12. 日々のつれづれ

2018年8月15日 (水)

魂は天に、身体は地に

39177612_1899885150090745_441712970
 
今日、愛猫の散骨をしてきました。
 
今日は散骨日和。
 
 
風が適度に強くて、白い粉は風に舞って、魂は天に、身体は地に還りました。
 
いつか私も同じように還ります・・・
 
39266579_1899885200090740_139363320
 
生の中にはいつも死が折りたたまれている。
 
生まれたばかりの人間の赤ちゃんや動物の赤ちゃんを見ても、そこに死の影を見ずにはいられません。
 
生まれた命はいつかは終わります。
 
だけど、生まれも死にもしないものがその奥にあるらしい・・・。
 
37488514_1899885243424069_120395195
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

Healing Space Alma Mater(アルマ・マーテル)
   
東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス療法/

| | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

千葉公園に大賀ハスを見に行ってきました

36225866_1820781061334488_263414059
 
今日はお仕事も入らず天気も良さそうなので、朝から千葉公園の大賀ハスを見に行ってきました。
 
上野不忍の池に比べて1ヶ月以上も早く咲くのですね。
 
蓮のお花見は毎年、暑さとの戦いです(;^_^A
 
蓮って真夏の太陽に向かってまっすぐに大輪の花を咲かせる。
 
なんて力強いんだろう。
 
それなのに花弁は柔らかくて、可愛いピンク色。
 
泥の中に根を張って、天に向かって伸びる様は、まさに霊性の開花を思わせます。
 
36255766_1820781138001147_655604917
 
Img_1316
 
36231125_1820781188001142_378209326
 
 
やんちゃな鴨さんたちも大喜びで遊んでました。
 
36320138_1820781241334470_741157202
 
お空も色んな雲が刻々と姿を変えて動いていて、とてもダイナミックでした。
 
Img_1331
 
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

Healing Space Alma Mater(アルマ・マーテル)
   
東京都江戸川区のクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス療法/
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 

| | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

天からの使い、天に還る

199966
 
皆さまからたくさん可愛がって頂いた愛猫のこまち(ちゃこちゃん)は、2018年5月10日、天に還りました。
 
19歳になったばかりでした。
(捨て猫だったので正確な誕生日は分からないけど、ちょうど19年前のこの季節に我が家にやってきた。)
 
猫の19歳は人間でいうと92歳に当たるらしいから、大往生の部類。
 
人間(生き物)は肉体だけの存在ではなくて、死とは別の次元への誕生なのだと頭では分かっていても、肉体としてのこの世での別れの際はとても胸が苦しくなって涙が流れるのを禁じ得ませんでした。
 
 
4月前半から口の中の違和感で食べ物を全く受け付けなくなって、2~3週間、流動食をシリンジを使って無理やりちゃこちゃんの身体に飲み込ませていました。
 
内臓はそんなに弱ってはいなくて、とにかく口腔内の問題。
 
流動食を与えようとすると激しく抵抗するので一人でやるのは無理で、夫と二人がかりでの作業。
 
これは彼女のためになっているんだろうか?
 
彼女はこれを望んでいるんだろうか?
 
でも、何もしない覚悟はできず、かといって病院に連れて行って無用なストレスを与えながら延命させることには意味を見い出せず・・・。
 
彼女の抵抗する力は段々弱くなって。
 
普段行かない場所、暗くて狭いところを探している。
 
(私は小さい頃から実家でもずっと猫を飼っていたので、猫は具合悪くなると狭くて暗いところに籠りたがるのを知っています。放し飼いの猫ならこのままどこか死に場所を探してそのままいなくなってしまうパターン。)
 
最期の4日間くらいはお風呂場に引きこもってしまった。
 
洗い場の冷たい床の上に横たわっている。
 
洗面器に水をなみなみと溜めてあるのだけど、その水を飲みたそうにじっと見ている。
 
でも、舌を出すこと自体ができないみたい。
 
 
最後の最後、突然お風呂場から出てきて、私たちの寝室に来てくれました。
 
そして一緒にベッドで寝てくれた。
 
(とは言え、吹けば飛ぶようなヘナヘナな状態なので、彼女に十分なスペースを与えるため、夫は別室に寝てくれました。なので、最期の夜は私が彼女を独り占めだった。)
 
