転車で重大な接触事故を起こし、相手の方は転んですごい怪我をしてしまったらしい。
そばにいた被害者の家族にものごい剣幕でどなられ、救急車を呼ぶなり病院に連れていくなり、ダンナは最善のことをしてあげたかったのだけど、「邪魔だから帰れ!」と罵倒され、心臓も止まらんばかりの動揺ぶりで家に帰ってきた。

マイダーリン、普段から思いっきり粗忽者、こんな事故を起こしても仕方がないと思われる無謀運転手。
でも、外見はクマさんみたいなわりに、実はものすごい蚤の心臓なんです。

あまりの動揺ぶりに、私はすかさずバッチの緊急時用エッセンスを彼に飲ませました。
そして背中に手を当てつつ、事情を聞き、とにかく落ち着きを取り戻すように、私は側で静かにしてました。

相手の怪我の程度がわからないので、考えが思いっきり最悪の事態へと妄想膨らんでいく。。。

話を聞きながら、緊急時用エッセンスの他に「パイン」と「インパチェンス」を加えた調合ボトルを作りました。

パインは必要以上に自分を責めてしまう人のためのエッセンス。

インパチェンスはせっかちな人がもっと「待つ」ことを学べるように、または急いている心に落ち着きを取り戻すために。


ダンナは、スピリチュアルな話とか嫌いな割りには、実は私よりもずっと直感が鋭い。

エッセンスを飲んだら、すぐに「効いてきた」という。。。


最初はまともに呼吸もできないような状態だったけれど、だんだんお腹で深く呼吸するようになってきた。

そして、事態を少し冷静に捉えられるようになり、しかも、今回の事故を超えて、最近の自分の心の在り様にまで意識を向けるようになってきた。

最近の自分のガチャガチャしていた感じをを外側から眺め、「これじゃあいかんなあ」と反省しきり。


こうやって目の前でフラワーエッセンスの効果を確かめられると少しずつ仕事としてもいいかなぁと思えてくる。

*~*~*~*~*~

それにしても、困っている人を前にして、39本のレメディーの入った木箱を眺め、必要なレメディーを選び、調合していると、「なんだかプロっぽい」気分になってくる。

私ってとっても単純(^^♪

*~*~*~*~*~

思えば、私のセラピーの動機はいつもマイダーリンにある。

そもそも私がセラピストになりたいと思った直接の動機は数年前のダンナのうつ病だ。

そして、フラワーエッセンスはそのうち勉強しようと思ってはいたけれど、勉強開始の時機を早めたのもダンナがきっかけ。

昨年9月、ダンナの親しい友人が自殺し、その直後に仕事のことでも大きな難問を抱えてしまい、数年前のうつの時以来のアブナイ精神状態となった。

そのとき、なぜか「こんなときはレスキュー・レメディ!」と思いつき、急遽ネット通販で取り寄せてダンナに飲ませた。

そうしたら、飲んだ途端にダンナは「あ、効いた」という。

それで、もっとちゃんと勉強しようと思い、先ずは基本の「バッチ」から、と思って受講開始したというわけだ。


それに、レイキもそう。

パニックに陥っている人を目の前にして、「エサレンやってあげるから、さあ服脱いで」ってやっているわけにはいかない。

こんなときにできることはただ黙って相手の背中に手を当ててじっと見守ることしかない、と思ってレイキを習った。

いつもいつも私に動機を与えてくれてありがとう、マイダーリン☆彡

*~*~*~*~*~

それにしても被害者の方の怪我は想像以上に重く、左手3箇所骨折、しかも1箇所は複雑骨折とのこと。。。

これから、いろいろ大変です、やれやれ(-"-)


こんなとき、被害者の方にフラワーエッセンスやレイキをしてあげたいけれど、全く一般の方にそんなことを勧めたら、「気持ち悪いから止めてくれ!」って言われるのがオチだろうなぁと思い、自分のやっていることの限界も感じるのだった。。。

|

2007年8月 4日 (土)