 
翌朝、夫が出勤直前に呼吸を確認すると、ゼ~ハ~と辛そうだ、と。
 
夫を送り出して私が様子を見に行くと、すでに息をしていませんでした。
 
すぐにTELで夫を呼び戻し、まだ温かくて、肺呼吸は止まっているけれど他の生命活動はまだ緩やかに動いているのを感じながら、最期のお別れをしました。
 
そして、「あれが最期の呼吸だったんだ・・・」と。
 
「きれいに逝ったな~・・・」
 
 
逝ってしまうと、一時悲しみはワ~っとやってきますが、行きかけの苦しい感じからは解放されて、そこに横たわっている姿には安堵と安らぎを感じます。
 
そして静けさ。
 
 
Photo
 
ちゃこちゃんが我が家に来たのは1999年5月。 
 
前年秋に今の家に引っ越してきて、同時に夫がうつ病になって、暗~い冬を越えた春でした。
 
それまでの半年間、夫は本当に火が消えたように内側に籠り、外の世界への興味を全く失くしていた。
 
そして徐々に回復してきた頃に、江戸川文化センター裏のつり橋のたもとに、ちょこんと座っていたというこの子を拾ってきたのです。
 
うちの夫は捨て猫を拾う趣味というかクセというか性癖があるので、私は「またか!」とあきれました。
 
それまで、夫が捨て猫を拾ってきて、しばらく我が家で面倒を見てから里親探しをしてくれる人に有料で引き渡すということを何度か繰り返してました。
 
 
でもこの時は「やっと意識が外側へ向かうようになったのだ」と思えてうれしかった。
 
以前の家の時は猫は2匹が限界だったけど、今の家は少し広くなったので、ここなら3匹目も行けるかも、と思い、もし飼うなら名前は「こまち」と思った。
 
そしたら、夫もこの子の名前を「こまち」と想像していた。
(当時放映が始まったアニメ「おじゃる丸」に出てくる女の子の名前)
 
そして、二人の想像した名前まで一致したんだったら飼おう、と決めました。
 
201439
 
 
そんなこともあって、こまちは天から私たちのところに遣わされた天使だと思うのです。
 
こまちは夫をうつ病から救い出してくれました。
 
 
そのうち、「こまち」の「ち」だけが残って、後は呼びたいように呼ぶようになり、ちゃこちゃん、ちーちゃん、ちゃーちゃん、ちゃっぴー等と色んな名前を持っています。
 
 
ちゃこちゃんは私たちをたくさん癒してくれました。
 
私の中のインナーチャイルドをたくさん癒してくれました。
 
信頼しきって、無防備で、リラックスして、甘えて、同時に気高くて。
 
 
Alma Mater開業してからはたくさんのお客様も癒してくれました。
 
「ねこちゃんに会いたくて」と言ってセッションを受けに来て下さる方々もいました。 
 
Img_1966  Img_0386_2
 
東京に来てから飼った猫は全部で7匹。
 
最初の4匹は放し飼いで、病気になって突然亡くなってしまったり、行方不明になってしまったりしてとても悔いの残る別れ方をしてきた。
 
はじめて完全室内外をすることにしたときの私たちの願いは「最後までちゃんと看取りたい」でした。
 
今の家に来てから、時間差で3匹の猫を看取りました。
 
みな、大きな病気もせず長生きしてくれた。
 
それぞれが逝き様を見せてくれた。
 
参考になりました(^^;
 
 
人間の死が社会から忌み嫌れて、人の死と向き合う機会が激減してしまった現代では、ペットたちが生き死にの全貌を見せてくれる。
 
ありがたいです。
 
今はなんと28年ぶりに猫のいない生活。
 
空の巣症候群はそれほどでもなく、「猫に煩わされない生活って楽~!」と感じています。
 
1年くらいはこのフリーな時間を楽しみつつ、来年春生まれの子猫でもまた迎え入れるかもね~と思っている今日この頃です(*^_^*)
 
最後に、ちゃこちゃんを可愛がって下さった皆様、本当にありがとうございました♡
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
  
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
 
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/

| | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

2018年、明けましておめでとうございます

201811angel
 
皆さま、新年明けましておめでとうございます🎍

旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
 
今年私をサポートしてくださる天使は「呼応」。
「中にあるものが外のものに呼応して現実に反映されます。
あなたの中を善きもので満たしましょう。」
 
 
日本の神様は「天児屋命あめのこやねのみこと」。
「自分の声に耳を傾けなさい。
自分の話す言葉をよく聞きなさい。
神の分け御霊であるあなたが口にする言葉は霊力を持ち、その響きは深く浸透してあなたの今を作り出しているのです。
言葉の持つ力を決しておろそかにしてはいけません。
ただ自らの内にある輝く光である魂を見つめなさい。
魂の声に耳をすませれば光の道が見えてきます。
私はあなたの声が、天へ届くのを、そして神の声があなたに届くのを助けましょう。」
これらを意識した一年にしたいと思います。
 
Alma Materは1月4日から営業開始します。
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 

| | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

巣立ち

Image1
 
先週末、ご近所の玄関先で山鳩の子供が巣立とうとしているのを発見しました。
 
まだ産毛が残っていて、高い声でピーピー鳴いてました。
 
自分に何が起こったのかわかってない様子で、近くの木の上に巣がありました。
 
そして、そばで母鳥が心配そうに見守ってました。
 
 
私と夫はしばらく見守っていたのだけれど、飛び立つ様子もなかったので、その場を立ち去ってしまったけど、その後もどうしたかな~と気になってました。
 
そして1週間。
 
ふと気づけば、私のところから卒業するクライアントさんが立て続けに現れて、ああ、そういうことか~と、何やら納得。
 
ユングのいうシンクロニシティーみたいなもの?
 
宇宙からのメッセージ?
 
私の見てる世界の景色。。。
 
みな、大空に飛び立ちますように☆彡
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 

| | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

幸福の花が満開になりました

Dorasena20171204
 
先日我が家のドラセナ、幸福の木に花が咲いたと写真を投稿しましたが、あれはまだ蕾でした。
 
あれから少しずつ蕾が縦に伸びてきて、昨夜初めて本当の花が開いたのを見ました。
 
この花、どうやら夕方から夜にかけて開花するようです。
 
昨夜3つ4つ咲いてたのが、今朝はまた蕾のようになってました。
 
そして、先ほど満開になったのを発見しました。
 
強い香りがします。
ジャスミンに似てるような・・・
 
皆様にも幸福が届きますように✨💖
 
そういえば今日は満月、スーパームーンですね(曇りだけど)
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス・オステオパシー/
ヒプノセラピー(催眠療法)/ 心理カウンセリング/フラワーエッセンス/
 
 

| | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

アーシングその2

1週間後の新宿御苑、また違う巨木の下でアーシング!
 
Earthing2
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス

| | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

大地につながるアーシング(earthing)

昨日から、新宿でのカウンセリングの仕事が週2日になった。
 
出勤前にはなるべく新宿御苑に寄って行きたいと思っていて、梅雨入り宣言は出されたもののまだ本格的に雨が降り出さないうちにぜひ一度しておきたかったのが、これ、アーシング(earthing)!
 
名前の通り、自分の身体を電気製品みたいに大地にアースするのです。
 
日頃の生活で溜まったプラス電子を大地に返して、大地からマイナス電子を取り入れる。
 
やり方は簡単。
 
素足で大地に触れること。
 
せっかくやるなら巨木の下がいいと思って、千駄ヶ谷門を入ってすぐのところにあるスズカケの木の下でやりました!!
 
田舎者なので、緑の中にいると本当に幸せです。
 
Suzukake
 
そして木の根元に腰かけていたら、視界に何やらうごめくものが見えて、トカゲかなと思って近づいてみると、なんとミドリガメの赤ちゃんでした!!!
 
Kame0609
 
近くに池があるとはいえ、こんな森の中でカメちゃんに会えるなんて、超感動です!!!!
 
実は3週間前のグルジェフ・エクササイズの後に明治神宮に行ったらタヌキに遭遇した。
(タヌキちゃんは疥癬症みたいで丸裸で可哀そうだったけど・・・( ;∀;)
 
都心でも色んな生き物に会えるんだなぁと、最近感動を新たにしてます。
 
 
新宿でのカウンセリングは心療内科と連携しているのでメンタルな病の方々もいらっしゃるのだけど、何しろ新宿御苑がすぐ目の前なので、カウンセリングの前にまずは大自然につながってほしいけどなぁ~と思います。
 
そのうち新宿御苑で青空カウンセリングをしてみたいなぁなどと妄想しています(*^_^*)
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 

| | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

赦しのレッスン実践編

ACIM(『奇跡のコース 』)に1年近く取り組み続け、ワークブックも残すところ3週間分となり、先週はゲイリー・レナード夫妻のワークショップに参加したりしてるせいか、赦しのレッスン実践編的な出来事が起こってしまった( ;∀;)
 