フラワーエッセンス試験終了

バッチ博士のフラワーエッセンスプロ養成講座、最後の課題であるセラピスト認定試験がやっと終わった。

講座が終わってすぐに受けるつもりだったのに、7月中はなんだかバタバタしてしまい、結局1ヶ月以上経ってからの受験となった。

さぞかし勉強&練習時間があった、はずなのに、「勉強」というものからは逃げまくるわたし・・・

最後の最後まで、逃げながら、結局いつも一夜漬け、学生時代から変わらぬこのパターン。


試験はなんとかなるだろうと甘い考えのまま臨んだが、クライアント役をお願いしたのが先輩のセラピストさんだったので、彼女のクライアント役は真剣そのものだった。

いや実は、「これはモデル・セッションだし、お友達だし、わたしの都合のいいように適当にお相手してくれるだろう」なんて気持ちが漠然とあったので、セッション始まってすぐに意を正す羽目になった。

まあでも、カウンセリングのトレーニングはゲシュタルトでもハコミでもやっているので、この辺は割りとナチュラルにクリア。


いよいよエッセンスを選ぶ段階に入り、一瞬、とんでもないポカをやりそうになった。

基本中の基本である、自分とクライアントさんの浄化とペンジュラムのプログラム解除をしないまま、先へ進もうとしている自分に気がついたのだ!!!

一瞬のことだったので、大勢に影響はないのだけれど、こんな当たり前で大切なことを忘れてしまう自分がいることに気がついた途端、自分で自分のことが信じられなくなってしまい、しばらくは頭の中はパニックに陥っていた。。。

この先、どんなポカをやらかすかわからないと思ったら、心が今ここから離れ、漠然とした未来に浮遊している・・・

動揺のあまり、ペンジュラム持つ手が震えてるし・・・

ああ、わたしってなんて小心者!と呆れながら、なんとかセッション終了。。。


結果は天に任せよう。
ダメだったらまた受ければいいし。


そして、試験も終わって、いざ、これを仕事にするゾ~~~と思った瞬間、新たな、そして大きな迷いが自分の中に巻き起こり・・・


新しいことをすると、自分のエッジ(限界)を体験することができる。

これが生きるってことだなぁなどと思うのであった。


さてさて、試験も終わったところで、今夜はド~~~ンと江戸川花火大会。

わたしはいつも会場から少し離れた新中川のほとりで静かに花火を鑑賞するのです。。。

*~*~*~*~*~

2日後、無事合格通知が届きました。

事務手続き要請の文章ばっかりで、なんとなく「めでたさ」に欠けるなぁと思いました(^_^;)

|

新しいお友達ができた。
(相手は私のことを友達と思ってるかどうかはわからないけど)

私よりだいぶ若い人で、見かけによらず毒のある人らしく、自分の中でしばらく見ることのなかった「毒」の感覚を思い出した。

スピなお友達やセラピストのお友達が多くなると、だんだん自分の毒について表現できなくなっている自分を感じていた。

そして、自分がだんだん平坦な存在になってきてるんじゃないかと薄々思っていた。

彼女の日記を読んでみると、なんだかドキドキする感じがある。

ちょっと「青春のとき」を思い出すような感覚もあり・・・

そして、「ああ、なんかいいなぁ、この感じ!」と思う。

やっぱりさ、世界の暗闇を味わうことって大切だと思う。


それに、何と言っても彼女の感性はとっても知的で芸術的だと思うわけ。

そして「自分」を生きている。

だてに『デミアン』が好きなわけじゃないよね。

私も自分の感性をもっと磨かなきゃな~と、深く思ったのだった。

(早くも彼女に感化された文面になっている今日のわたしデス)

|

2007年8月 3日 (金)

ハコミとクレニオ

先週末はハコミ・セラピーのトレーニング第4回目。

私はなかなかハコミ・ワールドの住人になれなくてちょっと苦労している。

ハコミに来る人はなんたってハコミを愛している。
ハコミは辛い日常生活からちょっと離れたところにあるオアシスなのだ。
私は例によって、ちょっと冷めた目でそこにいるのでなんとな~くみんなと一体になれなくて困る。

でも、さすがにそろそろ慣れてきた。

自分のスタンスでいればいいやと・・・

それでも、妙に自分がハコミ的になってきた部分がある。

それは、トレーニング中に居眠りをしてしまうことだ (^o^;)

ハコミでは、「頑張らない」ことが奨励されるので、トレーニング中でも多くの人が床にマグロのように寝ころがっている。

会場が畳の部屋なので寝ようと思ったらとっても寝やすい。
でも、せっかく高いお金払ってここに来ているのだから、寝ちゃうなんて信じられない!と思っていたのは少し前までのわたし。

今回は3日間ともしっかりお昼寝をしてしまった。。。

しかも、3人グループに分かれてロールプレイでセラピーをしているときに。
(と言っても自分がオブザーバーのときだけど・・・。さすがにセラピストやクライアントのときには寝ないよね・・・)

ゲシュタルトをやっていた頃からは考えられない。
参加者もその「場」を形成する重要なエネルギーだから、やっぱりそこはクライアントさんをしっかり見守らなければ。

でも、ハコミは本当に瞑想的で静かなワークなので、ワークが深まるとクライアントの声も聞こえづらくなり、だんだん、気が遠のいていくのだった。

それで、もう「体の欲求=無意識の欲求」に従えばいいやと思い、爆睡。
これは見方を変えれば、人前で、批判されることを恐れずにゆっくりくつろげたということで、新たな自分の発見をしたということになるだろう(自分に甘い?)

それでも、最終日のロールプレイはとても面白かった。

私がセラピスト役のときのお相手(=クライアント)は、話を始める前から既にインナー・チャイルドが現れていた。

話し始めるとアッという間にインナー・チャイルド・ワークに突入し、途中トレーナーの援助を得ながらだったけれど、可愛いチャイルドと今ここを共有していくのはとても楽しく、愛に溢れる時間だった。

インナー・チャイルド・ワークはまだテクニックとしては教わってないのだけど、見よう見まねでクライアントについていく。

クライアントは幼い頃の傷ついた体験を語ってくれるのだけど、なんとも愛おしくて、すぐに貰い泣きしてしまう。

私は最近自分の内面をワークする必要性を全然感じてなくて、チャイルドもあまり外には出てこないのだけど、他人様のチャイルドに同調することで自分の子供心が耕されていく。

なんとなく演劇にも似て、心の体操になる。

やっぱり、セラピストはクライアントからたくさんのものを頂けるなぁと思う。

翌日、クレニオ・セイクラル(頭蓋仙骨療法)のセッションを始めたとき、妙に自信のある自分に気づく。

クレニオの練習をしたわけではないのに、なんだかたくさんの経験を積んだような気がするのだ。

「今ここについてく」という意味では大きな経験をした。

たぶん、それでいいんだろうなぁ・・・

                    from Esalen(R) Bodywork Salon Kai~海~

|

2007年8月 2日 (木)

「癒しのスピリチュアルライフ」

001 みなさん、「癒しのスピリチュアルライフ」って本、ご存知ですか?

A5版で厚さが3.6cmもあって、雑誌みたいだけど雑誌ではなく、書き下ろし漫画が集まったものです。

サブタイトルには「体験まんがですっきり理解!精神世界のヒミツ!」なんて書いてあります。

最近漫画など全く読まない私ですが、今日は本屋さんまでひとっ走りしてこれを買ってきました。

というのは、最近、この本を読んでクレニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)のことを知って、興味が湧いてネットで調べて私のサロンを見つけ、セッションに来て下さったという方が二人もいらしたからです。

ブログを書いていると、アクセス解析を見ればどんな検索ワードで私のページを読みにきたかを知ることができます。

最近チェックしていると、エサレンよりもクレニオの方が興味を引いているようでした。

エサレンの認知度の低さにちょっとガッカリするような、でも大好きなクレニオが興味の対象になっていることにはとても嬉しいような複雑な心境です。

ちょっと前までに比べて急にクレニオの認知度が上がっているなぁと思っていたのだけど、こんな理由があったのですねぇ・・・

この本の中で漫画家の「野中のばら」さんが「前世が見られる!?クレニオセイクラル!」というタイトルでご自分のセッション体験を書かれています。

それはずいぶん興味本位なタイトルだなぁ~と思うのだけど・・・

でも、野中のばらさんが体験されていることは普通のクレニオのセッションでごく普通に起こりそうなものでした。

クレニオはもともとオステオパシーの一種だし、体の治療が本来の目的だったけれど、このご時勢でスピリチュアルな興味の人に広まっているというのはなんだか興味深い。

クレニオは本当にものすごく深いリラクゼーション効果があるので、ときに前世を見ちゃったりしても不思議はないでしょうが、私は全くそういう目的でセッションはしてません。