でも、日頃鍛えているせいで、相手方からのアクションに対して自分自身としてはそれほど強く動揺しているという気はしない。オーラのシールドがかかっているようで相手のエネルギーが自分の領域に入ってくる感じがない。
 
人の言動は、「愛に基づくものか、愛を求める叫びしかない」と理解することは自分を保つためにとても役に立つ。
 
 
でも、後後までその出来事と、言われた内容についてず~~~っと頭の中で考え続けている自分がいて、やっぱり傷ついてはいるな~と思う。
 
この、全然傷ついてない感じと、すごく傷ついてる感じが同居しているのが興味深い。
 
それは、小さな自我は傷ついているけど、大きな自己(スピリット)は傷つきようがなくて、全然へっちゃら、というのを同時に感じてる感じ?
 
小さな自我の傷つきは、相手が原因というよりも、やはり自分の中に元々あった強固なコンプレックスがその出来事がきっかけになって呼び覚まされたということだ。
 
自我が傷つきそうになったとき、それを避けるために相手に反撃したりせず、自我がしぼむままにさせておく。
 
そうすると、自我がしぼんだ後にその奥にずっと存在していた意識そのものに気づける、みたいなことを『ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-』に書いてあった気がするよ。
 
 
あ~あ、可哀そうな私よ・・・
 
やはり、赦すべきは相手ではなくて、自分。
 
もう、ダメダメダメな自分。
 
ダメダメダメな自分でもいいのだ。
 
ダメダメダメな自分をわたしは愛するのだ。
 
 
で、赦すときにどんな言葉を使えばいいかわからないから、そして、何をどう赦せばいいのか、細かいところまではわからない(過去生からの因縁とかあるかもしれないし)ので、とりあえずホ・オポノポノしちゃうのです。
 
ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、愛しています。
 
Sob
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/ヒプノセラピー/
心理カウンセリング/フラワーエッセンス
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 

| | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

映画『PK』 ~神様を探して

久しぶりに映画を観た。
 
とてもマイナーな映画、『PK』。
 
予告を見て、映画のテーマが「神様探し」のようなので、今の私にぴったりと思った。
 
 
最近、私のブログでは「神」という言葉が頻出してる。
 
この言葉はある意味でとても危険で、この言葉を頻繁に使うことである一部の人達からの信用を失うんだろうな~などと危惧している。 
 
この映画、神様の探求にかけては世界一であろうインドで作られたのも興味深い。
 
 
以下、ネタバレバレです。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
PKはどこかの惑星からやってきた宇宙人。
 
地球に調査のために降り立ったけど、その途端に宇宙船を呼ぶためのリモコンを盗まれ、広大なインドで故郷に帰るためのリモコンを探し出さなければならなくなった。
 
そして、この巨大な国で誰に聞いても、そのためには「神様に聞いてみな」と。
 
そこで、地球の常識も言葉も何も知らないPKの神様探しが始まるわけです。
 
 
本当の神様ってだれ?
 
宗教によって色んな決まりがあり、宇宙人は大混乱。
 
そこに若者の恋愛が絡んで、インドらしい歌って踊ってがあって、最後はハッピーエンド。
 
途中、形骸化した宗教・宗派についての風刺はあるものの、最後のクライマックスは個人的な恋愛の成就にフォーカスが置かれてるので、本当の神とは何かという深遠なテーマについては深堀りはされていない。
 
だけど、このお話の基本ライン、人はどこか外の世界からこの世・地球にやってきて、帰り方を忘れて右往左往してる図が、私達人間の実際の姿なんじゃないのかな~と思うのです。
 
そして、地上で右往左往してる姿を宇宙から俯瞰してみると、滑稽に思えることが山ほどある。
 
あまりに深刻に物事を考えてしまってドツボに嵌まってしまった時には、自分の視点を宇宙人に置いてみてみるといいよね。
 
そして、私たちも故郷に帰るためのリモコンを早く発見できるといいな~と思う。
 
 
マイナー映画のため、観たい方は早く観に行ってください。
 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
 
東京都江戸川区のクラニオセイクラル/バイオダイナミクス/
ヒプノセラピー/心理カウンセリング/エサレン・マッサージ

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