もともと感受性のものすごく強い人なんかは勝手にいろんなビジョンを見たりしてるようですが、私には全く関係ありませ~ん、って感じです。

私のクレニオを受けてくれたバリ舞踊家のYUKIEさん(最近たびたびブログに登場しますが)なんかは本当に感受性の鋭い方なので、セッション中にいろんなビジョンをご覧になったようでした。そのお陰か(?)、会ってその場でとっても仲良しになってしまいました。

彼女のブログにそのことが書かれているのでご興味のある方はどうぞ↓

http://blogs.yahoo.co.jp/tiarachanti/50239334.html

http://blogs.yahoo.co.jp/tiarachanti/50285812.html

前世なら、心理療法のハコミセラピーでも見ちゃう人はたまにいます。

私が参加したある回で、私のグループでクライアント役をやってた人がどうも過去生みたいなイメージが浮かんできて、プロのセラピストも困ってしまって、そのときのトレーナーだったドナ・マーチンに「どうも過去生が出てきちゃったみたいなんですけど、どうしたらいいですか?」と尋ねたことがあった。

ドナはシレっと、「今ココに連れ戻してあげて」とおっしゃった。。。

それにしても、時代はどんどん「スピリチュアル」というものがお手軽になってきてるんですねぇ~。

みなさんもご興味があったらこの本、読んでみては?

ご近所の方には貸し出しますよ。

何しろ私はもうすぐフラワーエッセンスの認定試験を受けなきゃならないのでこんなものを読んでいる暇はないのだ・・・(^_^;)

しかも、こんなブログを書いている場合でもないのだけど・・・(*^。^*)

                    from Esalen(R) Bodywork Salon Kai~海~

|

2007年8月 1日 (水)

ブログお引越し、そして新たな始まりのとき・・・

'07年8月1日よりブログをこちらにお引越ししました。

'07年7月末までのバック・ナンバーはこちら↓からご覧いただけます。
http://blogs.dion.ne.jp/istanbulnoneco/

以前のブログをお気に入りやブック・マークに登録して下さっていた方は、お手数ですが登録し直しておいて下さい。

*~*~*~*~*~*~*~*~

さて、いよいよ8月、やっと梅雨も明けて、蝉時雨と花火の季節がやってきました。

それと同時にエサレン・ボディワーク・サロンKai~海~もこれからまた新たな展開を迎えるときがやってきました。

お陰様をもちまして、7月31日でオープニング・キャンペーンが無事終了致しました。

その間にサロンへお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

これからはいよいよ正価でのご提供となりますが、今後ともご愛顧頂けましたらたいへん有り難く思います。

とは申しましても、これからもお得なサービスはいくつかございますので、どうかご利用下さいませ。

  1. クレニオセイクラル・ワーク60分は2007年10月31日まで8,000円のところを6,000円でセッションさせて頂きます。
  2. 1万円以上のセッションの場合、2007年10月31日までは引き続きタクシー代キャッシュ・バックをさせて頂きます。(往復基本料金=1,320円)
  3. 3ヶ月以内のリピーターさんのは1,000円引きにさせて頂きます。
    (レイキおよびキャンペーン中のコースを除きます)

    ※2.と3.のサービスは併用できます。

それから、なるべくお気軽にご利用頂けるようにと、エサレンの90分コースと60分コースの他に75分コースというのをご用意してみました。(エサレン研究所でのエサレン・マッサージのセッションは全て75分です。)

詳しくはHPの「セッション&料金」http://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/sessioncharge.htmlのページをご覧下さい。

それでは、みなさまの夏がとても楽しいものでありますように☆彡

☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*

エサレン・ボディワーク・サロンKai~海~
 東京都江戸川区中央(江戸川文化センター近く)
 [最寄駅はJR新小岩(葛飾区)]
http://www.d2.dion.ne.jp/~shina_s/

☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*:☆。.:*

    |

    « 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »